ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バックアップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コンピュータシステムのデータや設定について、重複して記憶装置に保存し、現用系とは別に取得しておく行為。システムの運用管理をセキュリティの面から考慮するに当たって必須なのが、現用系データのバックアップと世代管理である。
バックアップ − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
Competition:エンタープライズ・バックアップ&リカバリ・ソフトウェア15製品 − @IT
「バックアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

日本市場に対応したバックアップを提供 ヴィームが製品アップデート状況を解説
ヴィームは事業戦略説明会を開催し、データ保護における4つのトレンドを踏まえて、レッドハットとの協業や自社製品アップデートの最新状況を発表した。(2024/2/14)

RPOやRTOへの影響も考慮
「オフラインバックアップ」の基本とは? ランサムウェア対策“徹底”のこつ
「オフラインバックアップ」はランサムウェア対策にも有効な手法だ。これを正しく実施するには、幾つか押さえておくべき点がある。バックアップと復旧の“こつ”を、4つの視点で紹介する。(2024/2/13)

Windows 11のレジストリバックアップ【後編】
「Windows 11」の“レジストリ復元”でエラーになったときの対処法は?
Windows搭載PCの設定を誤って変更した場合の復元手段として、レジストリのバックアップを活用できる。バックアップデータからの復元が失敗した場合の対処法とは。(2024/2/12)

Windows 11のレジストリバックアップ【中編】
「Windows 11」のレジストリを復元するには? 設定変更で失敗したときの救世主
レジストリのバックアップを作成しておくと、PCの設定を誤って変更した場合の復元手段として活用できる。「Windows 11」のレジストリを、バックアップデータから復元する手順を紹介する。(2024/2/10)

「データセキュリティ」は誰の問題か【第4回】
古いままの「バックアップ」は何が駄目なのか? 回復力を高めるには?
クラウドサービスを利用するなどシステム構成が複雑になっている一方で、バックアップと復元の仕組みが従来のままになっていないだろうか。データ保護の対策を見直す場合のポイントとは。(2024/2/16)

「Microsoft 365 Backup」が登場【後編】
「Microsoft 365」のバックアップに必要なのは“純正”と“第三者”のどっち?
Microsoftが「Microsoft 365 Backup」を投入することで、バックアップ分野にはどのような影響があるのか。Microsoftとバックアップ専業ベンダーとの関係を踏まえて考察する。(2024/2/7)

Windows 11のレジストリバックアップ【前編】
「Windows 11」設定変更前にやっておきたい“レジストリ”をバックアップする方法
レジストリのバックアップは、PCのレジストリを編集してOSを壊した際の保険になる。「Windows 11」でレジストリのバックアップをするには、どのような手順を踏むのか。(2024/2/3)

「Microsoft 365 Backup」が登場【中編】
「Microsoft 365」にあえて“純正バックアップ”を使う理由と注意点は?
Microsoftのバックアップサービス「Microsoft 365 Backup」は、「Microsoft 365」の全てのアプリケーションが保護対象になるわけではない。同サービスの“守備範囲”や、使うべき理由とは。(2024/1/31)

a2network株式会社提供Webキャスト
BCP対策で見落とされがちな通信回線の確保の重要性、低コストで実現するには?
企業の通信BCP対策は、直後の連絡手段やデータバックアップのみならず、業務継続のための回線の確保も非常に重要である。しかし通信事業者による既存のサービスは、冗長性や利便性、堅牢性の点で課題が多い。この解消策を紹介する。(2024/1/29)

“止められない”システムを守る:
ランサムウェア時代のバックアップとHAクラスタリング活用法
ミッションクリティカルなシステムの保護には、実績のあるバックアップ製品とHAクラスタ製品を組み合わせ、障害時の迅速な復旧を目指したい。HAクラスタ製品選定時に確認すべきポイントとは。(2024/2/6)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト:
PR:単なるバックアップでは守り切れない? ランサムウェア対策に必要な3要件とは
バックアップはランサムウェア対策に有効とされているが、実際には、データを完全に復元できる確率は高くない。回復力を強化するにはどうすればよいのか。重要なのは、「安全」「確実」「高速」の観点だ。(2024/1/25)

セキュリティソリューション:
日立系の総合技術商社の瑞穂がArcserve OneXafeを導入 TB級のデータバックアップに対応
瑞穂はArcserveのイミュータブルストレージ「Arcserve OneXafe」を導入した。TB級データのバックアップを実現するニーズに合致したとしている。(2024/1/15)

セキュリティソリューション:
大手アパレルのバックアップ運用コスト削減術 Rubrik Security Cloudを導入
大手アパレルのCarharttはRubrik Security Cloudを導入してクラウドとオンプレミスでのデータ回復力を強化し、運用コストを50%以上削減した。(2024/1/12)

日本オラクル社長が明かす「災害時バックアップの課題」 24年は“復旧力”が試される
日本オラクルは24年を「エンタープライズの生成AI元年」としている。同社の三澤智光社長にインタビューすると、災害時のバックアップなどセキュリティ分野での日本企業の課題を語った。(2024/1/12)

「Number_i」1stシングルMVが爆速で1000万再生突破 キンプリ時代から縁深い関係者のバックアップも話題に
ガチのラップを炸裂させ「ここまで振り切ってくるとは」と反響。(2024/1/3)

舞台「西遊記」の片岡愛之助、妻・藤原紀香が初日に締めた帯に驚きしかない 夫バックアップの“柄”に「凄い愛ですね」「素敵な御夫婦」
これは嬉しいサプライズ。(2023/12/29)

ハイブリッドクラウドに合わせたデータ保護
オンプレミスとクラウドのデータ保護を手軽に一元化できるバックアップ運用術
オンプレミスシステムとクラウドを併用するハイブリッドクラウドの運用においては、データ保護対策が煩雑になりやすい。コストと手間を抑えながら、クラウドに適したバックアップ/リカバリーシステムを構築する方法とは。(2023/12/26)

中堅・中小企業でのコストを抑えたデータ保護
中小企業向けのランサムウェア対策 シンプルでも強固な「データ保護」の実力
企業を襲うランサムウェア攻撃をはじめ、災害や機器故障などの事態からデータを保護するために欠かせないのがバックアップだ。予算が限られる中でも、コストを掛けずに強固なバックアップシステムを構築する方法とは。(2023/12/22)

バリオセキュア株式会社提供Webキャスト
"復元できないバックアップ"が増加? データ保護を強化し回復力を高める方法
サイバー攻撃による被害が後を絶たず、多くの企業がバックアップ戦略でデータ保護を進めている。しかし、バックアップが復元できないケースも増えており、サイバーレジリエンスの強化が重要となっている。この実現方法を解説する。(2023/12/19)

iPhoneのテザリングが使えないときの対処法【中編】
iPhoneの「テザリング」が使えないときの“よくある原因”とは?
テザリング機能は、自宅のメイン回線が使えないときのバックアップ手段になる。しかし、テザリングがうまく機能しないときもある。どのようなトラブルが起きているのか。(2023/12/17)

ミツミ電機 MM4068:
調整可能な過電流検出機能を搭載、2入力1出力のロードスイッチIC
ミツミ電機は、2入力1出力のロードスイッチIC「MM4068」の販売を開始した。USBやバックアップ電源など、2つの電源入力を選択し、単一出力できる。各種保護機能も搭載した。(2023/12/12)

セキュリティニュースアラート:
バックアップシステム刷新事例 ジヤトコがVeeamを導入してTCOを40%削減
ジヤトコはバックアップシステムを再構築するプロジェクトで、Veeam Data PlatformのFoundation Editionを採用した。データ量の増加に伴うシステムやサービスのサイジング、投資計画への影響が課題となっていた。(2023/12/11)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト:
PR:Microsoft 365のデータ保護を強化する、バックアップのベストプラクティス
「Microsoft 365のバックアップは、プロバイダー任せで十分」という認識は誤りだ。意図しないデータの削除や、セキュリティリスクに対応するためにも、ユーザー自身の手でバックアップし、データ管理ができる環境を構築しておきたい。(2023/11/28)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(26):
企業ユーザーは混乱必至? Windows 10/11に追加された「Windowsバックアップ」アプリはどう使うのが正しいのか
Microsoftは最近の品質更新プログラムで、Windows 10 バージョン21H2/22H2、およびWindows 11 バージョン22H2に「Windowsバックアップ」アプリを追加しました。このアプリの役割と機能、そして企業環境では利用が制限されることについて説明します。(2023/11/28)

堅牢性、復旧させやすさ、コスパ:
PR:中小企業も見逃せないランサムウェア対策、今すぐできて現実的、効果的なバックアップの在り方とは
猛威を振るい続けるランサムウェアの被害が中堅中小企業にも広がっている。事前対策ほど手間もコストもかからずスピーディーに導入でき、かつ最後の砦としてデータを守る仕組みがバックアップだ。導入において注目すべきポイントとは。(2023/11/20)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「中小企業も見逃せないランサムウェア対策、今すぐできて現実的、効果的なバックアップの在り方とは」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/11/20)

バックアップの定期的なテストなど:
3-2-1ルールとは? 効果的なバックアップ戦略を構築するための10のヒント ESETが解説
ランサムウェアの登場によって、企業データのバックアップの重要性は増している。企業全体でバックアップ戦略を策定するために必要な10のヒントをESETが紹介した。(2023/11/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「DX推進の足かせにしない、バックアップの課題と解決法」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/11/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
本当に“使えるバックアップ”とは何なのか? 確実なデータ復旧のための要件
ビジネスにおけるデータの重要性が高まる中、バックアップには、データ消失リスクの解消、ダウンタイムの最小化など、より高度な要件が課せられるようになった。本当に“使えるバックアップ”とは何なのか、実現方法と合わせて解説する。(2023/11/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「ビジネスを阻むITインフラ」をどう変えるか “壁”を乗り越えた企業事例3選
乱立するサーバに顧客の情報を“守れない”システム環境、日々数時間もかかるバックアップ……。ある3社はこうした問題に頭を抱えていた。事業成長とともについて回るITインフラ問題をどう乗り越えたのか。解決までのプロセスをたどる。(2023/11/9)

ソフトバンク、月額600円で500GBのストレージを使える「あんしんデータボックス」提供
ソフトバンクは、写真や動画などのデータをクラウドへバックアップできる「あんしんデータボックス」を提供開始。キャリアフリーで利用でき、月額600円(税込み)で500GBまでのデータを利用台数無制限で保存できる。(2023/10/30)

作業に必要な時間を把握せよ
なんちゃってバックアップは役に立たない ここがポイントだ
ランサムウェア対策に欠かせないのがデータのバックアップだ。暗号化されて業務に支障が出たとしてもバックアップがあれば復旧しやすい。ただし、バックアップであれば何でも良いというわけではない。サイバー攻撃対策に適した手法とは。(2023/10/26)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
接続性かセキュリティか、自社に最適なバックアップストレージを見抜くポイント
バックアップデータの格納先としてストレージ製品を選ぶ際、どのようなポイントに注目したらよいのか。単に製品仕様を比較するだけでなく、接続の方法や独自プロトコルの有無など、多角的な視点から自社の最適解を見極める必要がある。(2023/10/27)

ドコモ/au回線を自動切替できるSIMサービス「SIMCONNECT」提供 バックアップ回線を想定
PORTALFIELDは、eSIMに対応した機器でNTTドコモとauのサービスエリアを利用できるマルチキャリアSIMサービス「SIMCONNECT」を提供開始。利用料金は150MB/319円(税込み)から。(2023/10/20)

「Pixel Watch」(先代)も10月の月例更新で「Wear OS 4.0」に
Googleは「Pixel Watch」の月例更新の配信を開始した。この配信で「Wear OS 3.5」搭載のPixel WatchのOSが「Pixel Watch 2」と同じ「Wear OS 4.0」に更新される。バックアップもできるようになるので、設定を「Pixel Watch 2」に移行しやすくなる。(2023/10/18)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
最悪のランサムウェア攻撃からもデータを守る、バックアップの新要件とは?
情報処理推進機構(IPA)による情報セキュリティ10大脅威では2年連続で、ランサムウェアによる被害が1位となった。何より脅威となるのがバックアップを取得していても復元に失敗するケースがあることだ。問題の解決策を探る。(2023/10/4)

クラウド時代のバックアップ【第6回】
バックアップに欠かせなくなる3つの“必須キーワード”とは?
サイバー攻撃が拡大する中で、企業はバックアップ戦略の転換を迫られている。今後のバックアップ戦略で重要となる3つのキーワードとは何か。(2023/10/2)

スマホの容量不足はこれで解決! 写真や動画を「クラウド」と「外部ストレージ」にバックアップしよう
スマホの写真や動画のデータ(ファイル)は、内蔵ストレージを圧迫しがちです。バックアップをかねてデータを外部に保存するようにすれば、内蔵ストレージを定期的に削除することで快適にスマホを利用できるようになります。その方法をチェックしましょう!(2023/9/30)

クラウド時代のバックアップ【第5回】
クラウドバックアップを強化する「PITR」「バージョン管理」とは何か?
「PITR」(Point In Time Recovery)や「バージョン管理」は、クラウドバックアップの強化にどう役立つのか。専門家の意見を踏まえて解説する。(2023/9/29)

アクロニスのバックアップ×セキュリティソフト「Cyber Protect Home Office」に最新版 2要素認証によるデータ保護に対応
アクロニスのバックアップ×セキュリティソフト「Cyber Protect Home Office」(旧True Image)にアップデートが行われた。第三者がバックアップデータなどにアクセスする際に「2要素認証」を有効化できるようにすることで、より強固なセキュリティを確保できるようになる。(2023/9/28)

クラウド時代のバックアップ【第4回】
オンプレミスかクラウドか「ハイブリッド」か? バックアップ3種の長所と短所
バックアップデータをオンプレミスのストレージとクラウドストレージのどちらに保存するかは、企業にとって悩ましい問題だ。それぞれの長所と短所の他、両者を組み合わせた「ハイブリッド型のバックアップ」について解説する。(2023/9/25)

クラウド時代のバックアップ【第3回】
「クラウドを疑うべき」なのはなぜ? あらためて考えるバックアップの基本
クラウドサービスの利用が一般的となった近年、ユーザー企業にとって考慮すべき点の一つになっているのがデータの守り方だ。確実にデータを守るには、どのような方法を採用すればいいのか。(2023/9/21)

生成AIでバックアップはどう変わる?【第4回】
なぜ生成AIを「バックアップ」に使ってはいけないのか? 反対派の言い分
画像やテキストを生成するAI技術「生成AI」に、バックアップベンダーは期待を寄せている。一方で、生成AIの利用に慎重論を唱える業界関係者もいる。(2023/9/20)

クラウド時代のバックアップ【第2回】
バックアップの基本「3-2-1」と「クラウド」の活用法 その利点とは?
企業のバックアップにおいて「3-2-1ルール」の採用が広がる中で、クラウドサービスの重要性が高まりつつある。クラウドサービスが重要になる背景には、何があるのか。(2023/9/18)

生成AIでバックアップはどう変わる?【第3回】
バックアップ担当者が喜ぶ「生成AI」の使い道はこれだ
バックアップベンダーは、従来のAI技術と生成AIを組み合わせ、さまざまなタスクの自動化に取り組んでいる。具体的に何ができるのか。(2023/9/15)

クラウド時代のバックアップ【第1回】
バックアップの「3-2-1ルール」がクラウド時代でも人気の理由とは?
バックアップの「3-2-1ルール」はHDDが主流だった時代に登場した手法だが、クラウドサービスが普及する現代でも人気だ。その理由とは。(2023/9/13)

生成AIでバックアップはどう変わる?【第2回】
生成AIが「バックアップ」にもたらす“自動化”よりすごい可能性
生成AIなどのAI技術を、IT管理者のタスクの自動化に活用する動きが広がっている。AI技術はタスクの自動化だけではなく、他の業務にも活用できる可能性がある。(2023/9/13)

生成AIでバックアップはどう変わる?【第1回】
バックアップ担当者が知っておくべき「生成AI」とはそもそも何か?
AI技術はさまざまなツールに組み込まれ始めている。「ChatGPT」や「Bard」のような生成ツールは、IT部門の業務にどう役立つのか。生成AIで何ができるのかをまず確認しよう。(2023/9/11)

顧客の“解像度”を上げよ Arcserve Japanが取り組む新たな事業戦略とは?
バックアップソリューションを展開するArcserve Japanが事業戦略説明会を開催した。新社長が顧客の課題感を掘り下げるための新たな事業戦略を語った。(2023/9/7)

トヨタ工場停止の原因は「ディスクの容量不足」 同一システム利用で、バックアップも作動せず
8月末に国内14工場の稼働が停止した件について、トヨタ自動車は原因は作業用ディスクの容量不足だったと発表した。トヨタは「サイバー攻撃によるシステムの不具合ではない」と強調した上で、関係各所に対して謝罪した。(2023/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。