ニュース
» 2013年01月30日 20時30分 UPDATE

「2013年はクラウドに火をつける」 SAPジャパンが事業戦略を発表

SAPジャパンの安斎社長は2013年の注力事業について説明した。

[伏見学,ITmedia]

 SAPジャパンは1月30日、2013年の事業戦略説明会を開催した。前年に引き続き「アプリケーション」「アナリティクス」「データベース」「モバイル」「クラウド」という5つの事業領域に注力するとともに、パートナーとの協業をさらに強化していく。同社の安斎富太郎社長は「最終的な消費者にまで目を向け、顧客のビジネスイノベーションを支援する」と力を込めた。

SAPジャパンの安斎富太郎社長 SAPジャパンの安斎富太郎社長

 注力する5つの事業の中で、今年特に伸ばしていきたいのがクラウドだ。「2011年はHANA(アナリティクスおよびデータベース)、2012年はモバイルが大きな成長を遂げた。2013年はクラウドに火をつけたい」と安斎氏は話す。それに向けた動きとして、昨年にはサクセスファクターズ、アリバというクラウドベンダーの買収を完了したほか、業務アプリケーションスイート製品「SAP Business Suite」の本番環境としてAmazon Web Servicesのクラウド基盤が利用できるようになった。今年はクラウド型ERPスイート製品「SAP Business ByDesign」を日本で提供開始するなど、着実に足場を固めつつある。ただし、早急に利益拡大を狙うのではなく、「SAPもクラウドサービスを提供しているのだ」(安斎氏)というブランドイメージを醸成することが当面の戦略目標だとする。

 そのためにもパートナーとの協力関係を築くことは重要である。現在、約250社のパートナーがおり、その6割以上がERP関連のビジネスに従事している。そこで今後はERP以外のコンサルタントも増やしていきたいという。

 「これまでのSAPの主力サービスであるERPはビジネスプロセスのプラットフォームだった。これからは(クラウドやデータベースなど)ビジネスそのもののプラットフォームを強化、提供し、世の中のスタンダードにしていく」と安斎氏は意気込んだ。

関連キーワード

SAP | ERP | 事業戦略 | クラウドサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -