レビュー
» 2013年08月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:iOSにAndroid、Windows Phone――モバイルOS多様化がもたらす課題

スマートフォンやタブレット向けOSの多様化は、企業の端末管理者に多大な負担をもたらす。OSによって異なる管理方法やアップデート方針にどう対処するかが、大きな課題だ。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 モバイルコンピューティング市場は、さまざまな端末やOS、無線ネットワークサービスであふれている。近所の携帯ショップに行けば、20〜30種類のスマートフォンが目に飛び込んでくる。米Appleの「iPhone」や韓国サムスン電子の「GALAXY NEXUS」といったハイエンドの端末もあれば、米GoogleのAndroid搭載端末や米MicrosoftのWindows Phone搭載端末の低価格モデル、カナダResearch In Motionの「BlackBerry Curve」といったローエンド端末もある。タブレットも、ユーザーを魅了しようとしのぎを削っている。

 従来のIT管理といえば、Active Directoryを使ってWindows端末を管理するなど、1つの手段だけでシステムを管理してきた。しかし、さまざまな端末とOSが存在し、同じOSであってもバージョン間で違いがある現在、それは不可能だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -