ニュース
» 2012年12月18日 07時14分 UPDATE

Samsung製プロセッサ搭載端末に脆弱性情報、Galaxyシリーズなどに影響か

Exynosプロセッサ搭載端末にroot権限取得につながる脆弱性が報告された。スマートフォンやタブレットをはじめ、多数の端末に採用されている。

[鈴木聖子,ITmedia]
exynos1218.jpg root化されたExynos搭載端末(XDA Developersより)

 韓国SamsungのARMプロセッサ「Exynos」を搭載した端末に、root権限を取得される恐れのある脆弱性が報告された。同プロセッサはサムスンのスマートフォンやタブレットをはじめ、多数の端末に採用されている。

 脆弱性は、開発者フォーラムXDA Developersのユーザーが報告した。XDAに掲載された情報によると、Exynos 4412と4210のカーネルに脆弱性があり、同プロセッサを搭載した「Samsung Galaxy Tab 7.0 Plus」「Samsung Galaxy Tab 7.7」「Galaxy S II」「Samsung Galaxy Note II」などの端末や、中国Meizuの「Meizu MX」などの端末が影響を受けるという。

 この脆弱性は、Play Storeからインストールしたアプリケーションを通じて悪用される恐れがあるとされ、メモリダンプやカーネルコード挿入などの危険が指摘されている。

 XDAの別のユーザーは、この脆弱性を突いてroot権限を取得できることを実証したアプリケーションも公開している。

関連キーワード

Samsung | 脆弱性 | Samsung Galaxy | ルート権限


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -