ニュース
» 2013年01月08日 14時23分 UPDATE

2013 International CES:Qualcomm、4Kビデオ対応の次期SoC「Snapdragon 800」発表 2013年半ばに搭載端末

「Snapdragon 800」は「Snapdragon S4」より性能が75%向上し、LTEと802.11acをサポートする上、いわゆる4K動画の収録・再生に対応するハイエンドプロセッサだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Qualcommは1月7日(現地時間)、現行のモバイルSoC「Snapdragon S4」の後継に当たる新SoC「Snapdragon 800」および「Snapdragon 600」を発表した。

 Snapdragon 800は、クアッドコアのKrait 400(1コア当たり最大2.3GHz)とAdreno 330、800MHzのLPDDR3を搭載し、S4より75%性能が向上しているという。GPUの性能は現行のAdreno 320の2倍としている。台湾TSMCの28ナノメートルHPm(High Performance for mobile)の採用で省電力を図った。

 LTEのカテゴリー4をサポートするモデムが統合されている。Wi-Fiは最新のIEEE 802.11acをサポートする。

 また、フルHD(1920×1080)の4倍の、いわゆる4K動画の撮影・再生に対応する。

 Snapdragon 800採用のハードウェアは、2013年半ばに登場する見込み。

 Snapdragon 800より低スペックのSnapdragon 600搭載端末は第2四半期に登場する。こちらは1.9GHzのクアッドコアKrait 300とAdreno 320を搭載し、LPDDR3をサポートする。

 qualcomm 2013 International CESの基調講演でSnapdragon 800を紹介するポール・ジェイコブス会長兼CEO

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -