レビュー
» 2013年05月01日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:速いというだけでインメモリーBIを選ぶべきではない大きな理由は、「連想技術」にある

特許技術「連想技術」により、「速さ」や「大容量メモリ」だけではない、事前に要件定義をする必要なく実際に使う人が自由なデータを探索する力を手に入れる。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 このテクノロジーホワイトペーパーでは、大半のRDB 依存型クエリ・ベースのツールとは異なるインメモリ型次世代BI、QlikView の連想アーキテクチャの内部構造を明らかにするとともに、QlikView がいかにビジネス分析を抜本的に改善できるかを説明する。

 そのためにまずはクエリ・ベースのツールやキューブとの違い、MOLAP、ROLAP、そしてHOLAPとの差別化ポイントをご理解頂き、QlikViewのコアとなる連想アーキテクチャについて紹介する。これによって「連想技術とはどのようなもので、それがどのようにビジネス上の意思決定に役立つのか?」という核心的な質問への回答になれば幸いだ。

 この資料によって、「ミカン」といえば、「こたつ」、「甘酸っぱい」、「オレンジ」と連想するが如く、企業に蓄積された膨大なデータを「連想的に探索」して意思決定できることの意義や価値が見えてくるはずだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ