ニュース
» 2013年09月30日 17時28分 UPDATE

遠隔での管理・制御などができる企業向けファイル共有サービス、EMCジャパンが提供

EMCジャパンは、企業向けオンラインファイル共有サービス「EMC Syncplicity Enterprise Edition」を提供開始した。

[ITmedia]

 EMCジャパンは9月30日、同社のストレージと連携可能なオンラインファイル共有サービス「EMC Syncplicity Enterprise Edition」の提供を開始した。

 新サービスは、企業での利用に必要な高度なセキュリティやITガバナンスの要件を満たす管理機能を持ち、簡単な設定でPCやモバイル端末でのファイルの共有、同期、管理、バックアップを行えるものという。同社ではエンドユーザーが利用しやすく、企業のIT管理者による十分な管理が可能な企業向けオンラインファイル共有サービスとして開発したという。

 IT管理者向け管理ツールからも、ITポリシーの適用や遠隔での管理・制御などが可能。拡張性にも優れており、数万ユーザーでも利用できる。さらに、スケールアウト型NASの「Isilon」、ユニファイドストレージ「VNX/VNXe」、オブジェクトベースストレージ「Atmos」をオンプレミスストレージとして利用することができ、管理性の向上と、ファイル格納に関するデータ管理ポリシーを満たすことができるという。

「Syncplicity Enterprise Edition」のユーザー数は25ユーザー以上で上限は無い。また、容量も購入に応じて無制限で利用できる。提供価格は個別見積り。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -