ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名刺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名刺」に関する情報が集まったページです。

Sansan、紙の名刺作成サービスを開始 1ユーザー当たり年間1500円から
Sansanが法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」で紙の名刺作成サービスを5月末に始めると発表。料金は1ユーザー当たり年間1500円から。(2021/5/10)

オンライン名刺のSansanが、紙の名刺作成サービス開始 なぜ?
クラウド名刺管理サービスを提供する「Sansan」は、5月末から紙の名刺を作成できる「Sansan 名刺メーカー」の提供を開始する。これは、Sansan上で名刺の作成と発注が行えるものだ。(2021/5/10)

富士通グループが「オンライン名刺」導入 社員8万人が「Sansan」活用
富士通グループが、クラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入。約8万人のグループ社員が利用し、データ化した名刺を保管、活用する。提供会社のSanSanが発表した。(2021/4/22)

正確な名刺情報に基づく顧客情報の一元化を支援:
中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名刺情報を簡単に共有し、正確な顧客情報を社内で一元管理・活用できる。(2021/3/5)

財布や名刺入れとして使える iPhone 12向けタフネスケース「Wrapup」がUNiCASEで発売
the150は、iPhone 12シリーズ向けタフネスケース「Wrapup」を発売。撥水ストレッチ素材を採用し、最大でカード10枚、紙幣5枚、コイン20枚、名刺10枚、鍵を収納できる。(2021/1/22)

どこまで許される営業秘密の持ち出し 5G技術情報を持って楽天モバイルへ転職したソフトバンク元社員逮捕
ソフトバンクの5Gなどに関する営業秘密を不正に持ち出したとして、警視庁は楽天モバイルに転職した男を逮捕した。営業秘密を不正に持ち出すのは言語道断だが、前職当時の名刺や取引先との関係などの持ち出しもグレーゾーンだ。(2021/1/15)

神田明神:
”捨てるのにためらう”紙の名刺を奉納 Sansanがオンラインで「名刺納め祭」
Sansanは12月16日、1年間に交換した名刺を奉納する「Sansan名刺納め祭」をオンラインで開催した。オンライン名刺交換を提供するSansanが名刺の奉納を企画する狙いは……(2020/12/17)

名刺上のメールアドレスを99.7%の精度で認識 Sansanが独自OCR技術を開発
Sansanが、名刺上の文字データの認識に特化した独自のOCR技術を新たに開発した。名刺上のメールアドレスの読み取り精度は99.7%に上るという。(2020/12/1)

オンライン名刺交換もスムーズに:
Eight、複数の名刺をプロフィールに登録できる機能開始 複業・兼業に対応
Sansanは11月13日、同社が運営する名刺アプリ「Eight」で、複数の名刺をプロフィールに登録できるアップデートを実施した。加速する複業・兼業の流れに対応する。(2020/11/13)

「名刺マスク」がド直球のアピール力で話題に 「マスクで顔を覚えてもらえない!」を力技で解決
取引先に爪あとを残そう。(2020/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。