ニュース
» 2013年08月05日 17時20分 UPDATE

ネットアップ、iOS端末で社内ファイルを閲覧できる「NetApp Connect」発売

ネットアップが、iOS端末から同社製ストレージ内ファイルの閲覧を可能にする「NetApp Connect」を発売。

[本宮学,ITmedia]
photo ネットアップの篠木隆一郎氏

 ネットアップは8月5日、iOS端末で同社製ストレージ内のファイルを閲覧できるようにするソフトウェア「NetApp Connect」を発売した。企業は同製品の利用で、VPNサービスや追加の認証ツールを使うことなく安全に社内データにアクセスできるという。

 専用ソフトをインストールしたサーバと同社製ストレージを接続すれば、iOS端末から専用アプリ経由で社内ファイルにアクセスできる。ファイルはサーバ側でレンダリング処理し、暗号化を施した画像としてiOS端末に送信する。iOS端末側にデータを保存しないため、端末紛失時などの情報漏えいリスクを低減するとしている。

 ファイル形式は、オフィス文書(Word、Excel、PowerPoint)やPNG、JPEG、GIF、BMPなどの各種イメージファイルをサポート。閲覧中のファイルへの手書き入力(アノテーション)にも対応し、プレゼンテーション用途などに役立つとしている。

photophoto iPadでの利用例

 同社の篠木隆一郎 マーケティング本部 戦略企画推進室 室長によると、従来のリモートアクセス製品の多くは「ストレージ内のファイルをリモートアクセス用に別の場所に移す必要があり、システム運用が煩雑になる問題があった」。新製品は、データの保存場所を変えずにiOS端末からアクセスできるほか、Active DirectoryやLDAPなどの設定をそのまま適用できるため、システム導入と運用を簡素化するという。

 同社のストレージ製品「NetApp FASシリーズ」に対応する。価格はFASシリーズのコントローラー1基当たり約100万円から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ