ニュース
» 2012年10月25日 14時09分 公開

中小企業向け仮想化新製品を発表 ヴイエムウェア

富士通など3社と協業し、中小企業向けの仮想化製品を新たに販売するとヴイエムウェアが発表した。

[ITmedia]

 ヴイエムウェアは10月25日、NEC、日立製作所、富士通と協業し、中小企業向けに1ソケットサーバ専用の仮想化製品「VMware vSphere」の新ライセンスを提供開始した。

 「VMware vSphere Standard Limitedエディション」として日本でのみ提供。5〜15台規模のサーバ統合を行う企業を対象にする。中小企業の仮想化技術導入をより促進し、ITインフラの効率化や運用管理の負担軽減を実現するという。

 ヴイエムウェアは、中小企業向けのパッケージとして「VMware vSphere Essentials Kit、VMware vSphere Essentials Plus Kit」を提供しているが、これらは2ソケット サーバの3台構成に最適化されたライセンス形態となっている。

関連キーワード

VMware vSphere | SMB


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -