ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データウェアハウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データウェアハウス」に関する情報が集まったページです。

分散するデータを価値に変える
BMWの「データ管理」術とは? EVの走行データで新車投入をスピードアップ
BMWグループは全世界の拠点において一貫性のあるデータ管理を目指す。その一環で、同社はデータ管理とデータ分析の新たな仕組みを導入した。その具体的な内容とは。(2022/7/4)

データ活用準備工程を10分の1に短縮、三菱重工がインフォマティカで「データ統合マネジメント基盤」を構築
三菱重工業は、インフォマティカのソリューション群でグループ全体のデータを統合する「データ統合マネジメント基盤」を構築した。データ連携と分析の手段をグループ内で共通化する。(2022/6/24)

TechTarget発 世界のITニュース
「Tableau」や「Microsoft Power BI」と競うQlikの”狙い”は成功するのか?
BIツールベンダーのQlikは、今後のロードマップを公開した。BIツールの機能追加や、既存機能の強化を実施する。どのような機能が追加されるのか。最大の注目ポイントは何か。(2022/6/23)

Snowflake、新アプリケーション群を発表 トランザクションデータの統合分析や開発者向け機能などをリリース
Snowflakeは、トランザクションデータと分析データを統合活用できる「Unistore」や、ネイティブアプリの開発や収益化が可能になるフレームワーク、Pythonのサポートを中心とした開発者向け機能などをリリースし、データプラットフォームを拡充した。(2022/6/21)

ITmedia DX Summit Vol.11:
「ニアリアルタイム」データを全従業員で回すためにデータ基盤エンジニアは何をすべきか
11年連続2桁成長を維持する間接材通販大手のモノタロウ。事業成長を継続できる秘密は、繰り返し改善と改良続けてきたデータ基盤の強さと、それを使いこなす体制整備の優秀さにあったようだ。同社のデータ基盤が今まで何をしてきたかを「中の人」に解説してもらった。(2022/6/16)

トランザクションと分析のサイロを崩す:
Snowflakeが新展開、トランザクションアプリのサポートとネイティブアプリケーションフレームワークを発表
DWHのSnowflakeが、新機能を通じてトランザクションアプリの開発をサポートすると発表した。また、Snowflakeの機能を活用したデータアプリを迅速に開発できるアプリケーションフレームワークを発表した。(2022/6/15)

三菱地所、データドリブンな“まちづくり”を推進 インフォマティカの「Cloud Data Integration」を導入
三菱地所は、インフォマティカのクラウドデータ管理「Cloud Data Integration」を活用し、新たなデータ連携・分析基盤を構築した。業務効率化とともに、顧客接点を介して蓄積したデータを駆使し、新事業・サービスの創出を目指す。(2022/6/10)

ファンケルがデータウェアハウス基盤をOCIで刷新 顧客の「ファン」化を促進
ファンケルは、顧客データの活用に向けたデータウェアハウス基盤を「Oracle Cloud Infrastructure」で刷新した。より高度なデータ利活用を通じて顧客の「ファン」化を図る。(2022/6/8)

編集部コラム:
モダンデータスタック(Modern Data Stack)とは? データ統合の新しいトレンド
データ統合の分野でMDS(Modern Data Stack)というキーワードが注目を集めています。今までの技術とどんな違いがあるのでしょうか。(2022/6/3)

さまざまなデータを仮想的に統合 アシストが「TIBCO Data Virtualization」を販売開始
アシストは、多様なデータソースを一つの論理的なデータ層として統合するデータ仮想化ツール「TIBCO Data Virtualization」の販売を開始する。アシストのデータ活用基盤構築ソリューションに同ツールを取り込み、企業のデータ活用を支援する。(2022/6/1)

製造ITニュース:
BIダッシュボード「MotionBoard」がAWSのAI/IoTサービスと連携
ウイングアーク1stは2022年5月25日、BIダッシュボード「MotionBoard」と、アマゾン ウェブ サービスの展開するAI、IoTサービスを連携したソリューションの提供を開始した。(2022/5/31)

クラウドニュースフラッシュ
Googleがクラウドで奇策 「AWSやAzureと“戦わずに勝つ”」戦略とは?
Googleが進める「Google Cloud Platform」の拡充戦略や、NTTドコモの新しい仮想マシンサービスの発表など、クラウドに関するニュースを取り上げる。(2022/6/1)

CIO Dive:
ハネウェルは「Snowflake」でビジネスをどう変えた? データ戦略に迫る
コロナ禍を経て企業のデータ戦略は大きく進んだ。迅速なインサイトを得るために、データプレイブックで学習させたAIや、自動化を取り入れたデータ活用を進める企業も出てきている。データ戦略の現在地を探った。(2022/5/27)

データ可視化にかかる工数を90%削減 花王が「SAP Analytics Cloud」を導入
花王が「SAP Analytics Cloud」を導入した。これまで会計データの加工や可視化に利用していた「Microsoft Excel」から同サービスへの移行によって、データの可視化に必要な工数を約90%削減した。(2022/5/24)

「定番かどうか」で選ぶのはもうやめよう:
PR:「商用DB」の継続は正しい? 予算が限られる中で検討すべき一手とは
新たなITサービスを提供するためには、それを生み出すDBなどの基盤を見直すことが重要だ。だが、さまざまな選択肢の中から自社に最適なものを選ぶのは難しい。考えるべきは「定番か否か」ではなく「要件を満たせるか否か」だ。(2022/5/23)

“今どきのデータ分析”を支える技術【第4回】
データ分析を阻む「人の問題」と、その解決に役立つ技術
データ分析における根強い問題が「人」に関する問題だ。技術の進化が、問題の解決につながると専門家は指摘する。どのような技術が役立つのか。(2022/5/18)

データ分析サービス「Azure Data Factory」に「緊急」の脆弱性 手動アップデートが必要なケースも
Azure Data FactoryおよびAzure Synapse Pipelineに深刻度「緊急」に分類される脆弱性が見つかった。ユーザー自身でアップデートを適用する必要があるケースもあるため確認が急がれる。(2022/5/12)

“今どきのデータ分析”を支える技術【第3回】
「NLP」(神経言語プログラミング)はデータ分析にどう役立つのか?
人の心理を読み解く「神経言語プログラミング」(NLP)が、データ分析をより簡単に、より効率的にする可能性があるという。NLPはデータ分析にどう寄与するのか。(2022/5/11)

プロセッサ2種の併用で高速化
「CPU」と「GPU」の得意なタスクの違い “やってはいけない”使い方は?
CPUに加えてGPUを併用する動きがある。GPUはグラフィックス処理用ではなく、CPUのタスクを肩代わりする役割として活用が進む。2つをどう使い分けるのが賢い選択なのか。(2022/4/28)

NEWS
楽天グループがGoogle Cloudの「BigQuery」を採用 その狙いは?
楽天グループは、全社的に利用するデータウェアハウスにGoogleの「BigQuery」を採用した。同社がデータ分析システムのクラウド移行を決意した課題と、「Google Cloud Platform」を採用した理由は。(2022/4/21)

2022年第4四半期に移行を完了:
楽天グループがデータ分析基盤にGoogle CloudのBigQueryを採用、全事業が対象に
楽天グループは、全社的なデータ分析基盤として、Google Cloudのデータウェアハウスサービス、BigQueryを採用したことを明らかにした。2022年第4四半期には、全事業のデータ移行を完了するという。(2022/4/20)

“今どきのデータ分析”を支える技術【第1回】
いまさら聞けない「拡張分析」の基礎 何ができる? 必要なものは?
AI技術を活用したデータ分析「拡張分析」は、企業のデータ活用をどのように支援するのか。拡張分析が担う役割、利用に際して必要なデータ、実際の使用例を解説する。(2022/4/14)

増え続ける企業のデータ、どう活用する?:
PR:カギは「データとビジネスロジックの近さ」――データ分析、活用に必要なものとは
どの企業も自社の保有するデータを分析してビジネスに活用したいと考えている一方で、扱うシステムやデータは増え続け、日に日に複雑化している。自社のデータを一元的に管理、活用するためには何が必要なのだろうか。(2022/4/19)

BigLakeはデータのサイロ化を防ぐ:
Google Cloudが「BigLake」「BigBI」など、データ関連で多数の発表
Google Cloudは2022年4月6日、データ分析関連で多数の発表を行った。これにはデータレイクとデータウェアハウスを統合する「BigLake」、 複数のツールで統一したBIができる「BigBI」、データ製品間の相互運用性とベストプラクティスを推進する連合「Data Cloud Alliance」などが含まれる。(2022/4/6)

情シス責任者やデータ基盤責任者の方必見:
PR:データウェアハウスの処理性能向上と大幅なコスト削減、そしてBI+AIのポテンシャルを最大化する次世代データ基盤アーキテクチャ「レイクハウス」の実力
データ経営の重要性の高まりを受け、AI活用を含めてデータの潜在能力を最大限に引き出す必要性が生まれている。だが従来のデータウェアハウスではパフォーマンスが足りないだけでなく、複雑かつ非常に高価で投資に見合った価値を発揮し切れていない。(2022/4/5)

クラウドニュースフラッシュ
アステラス製薬が「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かす“深い狙い”とは
基幹系システムのクラウドサービス移行が進みつつある。「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かすアステラス製薬の事例や、クラウドセキュリティの新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2022/3/31)

あのユニコーン企業は何がすごいのか:
PR:成長が止まらないSmartHR 躍進を支える「データマネジメント」、そのマーケティングメソッドとは?
競争が激しくなる一方のBtoB SaaS分野において、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を続けているSmartHR。設立からわずか9年で、日本を代表するユニコーン企業へと成長を遂げた。進化し続けるSmartHRのエンジンとは何なのか? 積極的なマーケティング活動の裏側に迫る。(2022/3/29)

セキュリティ組織にデータ民主化を――「次世代セキュリティDWH」大解剖(終):
運用維持コストを抑えられたか? 次世代セキュリティDWHがもたらす効果と運用の泥臭い苦労話
マーケティング分析で用いられているデータ基盤サービスを活用した、リクルートの「次世代セキュリティDWH」の構築事例を中心に、最新のセキュリティログ基盤の動向を紹介する連載。最終回は、得られた効果、運用の泥臭い苦労話、今後の展望を紹介する。(2022/4/6)

AutoML OSS入門(終):
最も人気なAutoML OSSは? 注目のAutoMLクラウドサービスも紹介
AutoML OSSを紹介する本連載最終回は連載内で紹介したOSSの比較と、これまでに紹介できなかった幾つかのOSSやAutoMLクラウドサービスを概説します。(2022/3/24)

セキュリティ組織にデータ民主化を――「次世代セキュリティDWH」大解剖(2):
ETL、BIサービスを組み込むセキュリティログ分析基盤の設計方針、サーバレスとフルマネージドがもたらす効果とは
マーケティング分析で用いられているデータ基盤サービスを活用した、リクルートの「次世代セキュリティDWH」の構築事例を中心に、最新のセキュリティログ基盤の動向を紹介する連載。今回は、どのような思想とこだわりを持ってシステムを設計したのか解説する。(2022/3/8)

クラウドDWHで新旧システムの分断解消:
PR:SAPデータ資産をどう生かすか 「SAP Data Warehouse Cloud」の狙いを聞いた
DXに向けたシステム刷新を進めるSAPユーザーにとってSAP S/4HANAへの移行だけでなく、オンプレミスやクラウドに散在するデータ資産をどのようにつないで生かすかが大きな課題だ。SAPシステムの中で効率良く解決する方法が見えてきた。(2022/2/28)

「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来【後編】
HDDの陰に隠れた次世代「HDS」 挫折を振り払って実用化へ
過去に商用化の成功例がない「ホログラフィックデータストレージ」(HSD)の研究をMicrosoftが進めている。既存の商用ストレージにはないメリットをもたらす、革新的なストレージは誕生するのか。(2022/2/24)

AutoML OSS入門(10):
Google発、ニューラルネットワークの構築に特化したAutoML OSS「Model Search」
AutoML OSSを紹介する本連載第10回は、「Model Search」を解説します。Model Searchは、TensorFlowをベースとしたDeep Neural Networks(DNNs)の構築に特化したGoogle発のOSSです。(2022/2/17)

データ分析戦略を支える、クラウド基盤の生かし方(3):
データが保険の売り方を変えた DX生かした新商品が好調、三井住友海上を支えるクラウド戦略
「データ分析導入でROIが取れるのか」。かつて高額なデータ分析の仕組み導入で辛酸をなめ、社内でもこんな言葉を投げかけられた担当者は、失敗を糧にした「無駄のないクラウド基盤戦略」で大規模なデータ分析を可能にし、販売手法の変革やヒット商品につなげた。その方法とは。(2022/2/17)

データ分析戦略を支える、クラウド基盤の生かし方(1):
大規模データ分析、実行も運用もテレワークで LIXILの基盤を支えるクラウド戦略
大規模な製品データを従業員が柔軟かつ迅速に抽出、分析できるようにしたい。そんな思いから新たに構築されたLIXILのデータ分析基盤は、クラウドの強みを生かし、極限まで運用を効率化した。現在400人が使い、今後も拡張する同基盤を支える戦略とは。(2022/2/3)

セキュリティ組織にデータ民主化を――「次世代セキュリティDWH」大解剖(1):
マーケティング分析で使われるビッグデータ基盤をセキュリティ業務に応用した理由
マーケティング分析で用いられているデータ基盤サービスを活用した、リクルートの「次世代セキュリティDWH」の構築事例を中心に、最新のセキュリティログ基盤の動向を紹介する連載。初回は、その背景やきっかけ、考え方について解説する。(2022/2/4)

AutoML OSS入門(9):
Microsoftが開発、Web UIで学習状況を可視化するAutoML OSS「Neural Network Intelligence」
AutoML OSSを紹介する本連載第9回は「Neural Network Intelligence」を解説します。Neural Network Intelligenceは、ハイパーパラメーターチューニングやニューラルアーキテクチャ探索、モデル圧縮、自動特徴量エンジニアリングなどの機能を持つツールキットです。Web UIで学習の進行状況や結果を確認できます。(2022/1/31)

「Teradata Vantage」を使ったリアルタイムデータ活用
逆境のアメリカン航空は「Azure」「Teradata」でチャンスをどうつかむのか?
パンデミックにより大きな打撃を受けたアメリカン航空は、この危機を機にデータの活用方法を変えることで、新たなビジネスチャンスを生み出そうとしている。パンデミックを乗り切るための同社の施策とは。(2022/1/25)

ゼロから作るデータドリブン組織への道(4):
データ活用を導入したのに定着しない――社内の壁を破る「伴走型サービス」の使い方
BIツールを導入し、データ活用基盤を構築したのに、1〜2年してプロジェクトのふたを開けてみれば全く進んでおらず、社内にも定着していない――。こんな「もったいない」事態を引き起こす企業には何が足りないのか。伴走型でデータ活用を支援する企業に成功のポイントを聞いた。(2022/1/26)

“ひとり開発”のAIで1日数千万件の広告審査を効率化 「AIは詳しくない」ヤフー社員が実現できたワケ
広告が増加し、これまでの手法では審査が追い付かなくなっていたヤフー。異動したての社員が1人でAIを構築し、チェックを自動化したところ、工数削減に成功したという。人材も知識も少ない中、1日数千万件にも及ぶ広告審査を効率化できた理由とは。(2022/1/13)

PR:SAP ERPの移行先に悩む企業へ データの価値を迅速に引き出すポイントとは?――専門家に聞く
システム移行を見据えるSAP ERPのユーザー企業にとって大きな課題の一つが「今までSAP ERPに蓄積したデータをどう活用するか」だ。SAP S/4HANAをはじめ多くの選択肢を前に、企業が正しい判断を下すポイントとは何か。SAP製品に精通した専門家の答えとは。(2022/1/6)

クラウドニュースフラッシュ
セブン&アイが「AWS」にグループ各社のシステムを集約する“挑戦的な理由”
新システムのインフラにクラウドサービスを採用したJR九州とセブン&アイの事例や、AWSサービスの利用動向調査の結果など、クラウドの主要なニュースを6つ紹介する。(2021/12/29)

2021年のデータ分析「3大ニーズ」とは?――Google Cloud調査
Google Cloudは2021年のデータ分析ニーズで顕著だった3つの要素を明らかにした。調査や開発、ビジネスモデルの構築など、幅広い用途を支えたそれらの中身とは。(2021/12/28)

PR:SAP ERPデータの“脱サイロ”をどう進める? 全世界の事例を知る専門家の答え
SAP ECC 6.0のサポート終了に伴う“2027年問題”に関連し、多くのユーザー企業が「蓄積したデータをどこに置き、どう生かすか」という問題を抱える。スムーズかつ外部データも併せた幅広い活用をかなえる現実解とは。(2021/12/22)

AutoML OSS入門(8):
Uberが開発、ノーコードでディープラーニングを実現するAutoML OSS「Ludwig」
AutoML OSSを紹介する本連載第8回は「Ludwig」を紹介します。Ludwigは「データ型ベース(Datatype-based)」という思想を取り込むことでさまざまな課題に対する柔軟かつ容易な最適化を可能にしたAutoML OSSです。(2021/12/21)

データウェアハウスの終わり【後編】
従来型データウェアハウスでは分析できない、次世代ツールの「分析対象」
データウェアハウスもデータレイクも限界が見えた今、各社は「次世代型データウェアハウス」で市場をリードしようとしている。最後に生き残るアーキテクチャとは?(2021/12/16)

皿から10億件の情報収集 スシローが「データ活用すし屋」になっていた
回転すしチェーン「スシロー」が、すしの皿から年間約10億件もの情報を集める「データ活用すし屋」になっている。店舗でのデータ取集の方法や、集めた情報の使い道とは。(2021/12/14)

AutoML OSS入門(7):
ディープラーニングモデルを自動構築するAutoML OSS「AutoKeras」
AutoML OSSを紹介する本連載第7回は、KerasベースのAutoML OSSである「AutoKeras」を解説します。AutoKerasは、ENAS(Efficient Neural Architecture Search)によりニューラルネットワークの構造設計とハイパーパラメーターチューニングを自動で行うツールです。(2021/12/13)

データウェアハウスの終わり【前編】
データウェアハウスとデータレイクが新時代に適応できない弱点
長い歴史を持つデータウェアハウスはもう不要だという専門家もいる。実際、データウェアハウスはニーズの変化に適応できていない。代わりに登場したデータレイクにも課題が見えてきた。(2021/12/9)

AWSがアナリティクスサービス向けの3つのサーバレスオプションを提供開始 あらゆる規模のデータ分析に対応
AWSがアナリティクスサービススイートに向けた3つの新しいサーバレスオプションの提供を開始した。サーバレスサービスのメリットとは何か。(2021/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。