ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データウェアハウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データウェアハウス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

コロナ禍でテレワーク普及も、日本はクラウド後進国のまま? その裏にあるSI業界の病理
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業活動がオンラインにシフトしつつある。だが日本企業では、依然としてクラウド活用が進んでいないという。その要因について、ガートナージャパンのアナリスト、亦賀忠明氏に聞いた。(2020/7/27)

新機能実装で特約付帯率が約2.5倍に:
三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構築。これを使って顧客体験価値を向上させている。(2020/7/6)

今日のリサーチ:
外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を対象にした調査結果からハイライトを紹介します。(2020/7/6)

戦略、人、組織の問題をどう解決するか
DXを定着化させるために必要な「DataOps」とは?
企業がDXの取り組みを進める中で必要不可欠となるのがデータだ。そのデータを活用する上で課題となる「戦略」「人」「組織」といった課題を解消する手段として、「DataOps」に注目するITベンダーがある。(2020/6/30)

LIXILが「SAP Analytics Cloud」を採用 グローバルでのデータ活用に向け
LIXILは、新たな経営情報管理基盤として、データ分析サービス「SAP Analytics Cloud」とデータウェアハウス「SAP BW powered by SAP HANA」を採用した。グループ内の緊密なデータ連携とリアルタイム経営を実現する。(2020/6/29)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(10):
世界で最も愚直な会社、アマゾンの脅威
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第10回は、従来のセグメンテーションでは捉えられないプラットフォーマーの代表的存在であるアマゾン(Amazon.com)の戦略について取り上げる。(2020/6/23)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【後編】
GCPの「Memorystore」「BigQuery」とは? 特徴と機能を解説
Googleが提供するインメモリデータストアサービス「Cloud Memorystore」やクラウドDWH「BigQuery」を利用することで何ができるのか。両サービスの特徴を説明する。(2020/6/23)

“クラウド破産”の理由と対策【後編】
“クラウド破産”を防ぐには? 利用料金を予算内に収める選び方
想定外に高額になりがちなクラウドサービスの利用料金。予算内に収めるためには、どのような観点でクラウドサービスを利用し、選べばよいのか。(2020/6/22)

コスト削減、アプリ改修迅速化のために専用機から移行
三越伊勢丹グループで約8000人の社員が使う顧客/商品分析のDWH基盤とは
三越伊勢丹グループは、約8000人の社員が利用するDWH基盤を先頃、Oracle Exadataで刷新した。その狙いと効果を同社の担当者に聞いた。(2020/7/20)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【中編】
「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」の違い
Googleは複数の「クラウドデータベ―ス」を提供している。その中からNoSQLの「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」を紹介する。それぞれ何がどう違うのか。(2020/6/4)

アプリケーションモダナイゼーション【前編】
ミッション:メインフレームのDb2データをSQL Serverに移行せよ
アプリケーションのモダナイゼーションに際しての課題の一つに、旧システムの知識がある。メインフレームで運用していたデータベースを最新のデータウェアハウスに移行するのは困難を伴った。(2020/5/27)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【前編】
Googleのクラウドデータベース「Cloud SQL」「Cloud Spanner」とは?
データベース管理システムのコストとパフォーマンスを最適化する手段となり得るのが「クラウドデータベース」だ。Googleが提供する豊富なクラウドデータベースの中から「Cloud SQL」「Cloud Spanner」を取り上げる。(2020/5/21)

Microsoft Build 2020:
Microsoft、データ分析/AIで「Azure Synapse Link」や「リスポンシブルAI」を発表
Microsoftは2020年5月19日(米国時間)、「Microsoft Build 2020」で、データ分析や機械学習/AIに関する複数の発表を行った。これには分析のためのデータのバッチ移動作業を排除する「Azure Synapse Link」や、説明可能でバイアスのないAIを目指す「Responsible AI」、AIのためのスーパーコンピューターが含まれる。(2020/5/20)

Computer Weekly日本語版
メインフレームのDb2データをSQL Serverに移行せよ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/5/20)

ずっと無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ(主にIaaS・PaaS) 2020年版
クラウドサービスの多くには、期限なく無料で使える「Free Tier」というサービスが存在します。これらは開発環境やテスト環境としてクラウドを試すには非常に有効です。本記事では、主要なベンダーが提供しているFree Tierを紹介します。(2020/5/13)

「データカタログ」とは何か【後編】
「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介
データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。(2020/5/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DXでスタートアップと同じ土俵に立つには、同じ道具、文化、体制の構築が必要
デジタル変革(DX)では、テクノロジーの活用ばかりが注目されているが、本質は顧客起点で自社のビジネスを見直し、スピーディーに顧客の期待に応える取り組みである。そのためには、自社をアジャイルな組織へと変革することが不可欠となる。(2020/4/27)

「データカタログ」とは何か【前編】
「データカタログ」とは? 欲しいデータをすぐに取得できる仕組み
データ分析担当者が、必要に応じて欲しいデータを収集、整理できる手段が「データカタログ」だ。その仕組みや有効な場面を紹介する。(2020/4/24)

Google Cloud Data Platform Dayで説明:
バンダイナムコエンターテインメント、DeNA、リクルートテクノロジーズが語ったデータ基盤改革、「何を」「なぜ」「どのように」
バンダイナムコエンターテインメント、DeNA、リクルートテクノロジーズといった、データを武器にしていかなければならない企業は、データ分析基盤をどのように進化させているか。Google Cloudが2020年3月31日に開催したGoogle Cloud Data Platform Dayで3社が語った、それぞれのデータ基盤改革をお伝えする。(2020/4/6)

LINEがClouderaのデータプラットフォーム採用、全社員にセルフサービス型分析機能を提供
LINEは各種サービスのデータウェアハウスをClouderaによって統合し、社内の全ユーザーに対してセルフサービス型の分析機能を提供する。(2020/4/3)

連載:詳説VMware Cloud on AWS(8):
VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携(1) AWSサービスによる違いと接続経路
VMware Cloud on AWSはネイティブAWSサービスとの連携に適している。ただし、連携するAWSサービスにより、接続形態は異なる。特定のAWSサービスが利用できるかできないかを判断する考え方、VMware Cloud on AWSからAWSサービスへの接続経路とその詳細を説明する。(2020/3/24)

自動化機能で機械学習の生産性向上 日本オラクルが「Cloud Data Science Platform」を発表
日本オラクルは、データ分析や機械学習に向けたクラウドサービス「Oracle Cloud Data Science Platform」を発表した。複数のアルゴリズムとハイパーパラメータ構成に対するテストプロセスを自動化するなど、機械学習に向けた自動化機能を備える。(2020/2/21)

リフト&シフトは最後の手段:
「『作る』から『やめる』へ」、創業130年のアサヒがパブリッククラウド、コンテナにたどり着いた理由
「アサヒビール」などで知られるアサヒグループホールディングスは、2018年頃から業務システムのパブリッククラウドでの構築・運用を進めている。「クラウドネイティブ・ファースト」が方針で、リフト&シフトによる単純な移行は最後の手段とする。背景には、同グループの事業における根本的な変化があるという。(2020/2/13)

米国ユニコーンのスノーフレイク、AWSの東京リージョンでデータウェアハウスサービスを提供開始
日本のリージョンでサービス提供をするのは、今回のAWS東京リージョンが初めてとなる。(2020/2/5)

SalesforceとTableauを組み合わせたワンストップサービス、NTTデータが提供開始
NTTデータは、「Salesforce」と「Tableau」を導入する企業に対して、両サービスを組み合わせたワンストップサービスの提供を開始する。経営や業務の課題に対するコンサルティングから、ソリューション導入やカスタマーサクセス支援までを一元的に提供する。(2020/1/24)

「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断
クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由
ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。(2020/1/23)

データベースのクラウド移行を自動化、「Oracle Enterprise Manager」3つの強化点とは
Oracleは、エンタープライズ管理プラットフォーム「Oracle Enterprise Manager」を強化する。これによりデータベースのクラウド移行を容易にするという。(2020/1/21)

セキュリティログ分析基盤活用入門(終):
セキュリティログ分析基盤におけるクラウド活用、組織体制、メンバー育成のポイント
セキュリティ業務における「ログ」と、その分析基盤の活用について解説する連載。最終回は、クラウド活用、組織体制、メンバー育成のポイントを紹介します。(2020/1/6)

プレミアムコンテンツ:
枯れたはずのDWHが「クラウドDWH」で再び盛り上がる訳
大規模データの蓄積や処理に使われる技術の中では「Hadoop」が優勢だった。だが最近は、一時期守勢に立たされたはずの「DWH」が「クラウドDWH」へと形を変え、再び関心を集めつつある。背景には何があるのか。(2019/12/27)

Microsoft Focus:
高まらない中堅・中小企業のIT活用意欲、DXを後押しするMSの3施策
日本マイクロソフトは、中堅・中小企業やスタートアップ企業のDXを3つの施策から支援する。どのような支援なのだろうか。(2019/12/26)

オンプレミスからクラウドに移行しても逃れられない
「AWS」「Azure」「GCP」で相次ぐ障害 クラウドを信じ切ってよいのか
「AWS」「Azure」「Google Cloud Platform」で相次いでサービス障害が発生した。このことは、ユーザー企業がクラウドの障害について「いつか起こり得る問題」だと認識しなければならないことを示唆している。(2019/12/20)

最新版「Looker 7」を発表:
Lookerの組み込み型アナリティクスが提供する「データエクスペリエンス」とは何か?
Googleによる買収が発表されてから約半年。その間にも着々と成長する気鋭のBIベンダーLookerが新バージョン「Looker 7」を発表した。その特徴を解説する。(2019/12/18)

AWS re:Invent 2019リポート(3):
AWS re:Invent 2019における、インフラ/データベースに関する大量発表の文脈
Amazon Web Services(AWS)は12月第1週に開催した「AWS re:Invent 2019」で、同社が定義する意味での「値下げ」は発表しなかった。代わりに、インフラ関連では自社開発ハードウェアの活用をはじめ、「あの手この手」でパフォーマンスあるいはコストパフォーマンスを向上させる自社の取り組みをアピールした。(2019/12/18)

知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【前編】
GCPのIaC「Cloud Deployment Manager」とハイブリッドクラウド「Anthos」とは?
Googleは、GCPユーザー向けに便利なサービスを提供している。Infrastructure as Code(IaC)の「Deployment Manager」と、ハイブリッドクラウドを実現する「Anthos」について説明する。(2019/12/18)

リンガーハット、AIで売上予測 “店長の勘”頼りだった仕入れ、精度向上へ
リンガーハットが、AI技術を活用し、日別・店舗別の売上を予測するシステムの導入を進めている。(2019/12/16)

「Azure SQL Data Warehouse」が刷新
Microsoftの「Azure Synapse Analytics」とは? BIや機械学習をより身近に
Microsoftが新たに発表したクラウドサービス「Azure Synapse Analytics」は、BIと機械学習のメリットをより容易に得られるようにする。現在はプレビュー段階にある同サービスの特徴を解説する。(2019/12/13)

企業の基幹系システムをGoogle Cloudに刷新 アクセンチュアが新サービス ふくおかFGのネット銀行にも提供
アクセンチュアが、企業の基幹系システムをGoogle Cloud Platformに刷新する新サービスをスタート。ニーズに応じてGCPのサービス群から最適なものを選定し、オーダーメイドで開発する。ふくおかフィナンシャルグループが2020年度中をめどに開業予定のインターネット専業銀行「みんなの銀行」も同サービスを利用する。(2019/12/12)

AWSと容易に連携できる:
データサイエンティストに優しいフレームワーク「Metaflow」、Netflixがオープンソース化
Netflixは、データサイエンスプロジェクトの構築や管理のフレームワークとして開発、利用してきた「Metaflow」をオープンソース化した。データサイエンティストに余分な負担を掛けずに利用できるよう設計されており、AWSを通じて大規模に展開しやすい。(2019/12/9)

データ激増の時代に備えるストレージ戦略とは
ストレージ管理者必見 数年おきのデータ移行を楽にするには
ストレージを利用するとき意外にも負担が大きいのは、人件費を含めた運用コストだ。この運用コストを削減しつつ、激増するデータに合わせてストレージ容量を拡張するために、企業はどう対処すべきなのか。(2019/12/10)

「Adobe Experience Forum 2019」レポート:
NFLが「データのサイロ化」を解消してファン中心マーケティングを実践するためにやったこと
アメリカンフットボールは米国の国民的スポーツだが、NFLでファン中心のマーケティングを実践する上で大きな課題となっていたのがデータのサイロ化だ。この課題をどう克服したのか。(2019/11/30)

セキュリティログ分析基盤活用入門(2):
セキュリティログ分析基盤の設計ポイント、アーキテクチャはどうあるべきか
セキュリティ業務における「ログ」と、その分析基盤の活用について解説する連載。今回は、ログ分析基盤の設計ポイントを、アーキテクチャの観点から紹介します。(2019/12/3)

2020年にはAWS、Azure、GCPで利用可能に:
データ分析から“過剰コスト”を一掃したい Teradataがクラウド向けの従量課金制度を開始へ
データ分析に“実際に使った分だけ”リソースの料金を支払う――そんな制度を、データ関連サービスを手掛けるTeradataがクラウドユーザー向けに発表した。事前チャージも後払いも可能だという、その仕組みとは。(2019/10/23)

ハイブリッドクラウドに対応した監視収集ツール「Hinemos Monicolle」、NTTデータ先端技術が販売開始
NTTデータ先端技術は、監視収集ツール「Hinemos Monicolle ver.1.0」の販売を開始する。ハイブリッドクラウド環境に対応した12種類の機能を1つのパッケージで提供する。高可用性構成も可能だ。(2019/10/21)

PR:これからの時代に求められるデータ分析基盤「ラムダアーキテクチャ」を「Microsoft Azure」で実現するには?
ビッグデータ分析が注目されて久しいが、現代のビジネス界ではITの進歩に伴い、取得できるデータの量や種類が増大している。そのため企業側も、データ分析基盤のアーキテクチャを見直し、膨大なデータの処理に対応しなければならない。日本マイクロソフトはこのほど開催したセミナーで、これからの時代に適したデータ分析基盤の仕組みとして「ラムダアーキテクチャ」を挙げ、自社のクラウドサービス「Microsoft Azure」を使って構築する方法をレクチャーした。(2019/10/28)

「つらいことはしない」:
番組視聴者数を秒単位で分析 テレビ東京のGCP活用事例
テレビ東京では社内に構築していた視聴データ分析基盤を、Google BigQueryなどを活用して新たに構築し直した。なぜ、GCPを選んだのか。どのように視聴者数をリアルタイムに分析しているのか。テレビ東京でテックリードを務める段野祐一郎氏が語った。(2019/10/8)

Cloudera、統合型データプラットフォーム「Cloudera Data Platform」を提供開始
Clouderaは「Cloudera Data Platform」の提供を開始する。その一環として、ビジネスアナリスト、データサイエンティスト、IT部門と開発者がそれぞれ対象の3つのサービスを新たに提供する。(2019/9/27)

AWS障害、どうすれば回避できた? 冗長性はどこまで? AWSのパートナー企業に聞く
思わぬ大障害に発展し、復旧に時間を要したAWS東京リージョン。その回避方法はあったのか。これからの対応の指針とすべく、AWSの最上位パートナー認定を取得している企業に話を聞いた。(2019/9/12)

AIを顧客体験に生かすAGCOの挑戦
農機大手がAWS「Redshift」「SageMaker」で顧客体験向上 導入時の苦労は?
農業機器大手のAGCOは「Amazon Redshift」「Amazon SageMaker」などのAWSサービスを利用して、AIベースの新しいマーケティングツールと顧客向けポータルの開発を進めている。競合がひしめく市場で勝ち残るためだ。(2019/9/4)

先進的企業はクラウドをどう活用しているか:
PR:GCPの活用を検討すべき理由 精鋭集団「Tech Club」のエキスパートが語る
今や企業の情報インフラにおいてクラウドは重要な選択肢の一つだ。しかし、単にオンプレミスから置き換えただけ、初期導入や運用にかかるコストを減らしただけではクラウドのメリットを引き出しきれていない。企業がコスト削減の「次」に視野に入れるべき、クラウドの活用法にはどのようなものがあるのか。そして、そのためのクラウド選びには、どのような視点が必要なのだろうか。(2019/8/26)

“データ活用の障壁”はこうすれば乗り越えられる:
PR:リアルタイムに「答え」が得られるデータ分析の統合基盤を構築せよ――“DX時代のデータドリブン環境”の作り方
テクノロジーを活用して新たな価値を生み出すデジタルトランスフォーメーション(DX)。その推進は、ビジネスの核となる「データ」をどう扱い、どう活用するかがカギになる。だが、データの重要性を認識していながら、うまく活用できていない企業はいまだに多い。ではなぜデータ活用が進まないのか、何が阻害要因となっているのか――DX時代に求められるデータ活用の在り方と課題解消法を、アナリティクスにおけるデータマネジメント・ソリューション分野のリーディングカンパニーである米テラデータ・コーポレーション(以後テラデータ)のテクニカルプロダクトマネージャ、渡利洋子氏に聞いた。(2019/9/4)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。