ニュース
» 2012年02月28日 12時40分 UPDATE

ニッセン、TeradataとSASを組み合わせたデータ分析基盤を導入

通販大手のニッセンはデータ分析業務のパフォーマンスを向上すべく、データウェアハウスシステムなどを刷新した。

[ITmedia]

 通信販売大手のニッセンは、大容量データ分析のパフォーマンス改善を目的に基盤システムを刷新した。システムを提供したテラデータが2月28日に発表した。

 ニッセンでは、顧客や商品に関する各種データを分析して、受注や配送、返品、欠品対応、損益計算などの業務に生かしてきたが、データ量や分析リクエスト数の増加に伴うシステムパフォーマンスの低下に課題を抱えていた。そうした課題解決に向けて2011年11月に、多数のプロセスを並列処理できるテラデータのデータウェアハウス(DWH)製品「Teradata 5650」と、同社のデータベースエンジン内で稼働するデータ解析製品「SAS In-Database」を組み合わせた情報分析システムを導入した。

 これによって、ニッセンでは、一度に大量の分析リクエストが発生した場合でも高いパフォーマンスを維持することができ、作業効率の大幅な改善とPDCAサイクルの迅速化、それに伴う分析精度の向上を実現した。

 ニッセンでは現在3つの分析システムを利用しており、今後はすべての分析システムをTeradataとSAS In-Databaseの組み合わせに移行して、別々に管理しているネットとカタログ販売のデータを統合していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -