ニュース
» 2012年07月25日 17時08分 UPDATE

中堅企業のIT投資は増加傾向 IDCのCIO調査

国内企業など約1900社のIT部門トップを対象に、IT投資動向調査をIDC Japanが実施した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは7月25日、国内企業などの情報システム部門トップに向けて行ったIT投資動向調査の結果を発表した。

 同調査は、企業および団体1903社における情報システム部門のCIO(最高情報責任者)またはそれに準ずる担当者を対象に実施。2012年度のIT投資計画について、前年度比で「増加させる」とする企業は15.5%、「減少させる」企業は19.8%だったものの、2011年度実績と比較すると差は縮まっている。従業員100〜999人の中堅企業に限定すると、増加させる企業が25.9%と、減少させる(21.2%)という回答を上回った。

国内企業のIT投資増減傾向 従業員規模別(出典:IDC Japan) 国内企業のIT投資増減傾向 従業員規模別(出典:IDC Japan)

 具体的なIT投資領域に関して、「ビジネス継続性(BCP)」や「災害対策(DR)」といった分野は投資拡大が見込まれる一方で、「ネットワーク/施設/ハードのセキュリティ強化」や「情報漏えい対策」などは減少傾向にある。

IT投資領域(計画)の経年推移(出典:IDC Japan) IT投資領域(計画)の経年推移(出典:IDC Japan)

関連キーワード

CIO | IT投資 | 情報システム部門


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -