ニュース
» 2012年11月19日 15時23分 UPDATE

会津大学とネットワン、震災復興支援で連携

東日本大震災からの復興支援として、スマートグリッドやクラウドの情報処理基盤の開発、情報セキュリティ技術者の育成などに取り組む。

[ITmedia]

 会津大学とネットワンシステムズは11月19日、東日本大震災の復興支援を目的とする「連携協力基本協定」を締結したと発表した。スマートグリッドやクラウドの情報処理基盤の開発、情報セキュリティ技術者の人材育成などに取り組むとしている。

 両社の連携ではスマートグリッドにおける電力制御システムや情報処理基盤の構築の共同研究に当たるほか、会津大学が2013年度から整備する予定の「先端ITクラウドセンター(仮称)」において、ネットワンがクラウド基盤構築のノウハウや技術を提供する。

 情報セキュリティ技術者の人材育成では会津大学が産業創出および雇用促進を目的に推進する「会津大学復興支援センター(仮称)」において、両者で世界的に通用する情報セキュリティ人材の育成カリキュラムを作成、実施する計画。学生だけではなく民間にも実施していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ