ニュース
» 2012年09月11日 14時45分 UPDATE

Google Driveのモバイル版アップデート iOS版でも文書作成・編集が可能に

Googleがクラウドサービス「Google Drive」のiOSとAndroidのクライアントアプリをアップデートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月10日(現地時間)、クラウドストレージサービス「Google Drive」のモバイルクライアントアプリをアップデートしたと発表した。米AppleのiOSアプリのバージョン1.1.0と、Androidアプリのバージョン1.1.4.12が、それぞれのアプリストアからダウンロードできる。

 今回のアップデートで、iOS端末でもGoogleドキュメントの作成と編集ができるようになった(Android版では既にできる)。ファイルを共有する他のユーザーによるドキュメントの編集をリアルタイムで確認することもできる。フォルダの作成、フォルダへのアップロードと移動、Drive上のファイルの削除も可能になった。また、Googleプレゼンテーションの表示機能が向上した。

 drive iOSアプリでもフォルダを作成し、ドキュメントを編集できるようになった

 Android版では、フォルダの作成、フォルダへのアップロードと移動、Googleプレゼンテーションの表示機能向上の他、ドキュメントエディタがピンチ操作でのズームに対応し、コメント作成、フォントの変更、表の作成が可能になった。また、Googleクラウドプリントでのファイル印刷もできる。

 Googleは、近いうちにモバイルアプリでのスプレッドシートの編集やリアルタイム共同編集も可能にする計画としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ