ニュース
» 2013年03月11日 06時30分 UPDATE

Google ChromeとMozilla Firefoxの更新版公開、ハッキングコンペで実証の脆弱性に対処

GoogleとMozillaはハッキングコンペで挑戦者が使った脆弱性情報の提供を受け、翌日に修正アップデートを公開した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 セキュリティ企業のTippingPoint主催のハッキングコンペ「Pwn2Own」でWebブラウザのセキュリティが破られたことを受け、米GoogleとMozillaは3月7日、それぞれWebブラウザのアップデートを公開して脆弱性に対処した。

 GoogleはWebブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 25.0.1364.160」をWindows、Mac、Linux向けに公開。MWR LabsがPwn2Ownで実証したWebKitのタイプコンフュージョンの脆弱性を修正した。

 一方、Mozilla Firefox 19の安定版は「19.0.2」に更新され、VUPEN Securityが発見したHTMLエディタの解放後使用問題が修正された。

 Pwn2Ownでは6日に開かれたWebブラウザのハッキングコンペで、挑戦者がChromeとFirefox、MicrosoftのIE 10の未解決の脆弱性を突いたハッキングに成功した。それぞれの脆弱性に関する情報は、その日のうちに各メーカーに提供されたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -