ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名刺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名刺」に関する情報が集まったページです。

野村総研グループがオンライン名刺を一斉導入 国内18社で「Sansan」活用
野村総合研究所とその国内グループ会社17社が、法人クラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入した。2014年にグループ内の一部部門で利用を始めたところ、口コミによって利用者が増えたことから規模を拡大したという。(2021/10/19)

Sansan、「オンライン名刺」の交換体験を大幅アップデート コロナ禍でオンライン名刺の利用増大
 Sansanは9月2日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、オンライン名刺交換体験の大幅アップデートを行ったと発表した。これにより、オンライン名刺を受け取った相手がフォーム入力により名刺情報を返送することが可能となり、送り返されたオンライン名刺は送信者のsansan上に登録される。(2021/9/7)

Sansan調べ:
全国の営業職440人に聞く 名刺交換の機会が減って困ったことは?
Sansanが、全国の営業職として働く会社員440人を対象に、コロナ禍における名刺交換の実態を調査した。(2021/9/2)

自分の顔とその場で合成:
「マスクで顔が分からない」問題をあえて“アナログ”で解決 名古屋の印刷会社がアイデア名刺発売
名古屋市に本社を構える長屋印刷が、顔半分を印刷した「スマイル名刺」のオンライン注文を開始した。(2021/7/21)

経産省、オンライン名刺の「Sansan」を地方支部にも導入
Sansanは、経済産業省の地方支分部局がクラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入したと発表した。同省では2020年7月から本省職員約4000人がSansanを利用。地方支部の職員約1500人と合わせて約5500人がSansanを利用することになる。(2021/7/20)

【決算発表】コロナ禍で成長率鈍化も、「名刺の次」で見据えるSansanの成長ストーリー
クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは7月14日、2021年5月期通期の決算を発表した。新型コロナウイルスの影響を受けながらも粘り強く成長を続けた名刺交換サービス「Sansan」の実績と、クラウド請求書受領サービス「Bill One」の順調な立ち上がりが見られた。(2021/7/15)

くみっきー&黒羽麻璃央、所属事務所の取締役就任に反響 「女性として憧れ」「名刺欲しいです(笑)」
くみっきー「会社と共に自分自身アップグレードしていきたいと思います」。(2021/7/2)

社員が共通のバーチャル背景を使える 名刺アプリ「Eight 企業向けプレミアム」に新機能
Sansan(東京都渋谷区)は6月30日、提供する名利アプリ「Eight」の「Eight 企業向けプレミアム」にて、共有バーチャル背景が作成できる機能を新たに搭載したと発表した。企業や団体などで統一したデザインのバーチャル背景を利用できるようになる。(2021/7/1)

VAIOが設立7周年記念キャンペーンを開始 オリジナル名刺ケースのプレゼントなどを実施
VAIOは、同社設立7周年を記念したキャンペーンを発表した。(2021/7/1)

Sansan、無人名刺受付システム「Smart受付」提供開始 イベント受付の無人化と高速化を実現
Sansanは6月22日より、同社開発の無人名刺受付システム「Smart受付」の提供を開始する。(2021/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。