レビュー
» 2013年03月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:進化したBOM “Basis Of Monozukuri”

激烈なグローバル市場で競合に対抗できる製品競争力を獲得するためにはBOMと3Dデータを戦略的に活用することが肝要である。本稿では、その活用例を示すとともに、それを実現するエンジニアリング・プラットフォーム“visual BOM”について解説する。

[PR/ITmedia]

 今日、もはや単なる現状業務の効率化だけを目的としたIT投資では、激烈なグローバル市場で競合に対抗できる製品競争力獲得は絶対にできない。プロセス革新を下支えするITを上手に活用して、組織生産性を強化することこそが、唯一の道ではないだろうか。

 そのためには、ものづくりの全ての局面において、BOMと3Dデータを戦略的に活用することが肝要であると考える。BOMに超軽量3Dデータを高度に融合させることで、革新的なものづくり支援プラットフォームをつくりだし、これまで単なる帳票でしかなかったBOMに、設計の意図が加わることで、ものづくりに関わる全ての部門を横断した製品情報共有が実現できる。

 本稿では、その具体例を示すとともに、新しいエンジニアリング・プラットフォーム“visual BOM”について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -