ニュース
» 2012年11月01日 15時45分 UPDATE

富士通がITマネジメント新会社を設立 河合塾との提携も

情報シス部門のITマネジメントを支援する、ITマネジメントパートナーズという事業会社を富士通が設立した。

[ITmedia]

 富士通は11月1日、企業の情報システム部門のITマネジメントを支援する事業会社、ITマネジメントパートナーズを設立したと発表した。サービス面で学校法人河合塾との業務提携も行った。

 新会社は、主に中堅市場の企業を対象にITマネジメントのアウトソーシングサービスを提供、システム開発や運用に関するマネジメント機能の強化を支援する。富士通はこれまで同様のサービスに関して、顧客ごとに個別の合弁企業を設立して事業展開してきたが、ニーズの高まりを受け新会社を設立するに至った。

 加えて、河合塾とITマネジメントパートナーズの活用に関する契約を締結した。両社で具体的な業務範囲などの検討を行い、2013年4月1日に新会社によるITマネジメントサービスを開始する予定だ。

ITマネジメントパートナーズのビジネスモデル ITマネジメントパートナーズのビジネスモデル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -