ニュース
» 2013年10月03日 19時49分 UPDATE

ジュニパー、SDN対応のネットワーク仮想化ソリューションを提供

ジュニパーネットワークスが、SDNに対応するネットワーク仮想化ソリューションを提供。物理と仮想のネットワーク環境をつなぎ、運用保守を簡素化するという。

[ITmedia]
photo ジュニパーネットワークスの長滝信彦氏(サービスプロバイダービジネス統括本部営業開発本部チーフアーキテクト)

 ジュニパーネットワークスは10月3日、SDN(Software Defined Networking)に対応するネットワーク仮想化ソリューション「Juniper Networks Contrail」の提供を始めた。

 Contrailは、SDNコントローラーや仮想ルータ、分析エンジンなどで構成されるSDN製品。導入すれば、複数のクラウドプラットフォームや物理システムのネットワーク環境を相互に接続し、運用保守を簡素化できるという。また、経路制御プロトコルとしてBGP(Border Gateway Protocol)を採用したことで、コントーラー数を増やして仮想ネットワークを拡張することも容易だとしている。

 商用版(永久ライセンス/サブスクリプション型のいずれか選択)のほか、オープンソース版の「OpenContrail」も提供する。両者の機能面は「現時点では全て同じ」(ジュニパーネットワークスの長滝信彦氏)だが、商用版は同社のサポートを受けられる点が異なる。オープンソース版は、「一般的なオープンソースのコミュニティーと同じように、メンバー同士が自らメーリングリストなどを利用して」技術協力を行うことを想定しているという。

 OpenContrailは同日から、Apache License 2.0で利用できるSDNコントローラ、仮想ルータ、オーケストレーションAPI、分析エンジンなど全てのコンポーネントを提供する。ソースコードと関連資料は専用サイトでダウンロードできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ