ニュース
» 2012年01月10日 11時45分 公開

中堅企業向けERPを活用したクラウドサービス 中本・アンド・アソシエイツ

オラクルのERP製品「JD Edwards EnterpriseOne」を用いたプライベートクラウドサービスを中本・アンド・アソシエイツが提供する。

[ITmedia]

 システム構築サービスの中本・アンド・アソシエイツは1月10日、オラクルの中堅企業向けERP製品「JD Edwards EnterpriseOne」を活用したプライベートクラウドサービスを提供開始した。

 新サービス「グローバルERP&需要予測 クラウド by Nakamoto」では、JD Edwards EnterpriseOneの会計、受発注、購買、販売管理、在庫管理といった基幹業務機能のほか、中本・アンド・アソシエイツが構築した需要予測の仕組みもクラウド形式で提供する。多言語多通貨に加え、日本、中国における法定財務報告書のフォーマットや規制に対応。契約後最短2カ月ですべての業務機能を利用できる。

 同サービスは、KDDIの企業向け広域データネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」が提供する閉域型クラウドサービス「Virtual データセンター」を活用する。

 価格は、初期準備費用が500万円から、月額使用料は138万円(最小5ユーザー)からとなる。

関連キーワード

J.D.Edwards | クラウドサービス | ERP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -