ニュース
» 2012年07月09日 17時37分 UPDATE

Felicaでピッ!:日本技芸、出退勤記録サービスrakumoタイムレコーダーの販売開始

Felicaをかざすだけで、簡単・確実・正確に出退勤を記録できる。

[ITmedia]

 日本技芸は7月9日、Google Apps for Business(以下Google Apps)の拡張サービス「rakumoタイムレコーダー」の販売を開始すると発表した。

 rakumoタイムレコーダーは、従来専用機械+紙で行ってきた出退勤の記録管理をWeb上で記録管理できるサービスで、Webブラウザからだけでなく、SuicaカードやおサイフケータイなどのFelicaでも打刻できる

120907rakumoa.jpg rakumoタイムレコーダー

 FelicaリーダーをつなげたPCを1台用意すれば、ユーザーは自らのPCを立ち上げなくてもFelicaをリーダーにかざすだけで打刻できる。Felicaの登録を事前に行っていれば、Google AppsのユーザIDを持っていない外部や臨時の従業員のデータも取得し、勤怠管理を一元的に行える(管理者はGoogle Appsのアカウントが必要)。

 打刻データはGoogle App Engineの高可用オプション(High Replication Datastore)を適用した環境に保存されるため、セキュリティ面でも安心して使用できる。データをCSVで吐き出し、勤怠管理ソフトに取り込むこともできる。

 現在は出退勤データの記録管理のみだが、次バージョンでは、rakumoワークフローとの連携やGPSと連動したモバイル対応も計画しているという。

 月額利用料は、105円(税込)/1アカウント(Google Appsライセンス料除く)。クラウドによるサービス提供の利点を生かし、追加費用や更新作業なしに、継続的なサービスアップデートを受けられる。

関連ホワイトペーパー

Google(グーグル)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ