ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「基地局」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「基地局」に関する情報が集まったページです。

楽天モバイル、3月までに4400局を開設予定 計画を「大幅に上回る」と三木谷氏
楽天は、MWC Barcelona 2020でMNOのプラットフォームに関する発表をする予定だったという。ただしMWC自体が中止になったこともあり、「また機会を見せて発表させていただきたい」と三木谷氏。MNOの基地局開設が順調に進んでいることも同氏はアピールした。(2020/2/13)

アナログ回路設計講座(31):
PR:2Gから5Gまで全方式対応トランシーバICが基地局用レシーバ設計の鍵になる
コンポーネントの最近の進化により、基地局用レシーバの設計で最も難しい部分について、一部の制約が大幅に緩和されました。特に、最新のトランシーバICを使用することで、新たな基地局アーキテクチャが実現されるようになりました。今回は、そうした基地局向けの最新トランシーバICを紹介します。(2020/2/3)

石野純也のMobile Eye:
エリア拡大が進む楽天モバイル 弱点の“屋内エリア”は「楽天Link」でカバー
楽天モバイルが、「無料サポータープログラム」の2次募集を開始。当初の5000人に2万人を追加した。同プログラム開始当初からエリアは徐々に広がり、基地局は2020年1月時点で3020局にまで増えた。有料サービスの開始が4月と発表されたが、現時点ではまだ料金体系が不透明だ。ネットワーク以外のオペレーションにも課題が残る。(2020/1/25)

楽天モバイル、携帯キャリア正式サービスは4月1日開始か 先行無料サービスに2万人追加募集も
楽天モバイルは、「基地局の開設件数が予定を上回る見込み」とし、正式サービスに先行する無料サービスの2万人の追加募集を始めた。4月に始まる正式サービスの具体的な開始日については未定としつつも、4月1日に始める可能性を示唆した。(2020/1/23)

28GHz帯5G電波の透過や反射を制御 ドコモが実証実験に成功
NTTドコはAGC協力のもと、高い透明性を維持しながら電波の反射・透過を制御する「透明動的メタサーフェス」のプロトタイプを開発。基地局の設置が困難な場所でもきめ細やかな5Gエリアの構築が可能となる。(2020/1/20)

5Gビジネスの神髄に迫る:
京セラのローカル5G戦略を聞く 基地局と端末を同時開発、5Gのみのスタンドアロンで勝負
次世代通信規格「5G」を用いた通信サービスを、企業や自治体などが限られたエリア内で提供する「ローカル5G」。そのローカル5Gに参入を計画し、基地局や端末の開発を進めているのが京セラだ。どのような戦略で市場開拓を進めようとしているのだろうか。(2019/12/26)

通信障害、総務省が楽天に4回目の行政指導
 総務省は13日、自社の通信網を活用した携帯電話サービスで通信障害が発生した楽天モバイルに対し、通信網の機能や障害情報の発信に問題があったとして、設備の試験や利用者への周知方法などを改善するよう行政指導を実施した。1月中旬までに、原因究明や再発防止策をまとめた報告書の提出を求めた。基地局整備の遅れなど、同社の携帯電話事業に対する行政指導は4回目となる。(2019/12/13)

TDK MMCB2528G5T-0001A3:
5G対応、ミリ波帯向け積層バンドパスフィルター
TDKは、基地局向け積層バンドパスフィルターの新製品「MMC」シリーズを発表した。5G(第5世代移動通信)NR(New Radio)の28GHz帯に対応する。(2019/12/5)

楽天MNO本音レポート(3):
楽天のMNO回線を大阪と神戸で試す 東京よりもストレスを感じる結果に
楽天モバイルdeは、東京23区内には順調に基地局が設置されているようで、ほとんどの場所でつながり、けっこう速い。関西でも楽天回線は高速でつながるのか? 11月16日〜17日に訪れた大阪市と、16日に訪れた神戸市で、楽天回線の使用感を試してみた。(2019/11/27)

米国のHuawei制裁は「経済にとって有害」、5G基地局からのデータ漏えいは「不可能」
ファーウェイ・ジャパンが記者会見を開き、同社が日本にもたらした経済効果を解説。米国との貿易摩擦による影響についても議論された。米国がHuaweiを5Gインフラから排除させるようしている方針について、現代中国研究家の津上氏は「非常に有害だ」と危機感を募らせる。(2019/11/21)

NTTとドコモ、AI技術をトヨタのコンセプトカー「LQ」に提供 対話AIの音声認識・行動先読みを支援
NTTとドコモが、AI技術をトヨタのコンセプトカー「LQ」に提供。試乗会で使用する、対話AI「YUI」の音声認識・行動先読みを支援する。ドコモは試乗拠点に5G基地局も設置する。(2019/11/21)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルは12月までに基地局6500局を確保する見込み――三木谷社長「ほぼつながるようになる」と自信アリ
楽天の決算説明会で、楽天モバイルの基地局開設見通しが発表された。当初の遅れを取り戻すように開設を進めていることは確かだが、先行する大手3キャリアと比べると規模に乏しいことは事実。第4のキャリアとして、不安を抱えている。(2019/11/15)

楽天、基地局開設は「前倒しで完了」と自信 商用化時期は未定のまま
楽天モバイルは、12月末までに基地局3000局を開設できる見込み。楽天・三木谷会長は「基地局建設を前倒しで完了できる」と自信を見せる。(2019/11/7)

楽天モバイル、基地局は「当初よりも前倒し」で進行 年内に3000局が稼働予定
楽天の2019年度第3四半期の決算説明会で、楽天モバイルのMNOサービスの現状が明らかになった。2019年12月末までに、3000局が電波を発射予定とのこと。現在は試験サービスを提供中だが、三木谷浩史社長は「技術的な検証を終えてから、できるだけ早急に商用化したい」と述べた。(2019/11/7)

SUBARUとソフトバンク、5G&セルラーV2Xを活用した自動運転制御で共同研究
SUBARUとソフトバンクは、5GとセルラーV2X通信システムを活用したユースケースの共同研究を開始。通信環境を構築して基地局と車両、車両と車両間で通信を行い、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術検証を行う予定だ。(2019/11/7)

KDDIや富士通、災害対応で「ヘリコプター基地局」の実証実験
KDDIらは、小型携帯電話基地局を搭載したヘリコプターを用いて通信エリア外のでの通話やSMSを行う実証実験に成功。災害時における携帯電話の利用が困難なエリアでの通信手段確保と迅速な救助要請対応が可能になるとしている。(2019/11/6)

「ヘリコプター基地局」で空から通信エリア構築、被災者のスマホ位置も推定 KDDIが実験
KDDIが、小型携帯電話基地局を搭載したヘリコプターを使って上空から電波を発射し、屋外に通信エリアを構築する実証実験に成功。通話とSMSを利用できた他、地上にある携帯電話の位置情報を推定できた。災害などで携帯電話の利用が困難になった地域への導入を目指す。(2019/11/6)

「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」 ソフトバンク宮内社長、楽天の参入遅れにチクリ
ソフトバンクの宮内謙社長が決算発表会に登壇。10月にMNO事業に本格参入する予定だった楽天の基地局整備が遅れている件に触れ、「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」とコメントした。(2019/11/5)

日本ケミコン PXQシリーズ:
5G基地局に適したアルミ固体電解コンデンサー
日本ケミコンは、5G基地局などに適した、チップ形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー「PXQ」シリーズを発表した。温度範囲は−55〜+125℃、耐久性は105℃で2万3000時間、125℃で6000時間となる。(2019/10/31)

CEATEC 2019:
「4G端末の方が安いと5Gは普及しない」「基地局整備は共同で」 4キャリアが5G戦略で議論
CEATEC 2019で開催された「5G Summit」では、4キャリアの社長や副社長を交えたトークセッションを実施。5Gで変わるビジネスモデルや基地局整備のスタンスなどが語られた。5G端末を普及させるためにはまだ議論が必要、との意見も出た。(2019/10/21)

CEATEC 2019:
京セラがローカル5Gを提案、基地局や端末含めたトータルソリューションで
京セラは、「CEATEC 2019」において、開発中のローカル5Gシステムを披露した。併せて出展した5Gの通信に対応する5Gコネクティングデバイスや、子会社の京セラコミュニケーションシステムが提供する通信インフラサービスなどと連携しながら、ローカル5Gをトータルソリューションで提案していく考え。(2019/10/15)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが台風19号の対策を発表 移動基地局車や充電サービスなど
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアは、台風第19号の接近に伴う対策を発表した。移動電源車や移動基地局車の配備を進める。ショップで無料で充電可能なサービスも提供する。(2019/10/11)

携帯3キャリア、台風対策発表 移動基地局車を配備 ショップでは無料充電サービスも
NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社は、10月12日〜13日に日本列島に上陸すると見られる台風19号に備えた対策・支援体制をそれぞれ発表した。(2019/10/11)

楽天モバイル、MNOサービス用の「包括免許」の取得を完了 全国でサービス展開可能に
楽天モバイルが、MNOとしてサービスを提供する上で欠かせない「包括免許」の取得を完了。これにより、全国に基地局を設置し、電波を発射する準備が整った。(2019/10/1)

ドコモ、世界初「窓の基地局」を都内ビルに導入 5G版も開発中
NTTドコモが都内のオフィスビルで“窓の基地局化”を開始。携帯電話向け4G LTE通信のサービスエリア拡充に導入し、半径約100〜200メートルのエリア化を実現した。5G版の開発も進めており、20年度中に実用化する計画。(2019/10/1)

10月1日から受け付け:
楽天モバイル、無料プログラム開始も本格運用はまだ先 「眠れる獅子」はいつ目覚める?
楽天モバイルが、MNO事業の無料プログラム受け付けを開始。10月1日から7日まで。対象は5000名で、応募多数の場合は抽選。10月からサービスの本格運用を目指していたが、基地局整備の遅れなどで後ろ倒しに。サービスの本格運用の見通しはまだ立っていない。(2019/10/1)

KDDI、5G商用基地局の設置を開始 2023年度末までに5万局以上を全国展開へ
KDDIは、2020年3月に予定している第5世代移動通信システム「5G」の商用サービス開始に向け、第1号の基地局を設置し、電波発射を開始した。今後、全国に5G商用基地局を展開し、2023年度末までに5万3626局、基盤展開率93.2%を目指す。(2019/10/1)

28GHz帯を利用:
ドコモとJR東海、200km/h以上で走行する新幹線との5G無線通信実験に成功
NTTドコモとJR東海が、東海道新幹線での5G無線通信実験に成功。東海道新幹線沿線に仮設した実験用5G基地局(28GHz帯)と、200km/h以上で走行するN700S系の車内に搭載した5G移動端末との間で無線通信を行えたという。(2019/9/30)

KDDIが埼玉県と福岡県に5G基地局を設置 2023年度末までに全国5万局超の構築を目指す
KDDIが、2020年3月に商用サービスの開始を予定している5G用の基地局を埼玉県と福岡県に設置。9月30日から順次、試験端末を使用使ったフィールドトライアルを実施する。2023年度末までには、全国に5万3626局を展開する計画だ。【訂正】(2019/9/30)

富士通と首都大学東京が開発:
マイクロ波を電力に変換する高感度ダイオード
富士通と首都大学東京は、携帯電話の基地局などから放射される微弱なマイクロ波を、電力に変換することができる「ナノワイヤバックワードダイオード」を開発した。(2019/9/26)

石野純也のMobile Eye:
ドコモのプレサービスから見える、5Gへの期待と不安
9月20日に、ドコモは5Gのプレサービスを開始した。一般のユーザーが契約できるわけではないが、周波数や基地局などの設備は、2020年春に予定される本サービスと同一の環境。華々しくスタートしたプレサービスだが、現実を見ると不安要素も少なくない。(2019/9/22)

NTTドコモ:
5Gプレサービス開始、20年6月には基地局全国展開
NTTドコモ(以下、ドコモ)が2019年9月20日、5G(第5世代移動通信)プレサービスを開始した。同年9月18日に行われた記者発表会で、同社社長の吉澤和弘氏は「このプレサービスが、5Gの商用サービスへとつながる実質的なスタート」だと強調した。(2019/9/20)

ベンダー間の競争は激化へ:
「5G基地局の出荷は順調」、Huaweiが強調
Huaweiは2019年9月初めに、中国 成都で開催した第5回目となる「Innovation Asia Day」において、同社の5G(第5世代移動通信)対応基地局の世界出荷数量が20万台に達したと発表した。また、現在までに締結した5G基地局関連の契約は、50件に上るという。(2019/9/19)

5Gプレサービスで運用:
NTTドコモが異ベンダー間での4G、5G基地局装置相互接続に成功
NTTドコモは、異なるベンダーの4G、5G基地局装置の間で相互接続に成功したと発表した。O-RAN Alliance仕様に準拠した基地局装置を用いた。5Gプレサービスで運用する。(2019/9/19)

千葉県沖に船舶型基地局、KDDIが導入 沿岸部の通信障害を解消
KDDIが、台風15号の影響により復旧が遅れている千葉県沿岸部で携帯電話サービスを提供するため、館山市沿岸に電話基地局を積んだ船を停泊させている。(2019/9/17)

楽天携帯、出だしでつまずく 見通し甘く
楽天の携帯電話事業が出だしからつまずいた。基地局整備や通信の安定性の確認が計画通りに進まず、事業に対する見通しの甘さが浮き彫りになった。当初の公約を果たせず、本格的なサービス開始が遅ければ来春まで後ずれすることで、通信インフラを担う企業としての信頼を失いかねず、厳しい船出となりそうだ。(2019/9/9)

楽天モバイル、本格稼働は来春 基地局整備の遅れ響く 共同報道
「第4の携帯キャリア」として10月から参入する予定の楽天モバイルの本格稼働が、来春に遅れる見通し。(2019/9/5)

基地局向けセラミックフィルター:
京セラと宇部興産、5G用部品で合弁会社を設立
京セラと宇部興産は、5G(第5世代移動通信)基地局用のセラミックフィルター事業を拡大するため、合弁会社を設立することで合意した。(2019/9/5)

製造業IoT:
プライベートLTEとローカル5Gを容易に、仮想ソフトウェア基地局で実現
ウインドリバーは「WIND RIVER TECHNOLOGY FORUM JAPAN 2019」において、プライベートLTEやローカル5Gを容易に実現できる仮想ソフトウェア基地局を展示した。(2019/8/27)

総務省が楽天モバイルを指導 「確実な基地局整備」「早めのサービス発表」を要請
総務省は8月26日、楽天モバイルが2019年10月に開始予定のMNO(携帯キャリア)事業に関して、文書で指導を行った。同社に対して、LTE基地局を確実に整備することと、ユーザーに対して早めにサービス内容を告知することを要請している。(2019/8/26)

総務省、楽天モバイルに3回目の行政指導 基地局の確保求める
総務省が楽天モバイルに対して行政指導。基地局の設置場所の確保に早急に取り組むよう求めたという。(2019/8/26)

Qualcommのチップセット搭載スマホ使用:
富士通とQualcomm、ドコモ向け5G接続/通信試験を完了
富士通とQualcomm Teconologiesは2019年8月22日、商用5G(第5世代移動通信)基地局とQualcommの5G対応チップセット搭載スマートフォンで、サブ6GHz帯とミリ波帯での接続検証および、データ疎通試験に成功したと発表した。(2019/8/26)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクの5Gプレサービスでバスケ観戦 “5Gならではのコンテンツ”に課題
ソフトバンクが、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されたバスケットボールの日本代表戦で、5Gプレサービスを提供した。スタジアム内に1カ所基地局を設け、ユーザーに5Gならではの試合映像を配信した。ユーザーを巻き込んだプレサービスの狙いとは?(2019/8/24)

富士通とクアルコム、5G基地局でドコモ向け接続試験を完了 2019年末の5G商用化に向け前進
富士通と米Qualcommが、富士通の5G基地局とQualcommの5G対応モデムを載せた試験用スマートフォンの間で通信試験を行い、NTTドコモの相互接続試験を完了したと発表した。(2019/8/22)

新技術の課題
5Gの弱点、電波の届きにくさは「スモールセル」(小型基地局)で解消する?
「5G」は高い周波数帯を利用することで通信の大容量化を実現できるが、5Gの電波はビル内に届きにくい場合がある。オフィスに5Gの「スモールセル」を設置することで問題を回避できる可能性がある。(2019/8/21)

楽天モバイルの基地局開設に遅れ 総務省が計画修正を指導 「スモールローンチ」との関係は?
楽天モバイルの基地局開設に遅れが生じ、総務省が計画の修正を求めていたことが判明した。先日、親会社である楽天の決算説明会で公表された「スモールローンチ」との関係を聞いた。(2019/8/16)

LPWAで足まわりを強化 KDDIの法人向けIoTクラウドサービス戦略
KDDIは、8月から法人向けIoTクラウドサービスにLPWA(省電力広域通信)のメニューを追加する。既に全国展開している4G LTEの基地局を利用し、広いエリアをカバーできるという。(2019/8/16)

楽天の基地局整備に遅れ 総務省が「計画の修正」求める
石田総務大臣が、10月に携帯キャリア事業へ参入予定の楽天に対し、当初の計画と比べて基地局の整備が遅れていると発言。修正計画の提出と実行を求めたと明らかにした。(2019/8/15)

Rakuten Optimism:
OPPOが5Gスマホ「Reno 5G」で下り1.7Gbpsの通信に成功 ARグラスも参考展示
楽天のイベントにOPPOが出展し、「Reno 5G」を使った5G通信を実演。基地局シミュレーターと有線接続し、下り最大1.72Gbpsの速度を出していた。見るだけでさまざまな情報を取得できるARグラスも参考展示している。(2019/7/31)

総務省がNTTドコモとKDDIに「5G」商用免許付与 ソフトバンクにも予備免許
各地方にある総務省の総合通信局が、NTTドコモとKDDIに「5G」の商用免許を交付し、ソフトバンクには5G基地局の予備免許を交付した。これにより、3社は商用サービスを前提とした5Gネットワークの構築が可能となった。【追記】(2019/7/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。