ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「政府」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「政府」に関する情報が集まったページです。

政府が進める「ドローン革命」、2022年の日本の空はどう変わるか
政府は、積極的に音頭を撮りながらドローンの利活用に関する研究や制度設計が進められている。政府が考える、ドローン活用の未来地図とは。(2020/1/27)

政府、「ソードアート・オンライン」と再びコラボ サイバーセキュリティ月間で
内閣サイバーセキュリティセンターと、アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」がコラボ。登場キャラを起用したポスターを作成する他、イベントも開催する。(2020/1/23)

【日航破綻10年】当時の経営陣は「八百屋の経営もできない」
「当初から会社更生法を適用させるべきだと考えていた」。国土交通副大臣として平成21年10月に政府が立ち上げた日本航空再建対策本部の事務局長に就任し、奔走した辻元清美氏は当時を振り返ってこう語った。(2020/1/22)

QRコード決済、政府の還元施策で利用増 35%→45%に
「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まる前後(10月1日以前と以降)で、QRコード決済は35%から45%に増えたと、MMD研究所が発表。コンビニやスーパーなど身近な買い物でも、キャッシュレス決済が広がっているようだ。(2020/1/20)

米国のHuawei禁輸措置に対抗か
中国“Windows禁止令”でHuawei製「Harmony OS」の開発に弾みがつく?
中国当局は政府機関で使用する「非中国製ソフトウェアを搭載したコンピュータ」を交換するよう命じたという。Huaweiが開発する独自OS「Harmony OS」のプロジェクトにとっては追い風になる可能性がある。(2020/1/18)

イスラエルに学ぶビジネス:
優秀なベンチャー企業育成に成功するイスラエル 政府が果たした役割とは?
1970年代の「超LSI技術研究組合」は大成功し、日本の半導体産業は名実ともに世界のトップとなった。しかしそれに続く「第五世代コンピュータプロジェクト」や「情報大航海プロジェクト」の失敗は記憶に新しい。一方で、イスラエルでは政府が起業家・挑戦者を支援するような枠組みによって、大成功を収めている。この違いはどこにあるのだろうか?(2020/1/17)

格安スマホに悪質マルウェア、米国政府が補助金支給 販売元はWebアクセス不可
米政府の補助金を受けて低所得世帯向けに販売されていた格安スマートフォンに、削除不可能なマルウェアがプリインストールされていた。(2020/1/10)

ユニクロ、無印良品にウイグル問題“飛び火”……人気の「新疆綿」を海外メディアが問題視
中国政府による弾圧が国際社会から批判されているウイグル問題が、日本企業にも飛び火した。欧米のメディアやシンクタンクが、新疆(しんきょう)ウイグル自治区の工場における強制労働の実態を指摘するなか、「新疆綿」を使った製品を販売する企業として、ユニクロや無印良品などを名指ししている。(2020/1/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
2020年に発行か? 中国が「デジタル人民元」に抱く、危険な野望
中国政府が2020年にも発行するのではないかと言われる「デジタル人民元」。中国が見据えるのは、米国中心のドル覇権の崩壊。デジタル人民元が広まれば、中国が世界のお金の流れを思うがままに管理するかもしれない。日本にも大きな脅威が迫っている。(2020/1/9)

副業の普及を阻む企業の“壁” 殻を破れない日本人の事情とは
政府が働き方改革で推進している副業。東京・丸の内のオフィス街で、副業のマッチングサービスの実証実験が行われるなど、注目が高まっている。ただ、多くの企業、ビジネスパーソンが副業に踏み切れない“壁”が存在する。(2020/1/7)

米政府のWebサイトが改ざん被害 トランプ大統領の加工画像などが掲載される
米国土安全保障省は、イランのサイバー攻撃によって重要インフラの混乱などが予想されると警告し、対策を促している。(2020/1/7)

高齢者の3割がキャッシュレス決済利用 政府の還元制度は「分からない」9割
高齢者の約3割がキャッシュレス決済を利用しており、そのうち半数がクレジットカードで決済していることが、モズエンタープライズの調査結果で分かった。QRコード決済などを利用する人は1割にとどまった。(2019/12/27)

Huawei、中国政府から特別な経済的支援を受けているというWSJの記事に反論
Huaweiへの中国政府による資金援助が累計で最愛750億ドルになるというWall Street Journalの記事は虚偽だとしてHuaweiが反論し、同メディアの提訴を検討してるとツイートした。(2019/12/27)

量子コンピュータ、国内業界に外資の参入が相次ぐ理由――後押しする日本政府の「10年目標」とは?
2019年末、日本に外資系量子コンピュータ事業の参入が相次いだ。既にNECや富士通といった国内企業も取り組む量子コンピュータだが、GoogleやIBMといった国外の大手に比べれば遅れがちな点は否めない。背景で投資を加速する日本政府の掲げる「目標」とは。(2019/12/27)

「AI」の信頼性と透明性の確保に向けて【後編】
企業による「AI」のガバナンスはどこまで有効か
AI技術の透明性は重要な課題だ。対策は企業の自主規制に任せるべきだという意見もあるが、政府が介入すべきだという声も根強くある。(2019/12/25)

「ToTok」はUAE政府のスパイツールだった? GoogleとAppleが提供中止
中東を中心に人気のメッセージングアプリ「ToTok」について、New York Timesが「実態はスパイツールだった」と報じている。(2019/12/24)

2020年度予算案、自動運転の研究開発に50億円計上
政府は2020年度予算案に、自動走行技術の社会実装に向けた研究開発費として50億円を計上した。人材不足の解消や生産性向上につながる自動走行の実証実験などを促す。(2019/12/24)

政府のキャッシュレス還元が功奏 7割でキャッシュレス頻度増加
電通が行った調査で、10月以降、生活者の7割でキャッシュレス決済の頻度が増えたことが分かった。その理由として、「政府のキャッシュレス還元施策を受けたいから」が最も多く、しっかりと効果を上げている。(2019/12/19)

政府の還元施策で、キャッシュレス決済の利用者は増えたのか? 電通が調査結果を発表
政府が10月からキャッシュレス決済のポイント還元施策を始めてから、消費者の決済方法はどう変わったのか。電通が500人を対象に調査した結果を発表した。71.0%が「キャッシュレス決済の頻度が増えた」と回答した。(2019/12/19)

韓国人観光客減でも影響限定的 現場はすでに欧米などにシフト
観光庁は18日、韓国からの訪日客が7月以降、5カ月連続で減少したと発表した。日韓関係改善が見通せないなか、今後も減少が続く可能性が高く、政府が掲げる観光客数目標に悪影響を及ぼすのは確実だ。ただ……。(2019/12/19)

政府の巨大IT企業規制案、技術革新とのバランスが課題か
政府は巨大IT企業への規制を検討しているが、規制を強めると技術革新を阻害する可能性もあるため、バランスに配慮する必要がある。(2019/12/19)

自動ブレーキ義務化、自動車メーカーは「対応には困らない」
政府は2021年以降に発売される新車に自動ブレーキを搭載するよう義務付蹴る方針を示したが、大手自動車メーカーはすでに対応しており商品計画に大きな影響はないという。(2019/12/19)

湯之上隆のナノフォーカス(20):
中国は先端DRAMを製造できるか? 生殺与奪権を握る米国政府
2019年11月から12月にかけて、中国のメモリ業界に関して、驚くようなニュースが立て続けに報じられている。筆者が驚いた3つのニュース(事件と言ってもよいのではないか)を分析し、今後、中国が先端ロジック半導体や先端DRAMを製造できるか考察してみたい。(2019/12/19)

GAFAなど巨大IT企業に取引の報告義務化 新法案骨格まとまる
政府は巨大IT企業を規制する新法案「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案」の骨格を取りまとめ、取引の状況を定期的に政府に報告するよう義務付ける方針を示した。個人情報保護法の改正や独占禁止法の適用範囲の明確化なども行う。(2019/12/18)

KAMIYAMA Report:
先進各国の財政・金融政策への期待
政府は、大型の経済対策(事業規模26兆円程度、財政支出13.2兆円程度)を閣議決定した。景気の下振れリスクに先手を打ち、成長分野への投資や自然災害への対応などを柱とし、関連費用は19年度補正予算と20年度当初予算に分けて計上されるという。予算案が実現する可能性は高そうだ。(2019/12/18)

ソーラーシェアリング入門(22):
FIT抜本改革で激変する太陽光発電市場、ソーラーシェアリングの扱いはどうなるのか?
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は、政府が進めている「FIT制度の抜本改革」の議論の中で見えてきた、ソーラーシェアリングの取り扱いの方向性について解説します。(2019/12/16)

健康・医療の「ムーンショット型」研究開発に100億円程度 元年度補正に前倒しへ
政府が近く閣議決定する令和元年度補正予算案で、健康・医療分野の「ムーンショット型」の研究開発などに100億円程度を計上する方向で調整していることが11日、分かった。(2019/12/12)

米海軍のERP移行事例【後編】
AWS障害やデータ漏えい事件があっても、米国防総省がクラウドを信頼する訳
米国海軍のERPシステムを政府専用サービス「AWS GovCloud」に移行したプロジェクトは、簡単な道のりではなかった。成功のヒントは緻密なプロジェクトマネジメントにあった。(2019/12/12)

AI・5G促進に補正予算1兆円計上へ 「デジタル・ニューディール」でICT化や技術開発を強化
政府は、2019年度補正予算案にAIや5G通信規格の導入を進めるための関連予算として9550億円超を計上する方針を固めた。(2019/12/11)

補正1兆円計上へ「デジタル・ニューディール」でAI・5G促進
政府は9日、近く閣議決定する令和元年度補正予算案に、人工知能(AI)や次世代通信規格「5G」の導入を進め、経済成長を目指す「デジタル・ニューディール」の関連予算として9550億円超を計上する方針を固めた。(2019/12/10)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
中国という国の、購買力と開発力の“底力”
政府は分かっているのでしょうか。(2019/12/10)

「ながら運転」の罰則強化など政府も本腰:
高齢者の自動車暴走事故はなぜ起きるのか ボルボの「世界的第一人者」に聞いた
池袋の自動車暴走事故から7カ月あまり。政府も「ながら運転」の罰則を強化など自動車事故への対策に本腰を入れている状況だ。高齢者の自動車事故はなぜ起きるのだろうか。ボルボで「Mr.セーフティ」と呼ばれてきたセーフティ部門の責任者ヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏にインタビューした。(2019/12/11)

個人情報保護委、“リクナビの内定辞退率”利用企業に行政指導 トヨタ、京セラなど35社
政府の個人情報保護委員会が、リクナビの内定辞退率予測を利用していた35社に行政指導。提供元のリクルートキャリアには2度目の指導・勧告も出した。(2019/12/4)

Googleに解雇された4人の元従業員が政府機関にGoogleを不当労働慣行で訴え
Googleで従業員の組織化を進め、解雇された4人の元従業員が、これは不当な労働慣行だとして全米労働関係委員会(NLRB)にGoogleを訴えた。(2019/12/4)

“いま”が分かるビジネス塾:
日米貿易協定は“不平等条約”か――安倍政権が国民に隠す「真の欺瞞」
牛・豚肉などが焦点だった日米貿易協定。自動車の追加関税も「回避」となったがそこにはカラクリが。政府が隠そうとした協定の“欺瞞”を筆者は指摘。(2019/12/3)

キャッシュレスポイント還元、予想以上の利用で1500億円の予算追加へ
政府は2019年度補正予算案に、キャッシュレス決済に伴うポイント還元制度に関する歳出を約1500億円追加する方針を固めた。予想以上に制度の活用が進み、原資が年度末に不足する恐れがあるため。(2019/12/2)

政府、SNS各社にフェイクニュース対策を要望 政府の介入は「極めて慎重であるべき」と自制
総務省は、インターネット上のフェイクニュース対策のため、プラットフォーマーの自主的な取り組みを促す方向性を示した。表現の自由を萎縮させる懸念があるため、政府の介入には慎重な姿勢を見せた。(2019/12/2)

「ながら運転」検出AIカメラ、オーストラリア州政府が導入
オーストラリアのニューサウスウェールズ州政府が、AIカメラによる「ながら運転」検出を12月1日から開始した。州内の道路に設置したカメラでながら運転ドライバーを検出する。それを人間の担当者が確認した後警告し、猶予期間後の再犯で罰金と減点を科す。(2019/12/2)

米海軍のERP移行事例【前編】
米海軍が政府向けAWS「AWS GovCloud」に「SAP ERP」を移行した理由
米海軍は「SAP ERP」をはじめとする26個のシステムを、AWSの政府専用サービス「AWS GovCloud」に移行した。その理由とは何か。移行によってどのようなメリットが得られたのか。(2019/12/2)

米司法省、イーサリアムの研究員を逮捕 北朝鮮へのブロックチェーン関連情報提供で
Etherium財団のリサーチサイエンティストが北朝鮮に暗号通貨とブロックチェーンに関する技術を提供したとして米司法省に逮捕された。米政府の国際緊急経済権限法(IEEPA)違反で有罪になれば、最高20年の懲役が科される。(2019/12/1)

75歳以上医療費2割負担へ〜若い世代も他人ごとではない“厳しい将来”
やがて受給者となる若い人も高齢者と一緒になって政府と対峙する。(2019/11/30)

TikTok、中国非難動画を投稿した米少女のアカウント削除はミスだったとし、謝罪して復活
動画共有アプリTikTokが、中国政府を非難する動画を投稿した17歳の少女のアカウントを停止した件につき、「人為的ミスだった」としてアカウントを復活させた。少女は「ミスだとは信じられない」とツイートした。(2019/11/28)

自民党、政府に5Gや自動ブレーキの普及促進を要求
 自民党は、令和元年度補正予算案に盛り込む経済対策の要望を政府に提出した。重点項目として、5G移動通信システムや自動ブレーキ搭載車の普及促進などを求めた。(2019/11/28)

ティム・バーナーズ=リー氏、Webの“誤用”を阻止する「Contract for Web」発表 Google、Facebookらがサポート
“Webの父”、サー・ティム・バーナーズ=リー氏が、政府や企業によるWebの誤用を阻止するための「Contract for Web」を発表した。9原則から成るこの契約の作成には、GoogleやMicrosoftが協力し、FacebookやTwitterもサポーターに名を連ねる。(2019/11/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「3年で30万人」は絵空事か 就職氷河期世代の雇用対策に欠けた、深刻な視点
兵庫県宝塚市が実施した、就職氷河期世代対象の正規職員採用では、1635人が受験して4人が合格した。政府はこの世代を「3年で30万人」正規雇用することを掲げるが、どうやってそんなにも多くの人を救えるのか。最大の問題は低収入による“リソースの欠損”だ。(2019/11/22)

政府、学校に1人1台PC導入を検討 「配るだけではいけない」
西村康稔経済再生担当相は政府が進めている経済対策について、学校のICT環境を急いで整えるべきだという方針を述べ、単にPCを配るだけでは活用されないとして、教育人材の確保なども含めて議論を詰めているとした。(2019/11/20)

変化する「個人情報」の捉え方:
GAFAへの反乱? 自ら「個人情報」を企業に差し出す人たち
巨大プラットフォーマーによる個人情報収集が問題化している。サービスがパーソナライズされて便利になる一方、パーソナルデータを抜き取られる現状に疑問を持つ人も多い。政府を中心に、制度構築の機運も高まっているが、まだまだ具体策は見えない。そんな中、抜き取られるだけではなく、自ら企業に情報を提供する流れが出てきた。(2019/11/15)

5G開発に税制優遇 自民経済成長本部が政府に要望 米のHuawei排除を懸念
自民党経済成長戦略本部が政府に、5G通信に対応する製品の開発へ投資を促すための税制制度や学校のICT環境整備を要望した。(2019/11/15)

5000人が対象
Microsoftがインド政府職員の「AI」スキル向上のためにやっていること
Microsoft Indiaはインド政府と提携し、同政府職員向けにAI技術やデータガバナンス、クラウドに関する新たなトレーニングプログラムを始動する。その中身とは。(2019/11/14)

政府、GAFA 4社から聴取〜データ独占規制は“いたちごっこ”の様相も
データを持っているところが勝ち組になる可能性が高い。(2019/11/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。