ニュース
» 2013年07月30日 14時41分 UPDATE

ニフティ、クラウドサービスのSLAを99.99%に変更

ニフティクラウドにおける月間サーバ稼働率を99.95%から99.99%に改定し、7月利用分から適用する。

[ITmedia]

 ニフティは7月30日、パブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」でのサービス品質保証制度(SLA)に基づく月間サーバ稼働率を99.95%から99.99%に改定し、7月利用分から適用すると発表した。

 これにより、「サーバ停止」とみなす処理の途絶時間は従前の5分以上から3分以上となり、利用IDごとに合計した月間のサーバ稼働率が99.99%を下回った場合には、当該月度分の利用料金の10%について、翌々月以降の利用料金から減額対応する。

 同社によれば、2013年1月〜6月の月間平均稼働率が99.9999%を超える状況になり、ユーザー企業や利用検討中の企業からの安定性と可用性に関するニーズに対応するため、SLAを改定したという。

関連キーワード

ニフティクラウド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ