レビュー
» 2012年12月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウドERPで「Two-tier ERP」を実現するためのキーポイント

グローバル企業にとって理想のERP運用形態ともいえる「Two-Tier ERP」(2層ERP)。これを実現するクラウドERPが登場した。基幹ERPとの連携機能と併せて紹介する。

[PR/ITmedia]

 既存の基幹ERPのアーキテクチャを生かしながら、柔軟で低コスト、迅速なグローバル展開を可能にするのが「Two-tier ERP」(2層ERP)だ。これまでは2層ERPを実現する製品がなく、現実的ではなかったが、クラウドERPが登場したことで、その実現が容易になった。

 企業のグローバル展開を考えると2層ERPの要件は、多言語・多通貨・多組織対応や、シングルインスタンスデータベースのサポート、ローカル会計基準のサポートなど。その要件に合致するNetSuite OneWorldと、基幹ERPと2層ERPの連携機能を強化するEnterpriseGateway for NetSuiteを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -