ニュース
» 2012年03月22日 11時10分 UPDATE

中国がスマートフォンとタブレットのアクティベーション数で世界一に――Flurry調べ

ユーザー数では米国が依然として中国の2倍でトップだが、新規ユーザー数では2月に中国が米国を抜いて首位に経った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AppleのiOSおよび米GoogleのAndroid搭載のスマートフォンおよびタブレットのアクティベーション数で、中国が米国を抜いて世界一になった。米調査会社のFlurryが3月21日(現地時間)、そのような調査結果を発表した。

 Flurryは独自の分析方法でiOSおよびAndroidのアクティベーション数やアプリのダウンロード数を調査している。

 同社が公開した2011年1月〜2012年3月の米国と中国での毎月のiOSとAndroidのアクティベーション数推移(全アクティベーション数に占める割合で示されている)のグラフを見ると、2011年1月は米国が28%、中国が8%だったのが、2012年2月に逆転し、3月現在には中国が24%、米国が21%になっている。米国はアクティベーション数で世界でトップだったため、2月の段階で中国がトップに立ったことになる。

 flurry 1 米国と中国におけるiOSおよびAndroid端末のアクティベーション数推移(資料:Flurry)

 スマートフォンおよびタブレットのユーザー数では依然として米国がトップで、中国との差は2倍以上だが、今後その差は確実に縮まるとFlurryはみている。

 アプリのセッション数(アプリがダウンロードされ、実際に利用された件数)の増加率でも中国は群を抜いている。2011年と2012年の第1四半期(1〜3月)におけるセッション数を比較したところ、中国は1126%増加しており、2位のアルゼンチンの約2倍だ。

 flurry 2 アプリのセッション数増加率比較(資料:Flurry)

 Flurryの調査では、iOSとAndroidの内訳やアクティベーション数は公開されていない。米調査会社Gartnerによる2011年第4四半期(10〜12月)の世界スマートフォン市場調査では、OS別のシェアトップはAndroidで販売台数は約76万台、2位のiOSは約35万台だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -