ニュース
» 2012年06月14日 14時16分 UPDATE

Exadataに最適化したバックアップストレージを発売 日本オラクル

汎用製品に比べてリカバリ時間が約4分の1という「Sun ZFS Backup Appliance」を発表した。

[ITmedia]
tkoracle01.jpg Sun ZFS Backup Appliance

 日本オラクルは6月14日、同社のデータベースマシン製品「Oracle Exadata」向けのデータバックアップストレージ「Sun ZFS Backup Appliance」を発売した。データのリカバリ時間が汎用製品に比べて最大4分の1という高い性能を特徴としている。

 新製品は、Exadataとの連携が事前構成・検証済みのため、短期間で導入できる。1時間当たり最大20テラバイトのデータをバックアップし、最大9.4テラバイトのデータをリカバリする。データの不具合を自動的に発見・診断して復元する機能や、独自のデータ圧縮技術「Hybrid Columnar Compression(HCC)」にも対応する。

 ラインアップは「高パフォーマンス構成」(最小構成価格2228万2619円)と、「高キャパシティ構成」(同1847万8269円)の2種類。将来的にOracle ExalogicやElastic Cloud、SPARC SuperCluster T4-4といったシステムのバックアップストレージとしても利用できるようにするという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -