ニュース
» 2012年08月27日 16時23分 UPDATE

クラウド型リモードサポートサービスをバージョンアップ――インターコム

複数ユーザーに同時対応する機能などを新たに提供する。

[ITmedia]

 インターコムは8月27日、クラウド型リモートサポートサービス「LAPLINK ヘルプデスク」の新バージョンを9月3日から提供すると発表した。

 LAPLINK ヘルプデスクは、サポートセンターのPCとヘルプを求めている顧客のPC画面を共有しながら顧客の画面を遠隔操作してアプリケーションやPC上のトラブル問題解決を行う仕組みをクラウドサービスで提供するもの。

 バージョンアップではサポートやメンテナンス中の顧客のPCとの接続を維持しながら、同時にその他の顧客のPCに接続して対応がとれる「マルチセッション機能」を提供。1人のオペレータが3台までの顧客のPCと同時に接続して、顧客のPCを切り替えながら遠隔操作ができる。また顧客側のソフトのダウンロードを管理者権限のないユーザーでもインストールできるようにして対応時間を短縮化できるようにもしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -