ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディザスタリカバリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Intelと赤十字のプロジェクト:
地図にない場所をAIで補完、災害対策に生かす
Intelは、衛星画像から地理的特徴を認識して最新の高精度地図を作成することが可能な、AIモデルを開発した。同社は、赤十字との密接な協業によって「Missing Mapsプロジェクト」を進めており、発展途上国地域向けに地図を作成して、災害に対する準備活動の推進を目指している。(2020/1/22)

「エヴァ」作中組織がモチーフの防災アプリ「特務機関NERV」専用災害対策車輌が初公開 三菱自動車、スカパーJSAT、内閣府がバックアップ
かっこいい。(2020/1/11)

電気自動車:
人命を守る「防災情報」を止めないために――「特務機関NERV」の災害対策車が登場
災害時に防災情報の配信を止めないために――。ゲヒルン、三菱自動車、スカパーJSATの3社が、災害時に停電や通信網が途絶した場合でも防災情報を配信できる災害対策車を発表。2020年2月1日から、東京と札幌の2エリアで運用を開始する。(2019/12/27)

北海道江別市が「Arcserve UDP Appliance」を導入、災害対策を視野にシステム選定
北海道江別市はarcserve Japanの「Arcserve UDP Appliance」を導入した。選定の決め手は、サーバリソースとバックアップ機能がセットになったアプライアンスサーバで、ハードウェアに障害が発生した場合でも短時間で復旧できることだったという。(2019/12/27)

私的視察が問題なのではない 森田健作知事に必要なリーダーシップ
千葉県の森田健作知事に対し、批判の声が高まっている。台風15号で県災害対策本部が設置された当日に、公用車で同県芝山町の自宅を訪れたためだ。災害時のトップリーダーとして、このような行動は……。(2019/11/13)

プレミアムコンテンツ:
医療データを「クラウドDR」で災害から守る5つのポイント
医療機関が災害に備えて医療データを保護する上で有効な手段となるのが、災害復旧(DR)にクラウドを活用することだ。クラウドベースのDRを導入する際に考えるべき5つのポイントを紹介する。(2019/11/8)

令和元年度土木研究所講演会:
搭乗時の6割の作業効率しかない建機の遠隔操作に“5G”は何をもたらすか
土木研究所では2016年度から、災害発生時に建設機械を遠隔で操作するロボット技術の研究に取り組んでいる。ロボット技術は、現段階で利用可能なレベルに達し、災害復旧の現場で実際に適用はされているが、人が搭乗して操作するのに比べると劣る効率性や限られた情報だけを頼りにした操縦方法の不安定さなど、改善すべき課題は多い。(2019/10/28)

危険予知:
気象情報から労働災害を予知する新システム、安藤ハザマとライフビジネスウェザー
安藤ハザマとライフビジネスウェザーは、気象情報から起こりうる労働災害を推測し、電子看板やメールで注意喚起情報を配信する危険予知システムを共同開発した。データに裏付けられた客観的な情報から労働災害の発生可能性を予知することで、広く具体的な視点からの労働災害対策が可能となる。(2019/10/25)

第14期 第11回出展技術発表会:
無人化施工の品質劣化を補うカギは「事前検討とオペレータの情報量」にあり
現在、建設現場で採用されている無人化施工は、災害復旧以外の工種でも普及しつつあるものの、機種や台数に限りがあることや有人の機械施工に比べ施工品質が劣るなどの課題がある。技術開発を進める建設無人化施工協会では、解決のカギは作業計画を立案する際に重要となる事前の現場情報量とオペレータへの情報提供にあると見ている。(2019/10/21)

台風19号災害対策特設ページを政府が開設 被災者支援情報をまとめて見られる
避難用物資の運搬やライフラインの状況などが、地域別にまとまっています。(2019/10/17)

ドコモ、au、ソフトバンク 台風19号に先立ち災害対策・支援策を発表
台風19号の接近に備えてすでに準備が進められています。(2019/10/11)

オンプレミスにはないメリットを整理
病院だからこそ「クラウド」を活用すべき7つの根拠
医療業界の間で、これまでは消極的だったクラウド活用の機運が高まりつつある。データ保護やコスト削減、災害対策などの面で、オンプレミスでは得にくいメリットがあるからだ。それは何なのか。(2019/10/7)

データ改ざんや破損の検出に
「ブロックチェーン」を災害復旧(DR)に活用する2つの方法
一般的な用途ではないが、災害復旧(DR)にブロックチェーン技術を生かそうとする動きがある。ブロックチェーンがデータ保護やデータ復旧にどう役立つか解説する(2019/10/1)

ふるさと納税に災害復旧支援の取り組み 台風15号で被災した南房総市の事業者を対象に
返礼品はなく、寄付金が事業者の支援および自治体の災害復興事業に活用されます。(2019/9/19)

システム/データベース停止による損失を最小化するために:
PR:システムを止めない、ビジネスを止めないためのベストプラクティスを探る――「Oracle Private Cloud Infrastructure」がもたらすインパクト
日本オラクルは「第2回 Oracle Private Cloud Infrastructure Users Forum(東京)」を開催。クラウド化に最適なプラットフォーム「Oracle Private Cloud Infrastructure」の最新情報とMAA(Maximum Availability Architecture)、データベース(DB)/アプリケーションの災害対策サイト構築をテーマに、製品の実運用、構成、活用事例を紹介した。(2019/9/9)

災害用公衆電話、設置数が7310台から4万7396台へと増加 NTT東日本が災害対策活動を発表
ミニフィギュア「公衆電話ガチャコレクション」など、子どもに向けた啓発活動も。(2019/9/3)

「クラウドDR」の基礎用語【前編】
「クラウドDR」4大基礎用語 クラウドバックアップやDRaaSとの違いは?
クラウドベースの災害復旧(DR)の計画を立てる予定があるなら、まずは「クラウドDR」の基本を理解する必要がある。知っておくべきクラウドDRの基礎用語をおさらいする。(2019/8/21)

新聞紙とストックバッグだけで作れる「簡易保冷剤」を警視庁災害対策課が紹介 → 実際にやってみた
簡単にできた。熱中症対策にも!(2019/8/16)

「速い、安い、簡単」を実現
「バックアップが終わらない」をなくす、簡単で全部入りのツールはないか?
バックアップ/リカバリーと災害復旧は、企業にとって重要な対策だが、管理や維持コストは最小限に抑えたいところだ。少人数でも簡単に運用でき、物理環境、仮想環境、クラウドで簡単に使えるツールはないだろうか。(2019/8/5)

NEC、杉並区に「スマート街路灯」設置 街を照らしつつ、センサーで川の水位をチェック 災害対応を迅速化
NECが、街路灯に無線通信機や各種センサーを取り付けてIoT化し、区内を流れる河川を観測する実証実験を行うと発表。水位センサーなどが取得したデータを杉並区区役所に転送し、異常時にアラートを送る仕組み。災害対策の迅速化を目指す。(2019/7/24)

Googleさん:
AIを「悪の手先」にしないためにGoogleが取り組んでいること
Googleが「AIの倫理原則」を発表して約1年。医療、自然保護、災害対策などでのAI活用の今を紹介するイベントに行ってきました。伝説のGoogleフェロー、ジェフ・ディーン氏が司会という贅沢。(2019/7/14)

災害時のSNSで情報収集、災害レジリエンスの強化へ――「AI防災協議会」設立 LINE、ウェザーニューズなど
産官学が連携し、AIやSNSなどを活用して防災・減災を目指す「AI防災協議会」を設立。LINE、ウェザーニューズ、ヤフーなどの民間企業も参画する。SNSに投稿される被害情報をAIで収集・活用し、自治体の災害対策や市民の避難行動に役立てるなど、災害対応能力の高い社会の構築を目指す。(2019/6/19)

警視庁の災害対策課が「生ゴミのにおいを抑える方法」を紹介 お酢を使ってにおいを中和
すぐに試せる便利な方法です。(2019/6/2)

バックアップは災害復旧(DR)の要
「クラウドバックアップ」の選定でまず解消すべき“3つの疑問”
クラウドバックアップを軸に災害復旧(DR)を準備したいなら、堅実な計画を立てるべきだ。戦略を考える前に、一般的なバックアップ手法、ツール、レプリケーションに関するよくある疑問を解決しておこう。(2019/5/28)

テラデータ、「Vantage-as-a-service」メニューを拡充 AWS Marketplaceで提供へ
テラデータは、データ分析プラットフォーム「Teradata Vantage」のas-a-serviceメニューを拡充した。AWS Marketplaceでの提供、オンプレミス向けのハイブリッドクラウドソリューション、ディザスタリカバリー環境構築サービスの3つ。(2019/5/23)

BAS:
災害前後でビルの事業継続をICTでサポート、東急建設らが研究会を発足
東急建設、東急リニューアル、イッツ・コミュニケーションズ、東急ファシリティサービスは、ビル管理において、平常時から災害時、その後の復旧までに至る3段階で、災害対策や施設の事業継続を支援するICTサービス開発を目的に「施設安全研究会」を立ち上げた。(2019/5/15)

安全は全てに優先する
「リストアできない」と泣きを見ないために、バックアップで失敗しない3つの条件
バックアップで失敗しないためには3つの課題をクリアする必要がある。この課題はどれも等しく重要だ。事業継続計画(BCP)と災害復旧(DR)戦略を向上させる3つの条件について解説する。(2019/5/14)

増え続けるデータをどう扱えばいいのか
「ディザスタリカバリー(災害復旧)計画」を見直すべき4つの理由
技術面の進化によってディザスタリカバリー(災害復旧、DR)に関する一般的な負荷は軽減されてきたが、財源、セキュリティといった、より戦略的な面では、さらに見直しを図る必要がある。(2019/3/8)

従来手法の機能を補完する
バックアップとスナップショットは万能薬ではない データ喪失の悪夢を避けるには?
従来のバックアップ手法、あるいはスナップショット単独では、現在の企業が抱えるデータ保護と災害復旧(DR)のニーズは満たせない。両者を組み合わせる必要がある。(2019/3/6)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
管理負荷の削減、災害対策などの課題を一掃したサーバ活用術とは?
企業成長に伴うデータ容量の増大や機器の老朽化で、ストレージ環境を抜本的に見直したヘキサドライブ。災害対策による事業基盤強化・管理負荷削減などを実現したストレージサーバ活用術を聞いた。(2019/2/21)

クラウドの活用も有効
ワイヤレスネットワークが災害復旧(DR)計画にもたらすメリットとは?
事業継続(BC)計画と災害復旧(DR)計画では、ITの回復力(レジリエンス)が重要だ。ワイヤレスネットワークの利点がビジネスの継続性にどのように役立つかを探る。(2019/2/19)

苦難を反面教師に
2018年の事件から学ぶ、災害復旧チームの三大共通課題
2018年は、災害復旧(DR)チームにとって良くも悪くも重要な年になった。ランサムウェアの流行、GDPRへのコンプライアンス、クラウドなど、災害復旧に大きな課題が生まれた。(2019/2/8)

ソフトバンク&Y!mobileショップ、災害対応蓄電池や「避難所支援キット」などを配備
ソフトバンクとウィルコム沖縄は、携帯電話サービスの災害対策の一環として全国のソフトバンクショップとY!mobileショップへ災害対応蓄電池を配備。また、全国の事業所などへ充電サービスや無料電話サービスなどを提供するための機器をセットにした「避難所支援キット」なども用意する。(2019/2/1)

目的と場面で使い分ける
仮想マシンとコンテナ 何が違い、どう使い分けるべきか?
コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。(2019/1/22)

避難情報などを多言語で:
緊急時に表示情報を自動変更、デジタルサイネージ
大日本印刷(DNP)は、災害発生時に緊急速報などと連動し、避難情報などを瞬時に表示させることができるデジタルサイネージを開発、神戸市と東京都町田市でそれぞれ実施される災害対策訓練で同システムの実証実験を行う。(2019/1/15)

「RPO6時間前、RTO15分」が両立する理由
いまさら聞けないRPO(目標復旧時点)とRTO(目標復旧時間)の違い
目標復旧時点と目標復旧時間によって、企業は「失っても問題のない」データ量と「ダウンして差し支えない」時間の長さを把握できる。これらはバックアップと災害復旧計画の重要な要素になる。(2019/1/15)

限られた時間と予算を有効に使う
中小企業のBCPで課題となる予算、技術、人材、時間 どう解決する?
事業継続計画(BCP)を立てるときは、中小企業も大企業も同じレベルの回復性と継続性が必要だ。予算や人材が限られる中で、中小企業が事業継続と災害対策(BC/DR)に万全を期すには。(2018/12/11)

被災想定は「もし」から「いつ?」へ
企業の25%がサイバー攻撃される時代、外せないBCPの要素とは
万が一に備えたBCP(事業継続計画)にも、サイバー攻撃への備えが必要になってきている。災害対策とは異なる視点とは。(2018/12/10)

“予備の予備”大ゾーン基地局を初運用――ドコモが災害対策の近況を報告
大雨や台風、地震といった自然災害が相次いだ2018年7〜9月の日本列島。とりわけ9月の台風21号と北海道胆振東部地震は携帯電話ネットワークに大きな被害をもたらした。NTTドコモではどのような状況になったのか。災害対策担当者が今後の対応も含めて説明した。(2018/11/6)

仮想化バックアップ×ストレージで事業継続性を最大化
大規模障害でも2分で復旧、災害時にも事業を止めない“備え”とは
近年さまざまな自然災害が日本を襲い、災害時の事業継続計画を考え直している企業もあるだろう。これからは障害・災害対策だけでなく、いかに早く復旧するかが重要だ。(2018/10/10)

真摯に受け止める――KDDI高橋社長が「4割下げ発言」に言及
KDDIの高橋誠社長が、9月5日の発表会において菅義偉官房長官の「携帯料金を4割下げられる」発言に言及した。指摘を「真摯(しんし)に受け止める」とし、災害対策や5Gインフラ構築に必要な投資とのバランスを図りながら料金面での検討を継続して行うとした。(2018/9/6)

高レベルの冗長性を確保
「災害でクラウドが止まる日」に備えてマルチクラウドを検討すべき理由
災害復旧戦略にマルチクラウドの利用を含めると、導入がやや難しくなる。だが、うまく導入できれば、クラウド計画の信頼性が高まる。(2018/8/31)

DRaaSという選択肢もある
病院がクラウドベースの災害復旧(DR)を計画する時に気を付けるべき5つのポイント
IT部門/医療情報部門は、法令順守や接続性の強化に取り組み、医療データを確実に保護しなければならない。災害復旧(DR)の目的でクラウドを利用する際に考えるべき5つのポイントを紹介する。(2018/8/30)

人工知能:
日本は既にディープラーニングで後進国となりつつある――東大松尾教授
生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品や技術、サービスを一堂に集めた展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018」(2018年7月18〜20日、東京ビッグサイト)の特別講演に東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏が登壇。「AIの発達によりわれわれの生活・産業がどのように変わるのか」をテーマにディープラーニング研究の重要性について紹介した。(2018/8/1)

製品の違いを見分けるために
バックアップアプライアンス、主要ベンダー8社の製品の特徴を徹底比較
主要なバックアップアプライアンスの多くは、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、レプリケーションなど、類似の機能を備えている。主要8社の製品情報をまとめた。(2018/7/31)

モノづくり最前線レポート:
「品質は工程で作り込む」トヨタが描く品質とIoTの幸せな関係
生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品や技術、サービスを一堂に集めた展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018」(2018年7月18〜20日、東京ビッグサイト)の特別講演に日本科学技術連盟理事長でトヨタ自動車技監の佐々木眞一氏が登壇した。(2018/7/26)

サプライチェーンへの影響も懸念:
西日本豪雨による死者109人、安倍首相は欧州・中東訪問取りやめ
西日本を中心にした豪雨による被害は9日、死者が109人、安否不明は約80人となった。安倍晋三首相は11日から予定していた欧州・中東訪問を取りやめ、災害復旧対応に注力する。(2018/7/9)

FAニュース:
刃物のような物体でもつかめる柔軟なロボットハンド開発
東北大学は、とがった物体や柔らかな物体、複雑な形状をした物体などをつかめるロボットハンドを開発した。従来品と比べて、つかめる対象物の範囲が飛躍的に拡大するため、災害復旧現場や工場での作業の効率化が期待できる。(2018/7/3)

サイバー面だけでなく、物理的な脅威も
2018年に心配される事業継続計画(BCP)のリスクトップ10
事業継続と災害復旧に対するリスクは、時代によって変わらないものもあれば、深刻化しているものもある。人々が最も懸念しているリスクとは何だろうか。(2018/6/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(51):
Azure IaaSのリージョン間レプリケーション、一般提供開始
Azure Site Recoveryで、第三の災害復旧オプションである2つのAzureリージョン間でのレプリケーション保護シナリオが正式に利用可能になりました。(2018/6/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。