ニュース
» 2013年03月19日 10時40分 UPDATE

マイクロ寄付サービスFlattr、TwitterやInstagramのボタンでの寄付を可能に

FlattrのアカウントをTwitterやInstagramのアカウントと連係させることで、応援したいWebサイト上のツイートボタンやInstagramの「いいね!」ボタンをクリックすることで、手軽にそのWebサイトに寄付できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 flattr Flattrの仕組み

 マイクロ寄付サービスを手掛けるスウェーデンの新興企業Flattrは3月18日(現地時間)、寄付したいWebサイト上のツイートボタンやInstagramボタンをクリックすることで、そのサイトに寄付できるようにしたと発表した。

 Flattrは、2010年から独自のFlattrボタンによる寄付サービスを展開してきた。Flattrに任意の額の寄付金(毎月最低5ドルから)を登録したユーザーが、自分がサポートしたいと思うWebサイト上のFlattrボタンをクリックすることで、そのサイトに寄付できるシステム。WikileaksやDailymotionがボタンを設置していた。Flattrは、毎月末に各ユーザーの寄付金(1割はFlattrが獲得)を、そのユーザーがクリックしたWebサイトに当分に配布する。

 このサービスの機能を独自ボタンではなく、Twitter、Instagram、Soundcloud、Github、Vimeo、Flickr、App.net、500pxの各種ボタンに持たせた。今後、提携サービスを拡大していく計画という。

 ユーザーとWebサイトの双方がFlattrのアカウントを各種サービスのアカウントと連係させておく必要があるが、従来よりは手軽に寄付できるようになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -