レビュー
» 2012年02月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:在宅勤務を導入する小規模・多拠点オフィスの課題を解決

なぜ在宅勤務が必要なのか? 本当に節電効果はあるのか? スタッフの勤務管理は? ――こうした疑問や解決策、導入をお薦めする活用ツールの情報をまとめた。

[PR/ITmedia]

 事業継続計画(BCP)や節電対策の一環で、在宅勤務の検討を始めた企業も多いことだろう。そうした企業の中には、導入ツールやセキュリティポリシー策定の問題から、これまで導入を踏みとどまっていたというケースもある。ここにきて本格的な在宅勤務計画を立て始めたが、想定外の課題も浮き彫りになったりと、乗り越える課題は幾つもありそうだ。

 本資料では、在宅勤務を検討する小規模・多拠点オフィスなどに最適な活用ツールの情報や、在宅勤務が注目される背景を社会的視点から論じている。後半では、ブラザーグループがSOHO向けに提供するオールインワンルータ「MIP-3010」の概要や導入イメージを紹介。数社の事例を掲載している。スマートフォン対応も含めて、在宅勤務の導入を検討するSOHOや中堅・中小企業に最適な資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -