ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名刺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名刺」に関する情報が集まったページです。

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
新時代の名刺交換だった「Poken」 プロフィール交換の課題と未来を考える
ポーケンと呼ばれた人形ガジェット、覚えていますか?(2021/12/28)

Sansan、メール署名を自動取り込み 新機能「スマート署名取り込み」
 Sansanは12月7日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、メール接点をデータとして蓄積できる新機能「スマート署名取り込み」を追加すると発表した。(2021/12/8)

Sansan、紙の名刺作成サービスを独立化 オンライン名刺との併用ニーズ増で
Sansanが、名刺の作成や発注をオンラインで行えるサービスを、名刺管理サービス「Sansan」から独立したサービスとして提供する。オンライン名刺が普及する一方、紙の名刺を使い続けたり、2つを併用したりする人が多いことを踏まえた施策という。(2021/11/29)

名刺作成サービス「Sansan名刺メーカー」単独利用可能に Google Workspaceにも対応
 Sansanは11月26日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のオプション機能として提供している「Sansan名刺メーカー」を単独サービスとして提供すると発表した。これにより「Sansan」を導入しなくても「Sansan名刺メーカー」の利用が可能となる。(2021/11/27)

「漫画家の名刺代わりに」 集英社、過去作をまとめられるポートフォリオ作成サービスを提供
集英社は18日、漫画家専用のポートフォリオ作成サービス「MangaFolio」(マンガフォリオ)の提供を始めた。さっそくポートフォリオを公開する漫画家が続出している。(2021/11/19)

今日のリサーチ:
「今後も名刺文化は継続する」と6割のビジネスパーソンが回答――Sansan調査
これからの時代、どんな名刺が有効なビジネスツールとなるのでしょうか。(2021/11/19)

コロナ禍でも「名刺が必要」過半数 理由は「正確な情報の入手や提供」
 法人向けクラウド名刺管理サービスを提供するSansanは、ビジネスパーソン1050人を対象に「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を実施した。その結果、名刺を必要とするビジネスパーソンは過半数おり、対面での名刺交換が激減しても名刺の必要性についての意識は若干の減少にとどまっていることが分かった。(2021/11/11)

急成長中のSansanに学ぶ、B2B SaaS開発組織の広げ方 3度の体制変更を経てたどり着いた答え
オンラインで名刺交換できるSaaS「Sansan」。年々売り上げを伸ばす同サービスだが、事業拡大に伴い開発組織も大きくなることから、組織の編成を何度も変えて対応しているという。業績を伸ばすSansanの開発組織は、これまでどのように編成を変えてきたのか。(2021/11/10)

野村総研グループがオンライン名刺を一斉導入 国内18社で「Sansan」活用
野村総合研究所とその国内グループ会社17社が、法人クラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入した。2014年にグループ内の一部部門で利用を始めたところ、口コミによって利用者が増えたことから規模を拡大したという。(2021/10/19)

Sansan、「オンライン名刺」の交換体験を大幅アップデート コロナ禍でオンライン名刺の利用増大
 Sansanは9月2日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、オンライン名刺交換体験の大幅アップデートを行ったと発表した。これにより、オンライン名刺を受け取った相手がフォーム入力により名刺情報を返送することが可能となり、送り返されたオンライン名刺は送信者のsansan上に登録される。(2021/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。