ニュース
» 2012年08月15日 12時34分 UPDATE

IBMが統計解析ソフトの最新版、シミュレーション機能を追加

「SPSS Statistics」の新バージョンでは数万回の数値計算から高い精度のシミュレーションが行える機能を新たに搭載した。

[ITmedia]

 日本IBMは8月15日、統計解析ソフトウェア製品の最新版「IBM SPSS Statistics 21.0」を発売した。新たに「モンテカルロ・シミュレーション」と呼ばれるシミュレーション機能を搭載している。

 IBM SPSS Statisticsは、度数分布表や相関分析など30種類以上の分析や予測モデル構築などの機能を備える。新機能は、次々に乱数を発生させて数千回から数万回の数値計算を行うことで近似解を求める「モンテカルロ・シミュレーション」で、グラフィカルな入力画面からシミュレーションに必要なパラメーターを入力して実行させるだけで、結果をグラフに表示できる。

 例えば、広告戦略の立案で広告による売上の期待値などを予測したい場合に、広告がターゲット顧客層に到達する率、広告を見た顧客が実際に製品を購入する率などを考慮しながら、高い精度でこれらをシミュレーションできるという。

 製品価格は一般向けが23万8100円(税別、1ユーザー当たり)から、教育機関向けが9万4900円(同)からとなる。

tkibm01.jpg シミュレーション出力画面のイメージ

関連キーワード

IBM | SPSS | 統計解析ソフト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -