ニュース
» 2013年01月30日 14時15分 UPDATE

FFRI、国産マルウェア対策ソフト「yarai」の新バージョンをリリース

最新版では管理機能の強化や64ビットOSへの対応などを図っている。

[ITmedia]
ffri0130.jpg FFR yarai

 フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は1月30日、ヒューリスティックベースのマルウェア対策ソフトウェアの最新版となる「FFR yarai Version2.2」を発売した。管理機能の強化や64ビットOSへの対応などを図っている。

 発売したのは、「FFR yarai」「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」「FFR Enterprise Management Console」の3製品。FFR yaraiおよび同脆弱性攻撃防御機能ではJava設計脆弱性攻撃マルウェア駆除機能や例外リストのインポート・エクスポート機能を追加したほか、同脆弱性攻撃防御機能ではメインウィンドウのGUI変更も行った。

 FFR Enterprise Management Consoleではリモート駆除機能や検知ログのクライアント情報にIPアドレスとMACアドレス情報を追加している。対応OSではWindows 7とWindows Server 2008、同R2の64ビット版を加えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ