ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BCP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
働き方改革とBCP対策を実現するテレワーク、必要なセキュリティ対策を徹底解説
企業と従業員の双方にメリットをもたらす働き方として、多くの企業で取り組みが進むテレワーク。実現に必要なITリソースを紹介するとともに、関連するサイバーリスクとセキュリティの優先事項について解説する。(2020/7/7)

With/Afterコロナ時代に向けて:
PR:困難に打ち勝つ現場力を! 中小製造業の業務プロセス変革に向けた手引き
With/Afterコロナ時代に向け、企業経営や業務プロセスの在り方、働き方そのものの見直しが強く求められている。本稿では、日本のモノづくりを根底から支える中小製造業にフォーカスし、BCP(事業継続計画)の観点を交えながら、“いかなる困難にも打ち勝てる強い現場づくり”のヒントを提示する。(2020/7/6)

テレワークでの「Web会議システム」利用率は約8割 アフターコロナも市場拡大の見通し――矢野経済研究所
矢野経済研究所の調査によると、コロナ対策によるテレワークで最も利用されたオンラインツールは「Web会議システム」で、利用率は約8割に上った。今後もBCP対策需要などが見込まれ、Web会議システムを中心としたテレワーク関連ソリューション市場は拡大の見通しだという。(2020/7/7)

産業動向:
日本橋室町三井タワーがCASBEE-WO認証でSランクを取得、三井不動産
三井不動産が開発した複合施設「日本橋室町三井タワー」が、「CASBEEウェルネスオフィス認証」でSランクを取得した。建物内に設置された健康増進施設や独自のプログラム、BCPに配慮した高効率なエネルギー設備が評価された。(2020/7/7)

2019年の国内ITサービス市場ベンダー売り上げランキング、トップは常連5社が固守 DX領域の需要が好影響――IDC調べ
IDC Japanによると、2019年の国内ITサービス市場は前年比3.2%の安定成長となり、ベンダー売り上げトップ5には例年上位の主要ベンダーが名を連ねた。DX領域の需要が本格化しつつあることが好影響した。2020年以降は、BCP対策やレガシーマイグレーション、地方需要などが鍵になるとみている。(2020/7/2)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
パンデミックの影響でBCP対策はどう変わる? いま必要な復旧対策の考え方
新型コロナウイルスの影響で、多くの組織でテレワークなどの働き方改革が加速している。一方で、このような環境変化を従来のBCPは想定しておらず、見直しを余儀なくされている。増え続ける停止リスクにどう対応すればよいのか。(2020/6/19)

ソーラーシェアリング入門(31):
農村特有の災害リスクやBCPに貢献する――「EV×ソーラーシェアリング」の可能性
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は農村などにおける持続可能なBCP対策として新たにスタートした、ソーラーシェアリングとEV(電気自動車)を組み合わせた実証実験について紹介します。(2020/6/11)

自然エネルギー:
「小型EV×ソーラーシェアリング」を実証、農村部の再エネ活用とBCP対策に
千葉エコ・エネルギーがソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)と小型のEVモビリティを組み合わせて活用する実証実験を開始。都市近郊農村の低炭素化と農村BCP構築を目的としたプロジェクトだ。(2020/6/9)

パンデミック第2波、自然災害にどう備える?
予算や人員が足りない中堅・中小企業のBCP対策、見直すポイントは
働き方改革への対応とは規模が違う感染症対策の「全社強制テレワーク」。予算や人員が足りない中堅・中小企業が第2波、第3波が来る前にできることはあるだろうか。経験者がまとめた対応7ステップの詳細をチェックしておこう。(2020/6/24)

いまさら聞けない自動車業界用語(1):
コロナ禍で止まった世界中の自動車生産、改めて考えたい「BCP」
このコラムでは、自動車業界に勤めている人にとっては当たり前だけど、他業界の人からするとさっぱり分からない、自動車業界専門用語を幅広く分かりやすく解説します。用語の意味だけでなく、業界全体の動向を絡めて説明していきたいと思います。記念すべき第1回目は、現在コロナ禍でも非常に重要な役割を果たしている「BCP」です。(2020/6/8)

第24回「震災対策技術展」横浜:
災害時に安否確認と情報共有を可能にする、インフォコムのクラウド型BCP対策
大規模災害の発生時には、従業員の安否確認や業務担当者への緊急連絡が急務となる。同時に企業としての対応をスムーズに社内共有する手だても重要となる。インフォコムは、災害時に、コミュニケーションを滞りなく行えるシステムを開発し、大企業のBCP対策向けに提案している。(2020/6/1)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
変わり始めたBCPの常識、ビジネス機会の損失を最小化するシステム復旧手法とは
ITにおいてレジリエンス(回復力)という単語を耳にする機会が多くなった。ITがビジネスと直結する今、災害でもサイバー攻撃でも早期に復旧できる計画・体制づくりが欠かせない。このレジリエンシー対策にどう取り組めばよいのだろうか。(2020/5/19)

「レジリエンス」が必要な理由【前編】
「レジリエンス」とは何か? なぜ必要か? 事業継続計画(BCP)を補完
ビジネスの継続性を維持するためには「レジリエンス」が重要だ。ベンダー各社が注目する理由とは何か。レジリエンスの市場動向を整理する。(2020/4/23)

Weekly Memo:
経営力を高めよ、コロナ禍で企業に求められる「BCPの先」
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業がテレワークをはじめとして事業継続のための対策に追われている。この話になると、事業継続計画を意味する「BCP」の取り組みが注目されるが、経営者にとって本当に大事なのは「BCPの先」である。(2020/4/20)

メカ設計ニュース:
設計や解析も! NVIDIAが提案する理想のテレワーク環境のあり方とは
NVIDIAは、利用が急増するテレワークを題材としたオンラインセミナー「急務 BCP(事業継続)対策! パンデミックでの緊急出社制限で露呈 すべての業務を継続できるテレワークを実現するには!」を開催し、同社の仮想GPU(vGPU)ソリューションの有効性について説いた。(2020/4/17)

まずは各省庁の関連情報を確認
新型コロナウイルスのパンデミック対策で「BCP」を改善する3つのステップ
新型コロナウイルス感染症や季節性インフルエンザなどのパンデミックに対処する上で、「BCP」が果たす役割は大きい。企業のBCPを十分な状態に整えるにはどうすべきか。(2020/4/6)

「地震が少ない」以外にもさまざまな利点が
「地震が少ない」だけじゃない、沖縄がBCP/DR拠点に最適な理由
東京から遠く離れながらも高速なネットワーク回線で結ばれ、地震が少ない沖縄。BCPのためのバックアップサイトを置くには理想的な条件が整ったこの地にバックアップ体制を敷くにはどうすればよいだろうか。(2020/3/30)

ガートナーが提言、パンデミックに対応するリスク管理体制を築くための10項目
新型コロナウイルス感染症の世界的拡大で企業のBCP(事業継続計画)対策が問われる局面にある今、危機に対応する強力なリスク管理体制を構築するための10のチェックポイントとは?(2020/3/26)

国内DaaS市場は継続的に拡大、2022年度は2倍成長へ 働き方改革やBCP対策が後押し――ITR予測
アイ・ティ・アール(ITR)によると、2018年度の国内DaaS市場は前年度比14.6%増の184億3000万円。働き方改革やテレワークの推進機運で市場は活性化しており、2022年度には2018年度の2倍に達する見込みだという。(2020/3/25)

SOMPOリスクマネジメント グローバル視点でBCP更新必要
SOMPOリスクマネジメント上席コンサルタント・飛鳥馬隆志さんに聞く。(2020/3/18)

業務効率を落とさないためにできることは
「テレワークの効果を実感できない企業」がはまる3つの“落とし穴”とは?
人手不足の解消やBCPの観点から必要性が増すテレワーク。しかし従業員がテレワークでスムーズに働けるようにするためには、注意すべきポイントが幾つかある。それは何か。(2020/3/16)

2019年BUILT年間記事ランキング:
全国で進む再開発に注目が、フルハーネスなど法令動向にも高い関心が集まる
2019年を振り返りますと、同年8月に発生した大雨や同年10月19日に発生した台風19号などの大規模災害が思い出されます。建設業界の方々にとっては、耐震、耐風を踏まえた設計や施工、BCPを考慮した施設管理にについて考えさせられた1年になったのではないでしょうか。そんな中、BUILTで2019年に公開された記事の中から、1年間の閲覧ランキングトップ10を紹介します。(2019/12/30)

SEMICON Japan 2019:
半導体工場を止めるな! 相次ぐ災害に備える「BCP」
「SEMICON Japan 2019」(2019年12月11〜13日、東京ビッグサイト)では今回、初の試みとして、地震や台風といった自然災害などのリスクに対応する「半導体・エレクトロニクス産業のためのBCP(持続継続計画)」エリアを設置。このエリアでは、THKや村田機械などの免振、耐震装置などが紹介されていた。(2019/12/13)

プレミアムコンテンツ:
中小企業の「BCP/DR」 解決すべきはカネの問題だけじゃない
中小企業が大企業と同レベルの事業継続性を実現しようとすれば、当然ながらヒト・モノ・カネの問題にぶつかる。ただし近年はサービスの進化によって、大企業に匹敵する対策も不可能ではなくなっている。(2019/11/29)

バックアップにまつわる課題を一手に解決
バックアップからBCPまでこれで解決、最新クラウドバックアップサービスの実力
クラウドバックアップには、従量課金による転送コストの増加やインターネット回線の障害など考慮すべき課題も多い。ネットワールドのセミナーで、こうしたクラウド特有の課題に対応した最新のバックアップサービスの実力に迫った。(2019/11/14)

ベンダー企業とユーザー企業の相互理解で働き方改革を推進:
SEは残業が多く、テレワークが利用しづらい――「テレワーク・デイズ2019」で見えた課題と解決のヒント
労働人口の不足解消やBCP対策、グローバルイベントでの混雑緩和などから、働き方改革への期待が高まっている。JEITAは「テレワーク・デイズ2019」の結果から、国内企業におけるテレワーク導入の課題と解決案を発表した。(2019/10/30)

プロジェクト:
下水道BCP策定マニュアルに水害への対策を追記、国土交通省
国土交通省は、地震や津波、水害などの災害時に、下水道施設が迅速に復旧できるマニュアルの整備を進めている。(2019/9/12)

豪雨で水没寸前だったサーバをクラウド移行 「獺祭」の旭酒造・桜井社長が語る「テクノロジーとの向き合い方」
日本酒「獺祭」の蔵元である旭酒造は7月から、顧客管理システムを米OracleのIaaSに段階的に移行している。2018年の西日本豪雨で被災し、BCPの重要性を実感したためという。旭酒造の桜井一宏社長に、今後のテクノロジー活用の展望を聞いた。(2019/8/8)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(7):
豪雨や地震に備えた京都大学の全面クラウド化──現実的なBCP/DRに向けたIaaS、PaaS、SaaS活用の先に得られた知見とは
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。京都大学の事例では、IaaSだけではなくPaaSやSaaSも活用した、システム全面クラウド化のポイントをお届けする。(2019/8/1)

「獺祭」の旭酒造、販売管理システムを「Oracle Cloud」に移行 西日本豪雨の教訓でBCP強化
旭酒造が販売管理システム基盤に「Oracle Cloud Infrastructure」を導入。これまで製造・販売に関する全データをオンプレミスで管理していたが、事業継続計画(BCP)の一環でクラウドへの移行を決めた。(2019/7/24)

製造マネジメントニュース:
日立がリスク分析コンサルティングを提供開始、工場の安定稼働を支援
日立製作所は製造業や重要インフラ事業者向けに、事業の継続性を重視したリスク分析に対応するコンサルティングサービス「工場向けサイバーBCPリスクアセスメント」の提供を開始した。(2019/6/21)

産業制御システムのセキュリティ:
日立の工場IoTセキュリティサービスはBCPから、「WannaCry」の経験が生きる
日立製作所は、東京都内で開催した「日立セキュリティフォーラム2019」の展示コーナーで、工場IoTセキュリティに関する提案を行った。(2019/6/12)

BAS:
地震モニタリングシステム開発、無線加速度センサーで導入費用を大幅削減
大成建設は、地震発生直後の各建物の状況を評価した情報を被災履歴などともにクラウド上で管理できるモニタリングシステムを開発した。災害時に事業継続や復旧を図るためのBCP支援ツールとして展開していく。(2019/6/6)

Oracle Database Applianceならではのメリットが満載:
PR:Oracle Databaseのバックアップサイトを沖縄に! 簡単導入&スモールスタートが可能な沖縄クロス・ヘッドの「OCH POWER BCPパッケージfor Oracle Database」
東京から遠く離れながらも高速なネットワーク回線で結ばれ、地震が少ない沖縄県。BCP対策のためのバックアップサイトを置くには理想的な条件が整ったこの地に、「Oracle Database Appliance」を用いたデータベース専用のBCPパッケージが誕生した。沖縄クロス・ヘッドの「OCH POWER BCPパッケージfor Oracle Database」だ。(2019/5/27)

安全は全てに優先する
「リストアできない」と泣きを見ないために、バックアップで失敗しない3つの条件
バックアップで失敗しないためには3つの課題をクリアする必要がある。この課題はどれも等しく重要だ。事業継続計画(BCP)と災害復旧(DR)戦略を向上させる3つの条件について解説する。(2019/5/14)

倉庫の積み荷を制振装置の“おもり”に、鹿島が考案した新発想の制震構法
鹿島建設は、2011年の東日本大震災以降に急増した自動ラック倉庫の事業継続(BCP)ニーズに応える目的で、積荷自体をおもりが揺れることによって建物の振動を抑制する制震装置「TMD(Tuned Mass Damper)」の“おもり”として利用する制震構法「Container Damper System(CDS)」を開発した。(2019/4/11)

事業継続できますか:
2018年の災害では34.2%で「BCPが機能した」、NTTデータ経営研究所が調査
NTTデータ経営研究所は、「東日本大震災発生後の企業の事業継続に係る意識調査」の結果を発表した。「平成30年7月豪雨」と「平成30年北海道胆振東部地震」の2つの災害でBCPが機能したと回答した割合は、東日本大震災と比較して1.7倍に増加した。(2019/3/12)

工場ニュース:
半導体向け流体制御機器や空気圧機器の新工場を宮城県に建設
CKDは、東北工場を宮城県黒川郡大衡村に建設し、竣工式を実施した。コンポーネント製品の生産を拡大し、緊急災害時のBCP対応の強化を図る。(2019/2/14)

5年後も現状維持はありえない
戦略家になりたいIT部門が迫られる、マルチクラウド時代の選択肢
クラウド戦略の策定からシステム運用の効率化、データ活用、セキュリティ確保、BCP対策まで、企業のIT部門が担う役割は増す一方だ。しかし人のリソースは限られている。IT部門に残された選択肢とは。(2019/2/14)

想定の倍以上のコストダウン:
基幹システムを「AWS化」 AGCがインフラコストを4割も削減できた理由
災害に備えたBCPの確保は、多くの日本企業にとって課題だ。そんな中、AWSの導入で可用性を確保し、インフラコストを4割カットしたというAGCは、どうやって従来のオンプレミスから移行を果たしたのか?(2019/1/21)

バックアップの最新事情
BCP対策の理想と現実――8割以上の企業がギャップを感じる“あの機能”
BCPに取り組む企業は多いが、思うような対策が実現できていないケースもある。自然災害などの有事でもビジネスの根幹を担うデータを確実に保護し、事業を継続させるためには何が必要か。(2018/12/26)

小学校11校の蓄電池が「仮想発電所」に、安定供給とBCP対策電力の確保へ――横浜市の仮想発電所事業が東芝ESの運用技術を活用
東芝エネルギーシステムズ(東芝ES)は、複数の蓄電池を1つの“仮想的な発電所”として制御する技術を開発。「バーチャルパワープラント(VPP)運用サービス」として、神奈川県横浜市が推進するVPP構築事業で実運用を開始し、電力の安定供給とBCP対策としての電力確保を支援する。(2018/12/19)

限られた時間と予算を有効に使う
中小企業のBCPで課題となる予算、技術、人材、時間 どう解決する?
事業継続計画(BCP)を立てるときは、中小企業も大企業も同じレベルの回復性と継続性が必要だ。予算や人材が限られる中で、中小企業が事業継続と災害対策(BC/DR)に万全を期すには。(2018/12/11)

被災想定は「もし」から「いつ?」へ
企業の25%がサイバー攻撃される時代、外せないBCPの要素とは
万が一に備えたBCP(事業継続計画)にも、サイバー攻撃への備えが必要になってきている。災害対策とは異なる視点とは。(2018/12/10)

ランサムウェアに感染しても、あなたの会社は事業を継続できますか?:
PR:BCPの観点でサイバー攻撃対策をトータルに支援
サイバー攻撃はもはや情報システム部門だけの問題ではない。事業停止や、サプライチェーンへの被害拡大など、社会に大きな影響を及ぼしかねない経営課題となっている。ネットワークやエンドポイントといった個々の「防御策」にとどまらず、事業継続の観点からインシデント発生後の対応など含めた対策を検討すべき時期に来ている。(2018/11/28)

ガバナンス強化と働き方改革を両立可能?
働き方改革、セキュリティ、BCPの全てを解決? たった一つのシンプルな仕組み
VDIの導入はさまざまなメリットを企業にもたらすが、IT担当者の負担は導入前と比べて変わらない、ということがある。なぜそんなことになるのだろうか。(2018/10/30)

仮想化バックアップ×ストレージで事業継続性を最大化
大規模障害でも2分で復旧、災害時にも事業を止めない“備え”とは
近年さまざまな自然災害が日本を襲い、災害時の事業継続計画を考え直している企業もあるだろう。これからは障害・災害対策だけでなく、いかに早く復旧するかが重要だ。(2018/10/10)

必要なのは機能追加ではない
ハリケーン直撃を受けた「ひとり情シス」、HCIでどう事業継続計画を構築したか
ストレージ環境や本番環境を構築する場合は、災害からの復旧要件や災害の回避要件を設計目標に含めて、事業継続が確実にできるようにしよう。(2018/8/24)

低温物流大手企業は災害に強いシステム基盤をいかに実現したか:
PR:“止まらない食品物流”の実現に向け、ニチレイロジグループがBCP強化でOracle SuperClusterを選んだ理由とは?
食品物流大手のニチレイロジグループは、大規模災害などの発生時にも速やかに物流基幹システムを復旧し、全国を網羅する食品物流網を安定運営していくためのBCP強化の柱として、東西データセンターに設置した2台の「Oracle SuperCluster」によるディザスタリカバリー環境を構築。内閣府が国土強靭化に向けて推進するレジリエンス認証も取得した。(2018/7/17)

サイバー面だけでなく、物理的な脅威も
2018年に心配される事業継続計画(BCP)のリスクトップ10
事業継続と災害復旧に対するリスクは、時代によって変わらないものもあれば、深刻化しているものもある。人々が最も懸念しているリスクとは何だろうか。(2018/6/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。