ニュース
» 2013年09月30日 06時42分 UPDATE

Evernote、Salesforceと統合した企業向け「Evernote for Salesforce」をリリース

企業向けクラウドメモ共有サービス「Evernote Business」をSalesforceとシームレスに利用できる「Evernote for Salesforce」がリリースされた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Evernoteは9月27日(現地時間)、クラウドベースのCRM(顧客管理)サービスを手掛ける米salesforce.comとの提携により、「Evernote for Salesforce」をリリースしたと発表した。昨年8月に発表した企業向けEvernote「Evernote Business」のデータを、Salesforce内からシームレスに利用できる。

 Evernote Businessは、企業や部署単位でグループウェアとして利用できるクラウドベースの情報収集・編集・共有サービス。グループ内のメンバーが「ノート」として保存したWebページや写真、ドキュメントなどを共有・共同編集できる。

 Evernote for Salesforceでは、例えば会議の録音、ホワイトボード上の情報のカメラでの記録、議事録のスキャンデータなどをタグ付きで保存しておき、Salesforce内の関連する情報と1クリックでリンクさせることができる。一旦リンクさせれば、Salesforceにログインしたままこれらのデータを検索・表示できる。Evernote Businessでデータを更新すると、Salesforceでも最新のデータを閲覧できる。

 evernote

 Evernoteでグループのメンバーが新たなデータを保存すると、グループのSalesforce Chatterのフィードにデータ更新情報が自動的に表示される。

 chatter

 Evernote for Salesforceは、salesforce.comのオンデマンドアプリ交換サービス「appexchange」でダウンロードできる(Salesforceのアカウントが必要)。

 evernote 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ