ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「政府」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「政府」に関する情報が集まったページです。

中堅企業の在宅勤務に関する調査レポート:
PR:在宅勤務の業務効率を上げるには? 最新の調査レポートから考える
新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、2020年7月に政府から在宅勤務を含むテレワークで働く社員の割合を7割まで高めるよう要請が出された。従業員100〜1000人規模の中堅企業の在宅勤務の導入は進んでいるのか、2020年12月にその実施状況について実態調査した結果、在宅勤務の導入が十分に進んでいない、または課題を抱えながら実施している現状が浮き彫りになった。(2021/1/22)

あしたのチーム調べ:
テレワーク「定着しない」が4割 否定的な意見が半年前から増えた理由とは?
緊急事態宣言が発出され、自治体や政府が出社を控えるよう呼び掛けているが、働く人々はテレワークが定着すると考えているのだろうか。(2021/1/25)

首相官邸の公式ページにコロナワクチンの特設サイト Twitterの公式アカウントも開設
政府が首相官邸の公式ページにコロナワクチンの情報をまとめた特設ページを開設。Twitterにも公式アカウントを開設し、国民へのワクチンに関する情報発信を強化する。(2021/1/22)

政府、「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボ サイバーセキュリティ月間で
内閣サイバーセキュリティセンターが、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボレーションする。(2021/1/22)

テレワーク、時差、マイカー通勤……大阪の自治体 出勤者7割削減に苦慮
新型コロナウイルス感染拡大を受けて政府が出勤者の7割削減を求める中、大阪府内の自治体では、テレワークなどを駆使して接触機会の低減に努めている。一方、PCの配備や個人情報の取り扱いなど解決すべき課題も多く、試行錯誤が続きそうだ。(2021/1/22)

新生米連邦政府公式Webサイト、ダークモードと文字サイズ拡大ボタン追加
ジョー・バイデン新大統領の就任に合わせ、米連邦政府の公式Webサイトも刷新された。アクセシビリティに配慮するダークモードと文字サイズ拡大のためのボタンが追加された。(2021/1/21)

Braveが非中央集権Webをブラウズする「IPFS」をサポート 政府で禁じられたサイトへもアクセス可能に
P2P分散ファイルプロトコルを導入する意味はどこにあるのか。(2021/1/21)

政府は負けを認め、反省の上にDXを一気に進める。民間企業はどうか――平井デジタル相が目指すもの
行政のDX推進を目指すデジタル庁設立の構想やそれに向けた法改正が急がれる中、デジタル改革担当相の平井卓也氏が目指す「日本のDX」はどういったものだろうか。話を聞いた。(2021/1/21)

ISMAP対応へ、Citrixが日本向けクラウド「Citrix Cloud Japan」の提供を開始
シトリックスは、日本国内の専用環境で提供するクラウドサービス「Citrix Cloud Japan」を開始した。政府の情報セキュリティ基準「ISMAP」準拠を見据えた高セキュリティ、高可用性を備える。併せて、同クラウド上で利用できる仮想化アプリケーション/デスクトップのSaaSサービスも提供する。(2021/1/20)

合併ありきの再編論にクギ 地銀トップが語る生き残り策
 「合併だけで良くなると思えない」。地方銀行のトップらはこう口をそろえ、強まる再編圧力にくぎを刺す。菅義偉首相が「数が多すぎる」と指摘、政府や日本銀行は経営統合を促すが、多くの地銀は単独での生き残りを模索する。新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥る中小企業や飲食事業者から地銀に資金繰り支援を求める声が高まっており、「地域金融機関の正念場」と存在感を高めることも狙う。地銀を取り巻く環境や今後の展望を関西地銀のトップ4人に聞いた。(岡本祐大)(2021/1/19)

香港、国安法でネット初封鎖 政府批判、さらに困難に
香港国家安全維持法に違反する可能性があるとして、香港の民主化運動を支援するWebサイトが遮断された。同法に基づくインターネット規制が明らかになったのは初めて。香港の民主化活動家は「政府批判は全くできなくなるだろう」と懸念している。(2021/1/19)

製造マネジメントニュース:
経産省、デジタルトランスフォーメーション加速のための検討結果を公表
経済産業省は、デジタルトランスフォーメーションを加速するために国内企業が取るべきアクションと政府の対応策を検討した中間報告書『DXレポート2(中間取りまとめ)』を公表した。(2021/1/19)

マイナンバーカード交付最多 昨年、前年の3.8倍 目標とは開き
 令和2年のマイナンバーカードの交付枚数が、前年の約3.8倍の1184万7315枚となり、1年間の交付枚数としては過去最多となったことが17日、分かった。新型コロナウイルス対策で実施した10万円の特別定額給付金の申請目的や政府のマイナポイント事業で増えたためとみられる。ただ、普及率はまだ24%で「令和4年度末までにほとんどの国民に普及させる」という政府目標とは大きな開きがある。(2021/1/18)

「デジタル改革法案」概要を提示 マイナンバーと口座ひも付け
政府が「デジタル改革関連法案」の概要を示した。本人の同意を前提にマイナンバーと個人の預貯金口座をひも付けし、申請手続きを簡素化して早く配れるようにすることなどが柱。デジタル庁を司令塔に行政サービスの抜本的な向上を図る。(2021/1/18)

初の週末:
商店街、小売店、レストランはどう? 緊急事態宣言後の大阪市内
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が緊急事態宣言の発令対象に大阪など7府県を追加後、初の週末を16日、迎えた。(2021/1/17)

根本的な問題:
民間病院が「コロナ受け入れ」動かないワケ
政府は新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の対象を11都府県に拡大した。日本医師会は「医療崩壊から医療壊滅になる」と危機感を示すが、コロナ患者を受け入れる民間病院は依然少ない。なぜ動かないのか。(2021/1/14)

公務員のテレワーク進まず 住民との窓口多く対応に苦慮
政府の緊急事態宣言では、出勤者を7割削減するという目標も盛り込まれた。しかし、自治体の公務員が十分にテレワークができていない実態がある。出勤が不可欠な業務がある一方で、環境整備の遅れや意識の低さを指摘する声もある。(2021/1/14)

auの新料金プラン、1月13日に発表へ
KDDIが1月13日に「au新料金発表会」を開催する。政府の要請を受けて、ドコモとソフトバンクは月額2980円の20GBプランを発表。残るKDDIの発表が待たれる状況だった。(2021/1/12)

オリコン調べ:
2度目の緊急事態宣言でコナミやエニタイムの対応に差 通常通り営業を続けるチェーンも
政府が1都3県を対象に再発出した緊急事態宣言。前回の緊急事態宣言では、各スポーツクラブが臨時休業や営業自粛の対応をとったが今回は各社で差が出ているようだ。(2021/1/12)

環境整備の遅れ:
公務員のテレワーク進まず 窓口対応に苦慮
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が東京や埼玉など4都県を対象に出した緊急事態宣言では、テレワークで出勤者を7割削減するという目標も盛り込まれた。多くの企業が出勤自粛を進める見通しだが、自粛を呼びかける側である自治体の公務員が十分にテレワークができていない実態がある。(2021/1/12)

与野党から強い反発:
緊急事態宣言も一転「ザル入国」続行 世界11カ国・地域とのビジネス往来
政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令を決めたが、中国や韓国など11カ国・地域との間で合意しているビジネス関係者の往来については、継続する方向で調整に入った。(2021/1/8)

出前館と千葉市が連携、市内の送料無料に 緊急事態宣言受け外出自粛促す
出前館が、千葉県千葉市と連携し、期間限定で商品の配送料を無料にする取り組みを行うと発表した。政府の緊急事態宣言を受け、市民の外出自粛を促すためとしている。(2021/1/8)

動く実物大ガンダムも時短営業 緊急事態宣言受け 一部で払い戻し対応も
横浜の“動く実物大ガンダム”を運営するEvolving Gは、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言発令を受け、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の営業時間を1時間短縮する。(2021/1/8)

「出勤者数7割減」容易でなく テレワーク実施率は低下傾向 
政府が発令を決定した緊急事態宣言では、在宅勤務などのテレワークの積極的な実施も呼び掛けられた。昨年4月の緊急事態宣言では、急遽、テレワークを導入したことで戸惑いもみられたが、今では新たな働き方として定着している企業も多く、労働環境の改善も進む。ただ、実施率は低下傾向にあって……。(2021/1/8)

ビックカメラ、ヤマダ電機ら家電量販店が時短営業へ 緊急事態宣言受け
ビックカメラグループとヤマダホールディングスが、政府の緊急事態宣言に対応し、8日から当面の間、対象地域にある店舗の営業時間を午後8時までに短縮すると発表した。(2021/1/7)

政府、機密や技術守る資格創設へ 研究成果の海外流出を防ぐ
政府が、先端技術の海外流出防止などを目的として、機密や技術情報の取り扱いに関する資格の創設を年度内にも具体化させる方針を示した。(2021/1/7)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの年頭所感 激変する通信業界でどう攻める?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの社長が2021年の年頭所感を発表した。生活環境が一変した2020年には、5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスがスタートした一方で、政府の強い要請によって各キャリアは料金値下げも敢行。こうした大きな動きの中、各キャリアはどのような戦略で2021年に通信サービスを展開していくのか。(2021/1/5)

マイナンバーカード、携帯ショップでも申請 政府検討 休日対応で普及促す
政府がマイナンバーカードの普及促進に向け、携帯電話のショップでも申請手続きができるようにする方向で検討していることが分かった。休日も営業している携帯ショップを活用すれば申請がしやすくなる。早ければ2021年度中の実現を目指す。(2021/1/5)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【中編】
病院はランサムウェアとの戦いに備えるべし 専門家推奨の「重要な対策」とは
米国連邦政府は医療機関を狙うランサムウェア攻撃の激化に警鐘を鳴らす。米国の医療機関はどのような対策を講じればよいのか。具体例を交えて専門家の見解を紹介する。(2021/1/5)

TechTarget発 世界のITニュース
NSAがVMware製品の脆弱性に注意喚起 「Workspace One Access」などに影響
NSAは、攻撃者が「Workspace One Access」をはじめとするVMware製品の脆弱性を悪用していると報告した。VMwareは既にパッチを公開しており、NSAは政府機関に早急適用を勧告した。(2021/1/5)

名言で振り返る、2020年のモバイル業界 楽天モバイルから5G、料金値下げまで
2020年のモバイル業界は「激動」と呼ぶにふさわしい1年でした。5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスが始まり、NTTによるドコモの完全子会社化や政府の強い要請による携帯料金値下げもありました。2020年を振り返る特別企画として、主要なトピックでキーパーソンが発した言葉を振り返っていきます。(2021/1/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガソリン車禁止の真実(考察編)
「ファクト編」では、政府発表では、そもそも官邸や省庁は一度も「ガソリン車禁止」とは言っていないことを検証した。公的な発表が何もない。にも関わらず、あたかも30年にガソリン車が禁止になるかのような話が、あれだけ世間を賑わしたのはなぜか? それは経産省と環境省の一部が、意図的な観測気球を飛ばし、不勉強なメディアとEVを崇拝するEVファンが、世界の潮流だなんだと都合の良いように言説を振りまいたからだ。(2021/1/2)

石野純也のMobile Eye:
政府主導で進んだ料金値下げ/静かな船出も普及の兆しを見せた5G――2020年のモバイル業界を総括
コロナ以上にモバイル業界を振り回したのが、政府主導の「官製値下げ」だ。2020年は1年を通じて料金が話題を集めた。3月にMNOが3社そろって5Gのサービスを開始したのも、モバイル業界にとって大きな転換点だった。AndroidのミドルレンジモデルやiPhone 12シリーズの登場を機に、普及の勢いに弾みをつけている。(2020/12/30)

2020年BUILT年間記事ランキング:
各社のコロナ対策やフルハーネスの法令動向、作業効率を高める製品が関心を集める
2020年は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、政府が2020年4月に緊急事態宣言を発令し、不要不急の外出を避けることを推奨した結果、各社で在宅勤務が急速に普及しました。建設業界の方々にとっては、テレワークの導入やテレビ会議システムの活用、現場の遠隔監視を実現するソリューションの採用など、従業員が新型コロナウイルスに感染しないための手法について考えさせられた1年になったのではないでしょうか。そんな中、BUILTで2020年に公開された記事の中から、1年間の閲覧ランキングトップ10を紹介します。(2020/12/30)

価格は165万円から トヨタ自動車、2人乗り小型EV「シーポッド」発表 政府方針「脱ガソリン2030」に向けて法人・自治体に先行販売
個人向けの販売は2022年を予定しています。(2020/12/28)

大容量ボトル:
焼酎「大五郎」販売休止 消毒用アルコールに転用、政府の要請で
アサヒグループが、焼酎「大五郎」大容量ボトルの販売を休止。政府から消毒用アルコールに転用するよう要請があったため、という。(2020/12/28)

焼酎「大五郎」休売 消毒用アルコール転用 コロナ拡大で政府が要請
焼酎「大五郎」が販売休止。コロナ拡大を受け、原料用アルコールの一部を消毒用に転用するよう政府から要請があったため。(2020/12/28)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【前編】
病院がコロナ対策の次に「ランサムウェア」対策を真剣に考えるべき理由
米国連邦政府の各機関は、今後ランサムウェア攻撃が急増する懸念があると、医療機関のCIOに警鐘を鳴らしている。サイバーセキュリティ専門家が予想する脅威とは。(2020/12/28)

「脱ハンコ」推進と電子署名の活用促進の動き
菅政権が成立した直後から、行政手続における押印を原則廃止する見直しが、河野行政改革担当大臣を中心に迅速に進められた。これまでの「脱ハンコ」をめぐる政府の対応の経緯についてまとめたい。(2020/12/28)

救世主:
”条件外の人”でも運命を感じた! 政府支援の「AI婚活」、その実力は?
「彼氏や彼女がいない人が増えている。若者の間で草食化が進んでいる」――。このような声が広がるなか、AIやビッグデータを活用して、政府は婚活支援事業に取り組むという。すでにAIマッチングを導入している自治体では、どのような”結果”が出ているのだろうか。取材したところ……。(2020/12/26)

Microsoft Focus:
「2021年に向けて、試合はまだ始まったばかりだ」 AWSが先行する政府向けクラウド市場で、MSが狙う逆転
2021年度に向けて、日本マイクロソフトが二大注力事業の一つに位置付けたのが政府や自治体向け事業だ。政府が「クラウド・バイ・デフォルト」原則を掲げる中、クラウドへのニーズや注目度が全国の自治体を含めて加速することは必至だ。ただし、2020年には総務省の「第二期政府共通プラットフォーム」をAWSが受注した。激しい競争にMSはどう挑むのか。(2020/12/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ソフトバンクも追随、価格破壊「20Gバイト月2980円」の携帯業界ウラ事情
これまで国民・政府が求めてきた「携帯料金の値下げ」に、大手キャリアが舵を切り始めた。ドコモに続き、ソフトバンクも月額2980円で20Gバイトという価格設定を打ち出してきた。実は、ドコモがahamoのような価格破壊的な料金プランを発表する直前に、予備運動らしき行動を取っていたことをご存知だろうか。(2020/12/25)

QRコード決済市場規模、1兆8369億円に急伸 24年には10兆円超
矢野経済研究所は12月24日、国内QRコード決済市場の調査結果を発表した。2019年度は、市場が本格的に立ち上がり、加盟店手数料無料化や大型キャンペーン、政府のキャッシュレス還元などの結果、取り扱いベースで1兆8369億円と推計した。(2020/12/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
大手企業が次々と被害に ソーラーウィンズから連鎖した「サプライチェーン攻撃」の脅威
米国のIT企業、ソーラーウィンズへの大規模サイバー攻撃が話題になっている。同社の製品を導入した大手企業や政府機関が被害に遭い、情報を盗まれた。サプライチェーン攻撃は、いつ自分たちも被害を受けるか分からないという認識でいることが必要だ。(2020/12/24)

背景と今後の課題:
70歳定年「歓迎できない」過半数、その理由は?
労働力不足などの問題から、政府が推進している「70歳雇用」だが、「戸惑い・困惑を感じる」という声も少なくない。段階的に定年を引き上げながら、賃金水準を緩やかに調整するなどの対応が求められそうだ。(2020/12/24)

“ガソリン車禁止”にトヨタ自動車・豊田章男社長反旗の狙い 識者「政府に具体的プランの提示求めたのでは」
日本自動車工業会の豊田章男会長は、2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指す政府目標に関し「エネルギー政策の大変革なしにはできない」と述べた。HVの普及率や雇用などの実情についても考慮した上で議論を進めるべきだと指摘した。(2020/12/23)

政府、IT人材確保に不安 デジタル化へ山積する課題 菅政権の主導力問われる
菅義偉政権が看板政策の一つとして掲げる社会のデジタル化を巡り、課題が浮かび上がっている。政府はデジタル庁の基本方針を決定し出遅れの解消を狙っているが、デジタル化を主導するだけの人材を確保できるかにも不安がつきまとう。(2020/12/23)

政府の「V-RESAS」、1日の人出増減率を表示する機能 年末年始の人出確認に
新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響のデータをまとめたWebサイト「V-RESAS」で、午後3時時点の流動人口データを当日の午後9時に確認できるようになる。(2020/12/22)

IT基礎英語:
米政府機関の“cyber breach”被害、破られたのは何?
日本では「サイバー攻撃」「ハッキング」などと報道されているが、実際のところ、breachとは具体的に何だったのか。(2020/12/21)

GoogleのFitbit買収をEUが条件付きで承認 残るは豪政府当局の承認
Googleが昨年11月に発表したウェアラブル企業Fitbitの買収を、EUの欧州委員会が条件付きで承認した。FitbitのユーザーデータをGoogleのターゲティング広告に流用しないなどの確約(コミットメント)にGoogleが同意したため。(2020/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。