レビュー
» 2012年07月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:製品信頼性とサポート体制で選ぶSaaS型ウイルス対策

セキュリティ分野でもクラウド活用が進み始めた今、セキュリティの基本ともいえるウイルス対策ソリューションはどういった視点で選ぶべきか?

[PR/ITmedia]

 ウイルス対策は企業におけるセキュリティ対策の中でも基本といえるが、昨今のテクノロジーの進化により、選ぶべき製品・サービスは変わり始めている。昨今のIT活用の大きな変化といえば、「クラウドコンピューティング」の活用だが、グループウェアなどの情報系アプリケーションだけでなく、セキュリティ分野でもその活用は進み始めている。

 これまでのウイルス対策ソリューションの導入といえば、市場自体が成熟しており、それぞれの優位性は甲乙付け難かったことだろう。しかし、クラウドサービスを検討する場合は「運用がどれだけ楽か」「ベンダーのサポートがどれだけ手厚いか」といったことが今まで以上に重要になってくる。本資料ではウイルス対策製品として絶大な人気を誇るトレンドマイクロの「ウイルスバスター」による製品信頼性とともに、「緊急対応ワクチン提供サービス」「オンサイトレスキューサービス」などの手厚いサポートを提供するSaaS型ワンストップウイルス対策ソリューションを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -