ニュース
» 2013年09月26日 07時10分 UPDATE

Cisco、IOS Softwareの定例セキュリティ情報を公開

CiscoはIOS Softwareの定例セキュリティ情報8件を公開し、DoSなどの脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Cisco Systemsは9月25日、IOS Softwareの定例セキュリティ情報を公開し、ソフトウェアアップデートをリリースして多数の脆弱性に対処した。

 IOS Softwareのセキュリティ情報は8件が公開され、Internet Key Exchange(IKE)プロトコルやDHCP、Queue Wedge、Zone-Based Firewallなどに存在する脆弱性が修正されている。

 これら脆弱性を悪用された場合、サービス妨害(DoS)状態を誘発されたり、デバイスがハングしたりリロードされたりする恐れがある。危険度は共通指標のCVSSベーススコアで7.1〜7.8と評価されている(最大値は10.0)。

 Ciscoは毎年3月と9月の第4水曜日(米国時間)にIOS Softwareの定例セキュリティ情報をまとめて公開している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -