ニュース
» 2012年02月07日 15時25分 UPDATE

日本SGI、モジュラー型ストレージを発売

ディスクドライブを高密度に格納できるモデルと、ファイルサーバとして利用できるモデルの2製品を発売した。

[ITmedia]

 日本SGIは2月7日、モジュラー型ストレージの新製品「SGI Modular InfiniteStorage JBOD」および「SGI Modular InfiniteStorage Server」を発売した。

 新製品は、「ブリック」というHDDを格納するための独自のモジュール構造を採用。1ブリック当たり3.5インチのSASまたはSATAでは9本、2.5インチのSASまたはSSDでは18本を格納できる。急激なデータの増加への対応に迫れられるデータセンターなどで、HDDを効率的に増設できるとしている。

 SGI Modular InfiniteStorage JBODでは、4Uサイズの筐体に9ブリックを格納でき、3.5インチのディスクドライブを最大で81本、2.5インチでは162本を搭載できる。3テラバイトのHDDを使用した場合、1筐体で最大243テラバイト容量を実現する。SGI Modular InfiniteStorage Serverでは、JBODと同じ筐体にプロセッサを実装したサーバモジュールを搭載。ファイルサーバとして利用できる製品となっている。

sgi0207.jpg SGI Modular InfiniteStorageシリーズ

 参考価格は、JBODの162テラバイト構成の場合が1027万円(税別)。出荷開始時期はJBODが3月末、InfiniteStorage Serverが4月末を予定する。

関連キーワード

SGI | ストレージ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -