ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フォティーンフォティ技術研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フォティーンフォティ技術研究所」に関する情報が集まったページです。

@IT 標的型攻撃セミナーレポート:
PR:逃れられない標的型攻撃から守る術は?
(2013/10/22)

FFRI、標的型攻撃対策ソフト「FFR yarai」をバージョンアップ
FFR yaraiシリーズの最新版ではDLL Hijackingなどの新たな攻撃手法の検知やWindows Server 2008 x64 Editionへの対応を図った。(2013/7/19)

「やむを得ない事情」で使い続けるユーザーを保護:
FFRI、「Yarai」でのWindows XPサポートを2017年末まで提供
フォティーンフォティ技術研究所は4月24日、Windows XPの延長サポート終了まで1年を切ったことを踏まえ、「FFR yarai」と「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」の動作環境として、Windows XP(SP2以降)とWindows Server 2003(SP2以降)を2017年12月31日までサポートすることを表明した。(2013/4/24)

フォティーンフォティ技術研究所、Windows XPを2017年末までサポートすると表明
マイクロソフトによるサポートは2014年4月9日(日本時間)で終了するが、FFRIは同社製品では2017年12月31日までサポートするとしている。(2013/4/24)

韓国の大規模なシステム障害、攻撃者の目的は「システムダウン騒ぎ」か
韓国のメディアや金融機関のシステムが相次いでダウンした問題で、セキュリティ企業各社がこの攻撃に使われたとみられるマルウェアの解析作業を進めている。(2013/3/22)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(44):
FacebookやApple、MSまで……Javaの脆弱性を狙う攻撃の手口
2月になって、FacebookやApple、Microsoftがハッキング被害に遭うという事件が発生しました。共通しているのは、Javaの脆弱性を狙われたこと。そこで今回のコラムでは、Javaの脆弱性を狙った攻撃がどのようなプロセスで行われたのかを解説します。(2013/3/7)

管理機能も改善:
FFR yaraiがバージョンアップ、Java脆弱性を狙う攻撃からの防御機能も
フォティーンフォティ技術研究所は1月30日、独自のヒューリスティックエンジンに基づいてマルウェアを検出するセキュリティソフトウェア「FFR yarai」シリーズの新バージョンを発表した。(2013/1/30)

FFRI、国産マルウェア対策ソフト「yarai」の新バージョンをリリース
最新版では管理機能の強化や64ビットOSへの対応などを図っている。(2013/1/30)

FFRI、マルウェア対策ソフト「FFR yarai」の英語版をリリース
ヒューリスティック検出が特徴のセキュリティソフトをグローバル展開する企業向けに提供する。(2013/1/11)

FFRIがマルウェア解析ツールを機能強化、即応性を向上
フォティーンフォティ技術研究所は、「FFR yarai analyzer」で簡易判定ができる機能を新たに実装した。(2012/12/19)

NEC、INTERPOLとサイバー犯罪捜査で協業
NECは、INTERPOL(国際刑事警察機構)と国際的なサイバー犯罪への対処で連携するという。(2012/12/18)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
システムプラザが勝負をかけるストック型ビジネス
受託開発で技術者を増やすといった古典的な発想が全くないのが、50人弱のスタッフで事業展開するシステムプラザだ。その理由とは?(2012/12/18)

国内セキュリティ企業4社と連携:
NECがサイバー攻撃対策専門の新組織、可視化と運用を支援
NECは11月27日、社内に分散していたセキュリティ人材を集約した横断組織、「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を同日付で設置することを発表した。(2012/11/27)

NECと国内セキュリティ各社がタッグ、サイバー攻撃対策の強化に乗り出す
官公庁や企業へのサイバー攻撃が増えている事態を受け、NECは国内のセキュリティ専業ベンダー4社と連携して対策強化に向けた取り組みを開始した。(2012/11/27)

ネットバンキングマルウェアの介入攻撃を遮断、FFR研究所が対策製品を発売
Webサイトとユーザーの通信に割り込んで盗聴やデータを改ざんする「MITB攻撃」を防ぐためのツールをフォティーンフォティ技術研究所が製品化した。(2012/11/16)

プロキシとの連携で遮断も可能:
VM上でハニーポットとyaraiを動かし標的型攻撃を可視化、FFRI
(2012/10/5)

標的型攻撃の出口対策を強化する新製品 フォティーンフォティ技術研究所が発売
フォティーンフォティ技術研究所は、組織内に潜む不正プログラムの可視化や外部への不正な通信の遮断を行うセキュリティ対策製品を発表した。(2012/10/5)

新たに台頭する「中間者攻撃」の脅威、傾向と対策を聞く
今年に入って「Man-in-the-Middle/Browser(中間者)」攻撃と呼ばれる手口を使ったサイバー犯罪が増加している。その特徴や対策をセキュリティ機関の専門家に聞いた。(2012/9/4)

スマートフォンやタブレット端末に潜む脆弱性、危険性と対策は?
急速に普及が進むスマートフォンやタブレット端末には、PCと同様に脆弱性が存在し、ユーザーがセキュリティリスクに晒される危険がある。脆弱性やその悪用にはどのような傾向があり、ユーザーが取り得る対策は何か、専門家に聞く。(2012/2/16)

標的型攻撃対策の準備から運用まで、NRIセキュアが新サービスを立ち上げ
企業の機密情報を狙う攻撃に組織がどのくらい脆弱なのかを把握し、不正プログラムが侵入しても、その活動を阻止することで被害の軽減を図る。(2011/11/30)

CIO Japan Summit 2011リポート(前編)
Officeのパスワードを数秒で解析――専門家が語るサイバー攻撃の現状
CIO向けイベントであるCIO Japan Summit 2011。本稿は、パスワード解析などサイバー攻撃の現状について実演を交えて説明した講演の内容を紹介する。(2011/11/15)

Android端末のセキュリティの弱点を事前に検査、FFRが新サービス
フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は、Androidの脆弱性や著作権保護機構の堅牢性などを分析するサービスを、メーカーや開発者向けに開始した。(2011/9/12)

マルウェアの自動解析ツールを発売 フォティーンフォティ技術研究所
フォティーンフォティ技術研究所は、高度な知識を必要とせず、製品へのマルウェア混入の有無や初動解析に利用できるツールを発売した。(2011/7/19)

NEWS
出荷前ソフトのマルウェア解析が自動でできるツール、FFR
FFRは、yaraiのマルウェア解析エンジンを組み込んだ新解析ツールを発表。出荷前ソフトウェアのマルウェアチェック、初動マルウェア解析、標的型攻撃対策などができる。(2011/7/19)

「Stuxnet攻撃」で現実化した社会基盤を狙うセキュリティの脅威
制御システムを標的にした「Stuxnet攻撃」が海外のセキュリティ業界で大きな話題になった。IPAは、今後国内でもこの種の攻撃が深刻な問題につながる恐れがあると提起する。(2010/12/17)

NEWS
古典的な脆弱性が潜む組み込み機器のセキュリティを強化――FFRが独自の検証ツールを発表
組み込み機器のネットワーク化が進む中、懸念されるのがセキュリティの問題だ。FFRでは、開発機器の脆弱性を検知できるツールを発表。危険性を呼びかける。(2010/8/26)

Fuzzingによるロバストネス・テストで未知の脆弱性を発見:
ネットワーク対応機器の脆弱性を開発段階で阻止
フォティーンフォティ技術研究所は、ネットワーク対応組み込み機器のセキュリティ堅牢性を検査するツール「FFR Raven」の発売開始を発表した。(2010/8/25)

パッチ解析で高まるWindows 2000の危険性、「継続利用はリスク」と専門家
サポートが終了したWindows 2000の危険性が今後高まる恐れがあるとセキュリティ研究者が指摘した。早急な対応策がユーザーに求められている。(2010/8/12)

NEWS
Windows 2000をセキュリティ脅威から保護! 関連製品を期間限定で割引へ
FFRとソフォスがWindows 2000の延命対策キャンペーンを展開。既存セキュリティ製品のサポートを2012年まで継続し、期間限定で価格を20%割り引く。(2010/7/7)

Windows 2000のサポート終了まで1週間、最大のリスクは「脆弱性」
Windows 2000のサポート終了まで1週間となった。セキュリティ企業やIPAがWindows 2000を使い続ける危険性について、改めて注意を呼び掛けている。(2010/7/5)

Web感染型マルウェア対策【第3回】
Gumblarの最新対策は脆弱性攻撃防御にあり 〜フォティーンフォティ技術研究所〜
パターンマッチでは対応しきれないWeb感染型マルウェア「Gumblar」に、脆弱性攻撃防御はどれだけの効果があるのか。その理由と仕組みを同防御技術の最先端を行くフォティーンフォティ技術研究所に聞く。(2010/6/22)

セキュリティの匠たちが注目する3つのトレンド
エフセキュア主催のパネルディスカッションにセキュリティ分野で活躍する国内外の専門家が参加し、「脆弱性攻撃」「プライバシー」「企業セキュリティ」について熱い議論を交わした。(2010/6/14)

セキュリティの匠たち、Ustream上でパネルディスカッションを計画
エフセキュアが6月8日の17〜19時にUstreamでライブ配信するパネルディスカッションは、ITセキュリティの最前線で活躍する著名人が集結する興味深いものになりそうだ。(2010/6/4)

Web感染型マルウェア(Gumblar攻撃)対策
Webサイトの脆弱性を狙い、正規のサイトを不正改ざんするWeb感染型マルウェア。既存のウイルス対策だけでは阻止できない同マルウェアを用いた攻撃に対し、セキュリティベンダー各社はどのような認識・対策を持ち合わせているのだろうか。(2010/6/1)

NEWS
フォティーンフォティ、脆弱性対策を強化したセキュリティ製品「yarai」の新パッケージ
パターン情報に依存せず、Gumblarに代表されるような標的型攻撃の脆弱性を検知、高確率で防御するという。(2010/5/11)

Web感染型マルウェア対策【第1回】
本当の攻撃はこれから? Gumblarが怖い本当の理由
次々と姿を変えては感染し、Webサイト改ざんを繰り返すWeb感染型マルウェア「Gumblar」。被害拡大の原因は何か。対策はあるのか。そして、Gumblarの真の目的とは何か。(2010/4/28)

NRIセキュア、Web型マルウェアを24時間監視する新サービス
NRIセキュアテクノロジーズは、マルウェアによるWebサイトへの攻撃を24時間体制で検知する新サービスを始めた。(2010/2/4)

専門家らが議論:
ウイルス対策ソフトの評価は「検出率」だけで十分か?
ウイルス対策ソフトを選ぶ基準の1つに検出率があるが、現在の対策機能を十分に反映していないという。ユーザーにとって参考になる基準とは何か。専門家らが議論を交わした。(2009/8/6)

クライアント版から提供:
未知のマルウェアに対抗する国産技術を展開へ、FFRの鵜飼氏
ヒューリスティック(振る舞い)技術を利用した国産マルウェア対策製品をフォティーンフォティ技術研究所が開発した。Winny研究家でも知られる鵜飼社長に特徴や展開を聞いた。(2009/5/18)

Security&Trust ウォッチ(54):
キャンプに集まれ! そして散開!
(2008/10/16)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるバッファオーバーフロー
(2008/3/21)

Winnyファイル保持者のアドレス特定ツール、Share対応版がリリース
フォティーンフォティ技術研究所(FFR)はShareネットワークでのファイル発信者を特定する情報漏えい対応ツールを発売する。(2007/10/15)

FFR、Winny流出ファイル保持者のIPアドレスを特定するツール
フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は、Winnyネットワークでのファイル発信者を特定する情報漏えい対応ツールを発売した。(2007/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。