レビュー
» 2012年03月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:パスワードだけで本当に安心?情報漏えい対策の第一歩「認証」

ネットワーク上を経由する情報が「盗聴」、「改ざん」、「なりすまし」のリスクに晒されていることは認知されているが、イントラネットやエクストラネットのような利用者の制限されたネットワークにおけるIDとパスワード認証についても同じリスクは存在する。

[PR/ITmedia]

 ネットワーク参加者に対してアクセス制限を行う場合、IDとパスワードを用いた認証が利用されることがある。

「ベーシック認証」、「ダイジェスト認証」、「フォーム認証」などがあるが、それぞれの認証方式は導入が容易な反面、IDやパスワードが窃取されてしまう危険性もある。

 例えば、HTTPセッションを仲介する中間者攻撃(Man-in-the-middle) のような攻撃手法があり、経路途中でIDやパスワードが第三者に漏えいしてしまうようなリスクが存在するが、そのような攻撃に対してはSSLサーバ証明書を用いることが有効だ。また、さらに高いセキュリティレベルを確保するクライアント証明書を用いたサーバへのログイン(SSL認証)もある。

 クライアント証明書を利用した認証方式は、スマートフォンの普及によって外出先からの社内システムへのアクセスへの需要が増えただけでなく、BCP(事業継続計画)のひとつとして利用が検討されるVPNアクセスに用いられるなど、昨今特に注目されている認証方式と言える。

 当資料では、各認証方式の有効な場面と想定されるリスクについてまとめており、認証の場面で必要な対策を段階的に解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -