レビュー
» 2011年10月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:マイクロソフト製品ユーザーが統合ストレージを導入すべき5つの理由

SQL Server、Exchange、SharePointなどを効率的かつ低コストで運用するには、仮想化され、運用が自動化され、必要に応じて拡張可能なストレージが不可欠。今、企業が直面している5つの業務課題から、理想的なストレージを考察する(提供:EMCジャパン)。

[PR/ITmedia]

SQL Server、Exchange、SharePointなどのアプリケーションには固有のストレージ要件があり、それぞれが独立したシステムを構成することが多かった。だが、これでは過剰な容量確保やバックアップの運用コスト増などが生じる。

VMwareやHyper-Vに対応したユニファイド・ストレージが、企業を悩ませている業務課題を解決する。低コストかつ段階的に拡張できるHDDとフラッシュドライブの組み合わせで過剰投資の削減と高パフォーマンスを実現。重複排除と圧縮機能でネットワークへの負荷を低減。そしてストレージを統合することでプロビジョニングや日々の運用を大幅に効率化する。当然、これらはディザスタリカバリ体制にも寄与する。

まずは、本ホワイトペーパーで挙げている5つの業務課題について、あらためて検討していただきたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ