ニュース
» 2012年12月12日 14時35分 UPDATE

2013年は国家主導のサイバー攻撃が拡大する――カスペルスキー予測

カスペルスキーは、2012年のセキュリティ動向を踏まえての2013年の予測を発表した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のカスペルスキーは12月12日、2012年のセキュリティ動向を踏まえての2013年の脅威予想を発表した。国家が主導するサイバー攻撃や警察組織などによる諜報活動が広がるとの見方を示した。

 国家主導のサイバー攻撃については、同社では2012年にスパイ活動などが目的とみられるマルウェア「Flame」「Gauss」「miniFlame」を発見。特にFlameは、標的から膨大な量の機密情報を収集するための多数のスパイ機能を搭載しながら、長期にわたってセキュリティシステムの検知を回避するなど、5年以上におよぶプロジェクトに用いられていた。

 同社では2013年もスパイ活動や妨害活動を目的にしたプログラムを作成する国家が増えるだろうと予想し、政府組織だけでなく企業や重要インフラ施設にも影響するようになるとみる。

 また2012年には、犯罪捜査の目的で容疑者を監視するためのプログラムを政府が作成、使用することも議論になった。2013年は、目的のモバイルデバイスに対して密かにアクセスして諜報活動を行うなど、個人を監視するために使用が強化されることが懸念され、監視ツールの使用と市民のプライバシーに関する議論が続くだろうと予想する。

 このほか同社は、オンラインサービスでの個人情報保護に対する信頼やモバイルデバイスにおける脅威の高度化と拡大といった動向も注目されるとしている。

関連キーワード

2013年 | サイバー攻撃 | 政府


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -