ニュース
» 2012年09月25日 07時30分 UPDATE

三三、Windows 8対応のタブレット名刺管理アプリを発表

Windows 8に対応したタブレットアプリ「Link Knowledge for Windows 8」を三三が提供開始する。

[伏見学,ITmedia]

 名刺管理ソリューションを提供する三三は9月24日、マイクロソフトの新OSであるWindows 8に対応したタブレットアプリケーション「Link Knowledge for Windows 8」を発表した。10月26日から提供を開始する。

「Link Knowledge for Windows 8」のインデックス画面 「Link Knowledge for Windows 8」のインデックス画面

 Link Knowledgeは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスとソフトウェアサービスを組み合わせた法人向けクラウド名刺管理サービス。ユーザーは専用端末で名刺をスキャンし、三三のオペレーションセンターにデータを送信する。サーバに送られたデータはOCR(光学式文字読取装置)で処理され、最終的にオペレーターが名刺情報を手作業で入力してデータベース化する。ユーザーはクラウドサービスを通じて名刺データベースを活用できるという仕組みだ。

 新製品では、名刺データの検索といった従来の機能に加えて、地図情報やメール、ソーシャルメディアといった他サービスとの連携が容易になる。アプリは「Windows Store」からダウンロードできる。タブレット端末に対応することで、「すべての顧客情報、商談情報、営業活動に必要な情報などを持ち歩くことが可能」(同社 寺田親弘社長)になるという。iPadやAndroid端末にも順次対応していく予定だ。

 新製品に併せて、タブレットでの活用に特化したライセンス「Link Knowledge Tablet Edition」を発売する。1ユーザー当たり月額2500円。これまでの直販モデルに加えて、パートナーによる販売を強化し、来月から30社限定でパートナーを募集する。

 Link Knowledgeについて、3年後に売り上げ20億円、3000社への導入を目標としている。

関連キーワード

名刺 | Windows 8 | 三三 | 名刺管理 | Windows Store


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -