ニュース
» 2011年12月01日 14時30分 公開

イシン、スマートフォン導入支援サービス「スマコン」を開始

スマートデバイス導入や活用に関するあらゆる相談に対応する。

[ITmedia]

 イシンは2011年11月、スマートフォンやスマートデバイスを導入している企業、導入を検討している企業を支援するサービス「スマコン(スマートフォン・コンシェルジュサービス)」を開始した。

 スマートフォンやスマートデバイスの普及に伴い、企業への導入事例が増加している。また、ビジュアルに訴える効果や機動性(重量、起動時間など)のある端末導入を望む現場の声から、導入を検討する企業も増えている。

 しかし、導入機器の選定や活用法、セキュリティなどの面で導入をちゅうちょしたり、いざ導入しても活用しきれていない企業もあるという。「1番多いのは情報システム部門への丸投げ。Windows PC専用に構築されたセキュリティポリシーではスマートフォンを網羅できなかったり、アプリケーション購入ルールや費用負担が明確になっていないなど、情報システム部門の範囲外の問題が多い」(イシン代表取締役 大木豊成氏)

 スマコンは、これらの悩みに専任の社員が電話やメール、訪問で対応するサービス(対応時間は、平日9:00〜18:00)。料金は9800円/1カ月(社員数10名以下の場合)から、対応機種はiOS(iPhone,iPad)、Windows Phone、Androidなど不問。導入の課題や社内システムとの連携など、スマートデバイス導入や活用に関するあらゆる相談に対応する。

関連ホワイトペーパー

スマートフォン | iPad | iPhone


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -