ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名刺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名刺」に関する情報が集まったページです。

名刺上のメールアドレスを99.7%の精度で認識 Sansanが独自OCR技術を開発
Sansanが、名刺上の文字データの認識に特化した独自のOCR技術を新たに開発した。名刺上のメールアドレスの読み取り精度は99.7%に上るという。(2020/12/1)

オンライン名刺交換もスムーズに:
Eight、複数の名刺をプロフィールに登録できる機能開始 複業・兼業に対応
Sansanは11月13日、同社が運営する名刺アプリ「Eight」で、複数の名刺をプロフィールに登録できるアップデートを実施した。加速する複業・兼業の流れに対応する。(2020/11/13)

「名刺マスク」がド直球のアピール力で話題に 「マスクで顔を覚えてもらえない!」を力技で解決
取引先に爪あとを残そう。(2020/11/10)

閣僚の名刺や甲子園の土も出品、フリマサイトの薄い線引き
フリーマーケットサイトで近年、甲子園の土や政治家の名刺など、非売品であるはずの物品が頻繁に取引され是非をめぐる議論が活発化している。専門家は「健全なマーケットを維持するという意識を利用者に浸透させることが重要だ」と訴えている。(2020/10/21)

名刺をスマホで撮って申し込み Sansan、セミナー運営を効率化する新ツール
Sansanがビジネスセミナーの運営支援に参入。第1弾として、セミナー運営を効率化するツール「Sansan Seminar Manager」をリリース。企業は登録フォームなどを手早く作成でき、参加者はスマホで撮影した名刺のデータを申し込みに使える。(2020/10/8)

今日のリサーチ:
オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。(2020/10/1)

機会損失の可能性:
現場社員の9割が「オンライン商談だと、顧客データを活用できない」 経営層と認識にズレ
オンライン商談で、顧客データを問題なく管理・活用できている現場社員は10.8%。しかし経営層の46.5%は自社の社員が、それらができていると考えている――名刺管理システムを提供するSansanが、そんな調査結果を発表した。また、新規商談や月間の名刺交換枚数も減少しており、機会損失を懸念する声が上がっている。(2020/10/1)

「名刺交換するマッチョ」から「異世界から召喚されしマッチョ」まで マッチョ専門フリー素材サイト「マッスルプラス」がキレッキレ
運営はマッスルパフォーマンスチーム「筋肉紳士集団ALLOUT」。さすがのクオリティ。(2020/9/8)

名刺SNS「Eight」で情報機関員などの本名が閲覧できる状態に 非公開にする方法は
治安や防衛、情報収集活動に関わる人物の中でも、Sansanの名刺SNS「Eight」を利用している人の一部の所属と本名がGoogle検索で誰でも見られる状態だった。Eightの設定で外部に公開しないよう変更できるため、自分自身の情報を慎重に扱うべきユーザーはいま一度設定を見直すべきだろう。(2020/8/12)

名詞管理ソリューションのSansanとも連携:
Salesforceを利用した業務をRPAで自動化、UiPathが連携ソリューションを提供
UiPathは、Salesforceに対応した複数のソリューションの提供を開始する。Salesforce向け連携ソリューションは商談成約後の請求書発行やレポートの作成などを自動化できる。Sansan向けの名刺連携ソリューションは、Sansanで管理する名刺データをSalesforceと自動連携させる。(2020/8/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。