ニュース
» 2012年03月27日 12時22分 UPDATE

製造・流通向けに業務別ソリューションスイートを提供 日立ソリューションズ

グループで取り扱う70種類の製品をスイート化し、ユーザーが最適なものを選定できるようにしたという。

[ITmedia]

 日立ソリューションズは3月27日、製造・流通業界向けのソリューションスイート「BELINDA」を4月2日から提供すると発表した。同社グループが取り扱う70種類の業務別製品群を体系化しており、ユーザー企業が自社に最適な製品を容易に選択できるという。

 BELINDAではERP・基幹業務やサプライチェーンマネジメント(SCM)、プロダクトライフサイクル管理(PLM)、営業支援/顧客管理(SFA/CRM)、人材管理(HRM)、ビジネス分析/業績管理(BI/EPM)、業種特化の7つのカテゴリーに製品を体系化した。ユーザーが複数のベンダー製品を個別に比較検討する際の負担を軽減できるようにし、自社に最適な製品を迅速に導入できるようになるとしている。

 7カテゴリーの主な製品は以下の通り。同社はBELINDA関連事業での売上を2015年までに約600億円程度に拡大する計画。

  1. ERP・基幹系:SAP Business Suite、Oracle E-Business Suite、GRANDIT、GEMPLANET、MCFrame、Fit-ONEなど23種類
  2. SCM:ForecastPRO、SynCAS、SynPIXなど10種類
  3. PLM:Windchill、PLMconsoleなど6種類
  4. SFA/CRM:Salesforce CRM、Microsoft Dynamics CRMなど5種類
  5. HRM:リシテア、ZeeM人事給与など4種類
  6. BI/EPM:SAP BusinessObjects、Oracle Hyperion Performance Management Applications、Dr.Sum EAなど9種類
  7. 業種特化型:Aptageなど13種類

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -