ニュース
» 2013年11月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情報システム部門は、「危機」をどう回避すべきか

結局のところ、企業の情報システム部門が今後担っていくべき役割は何なのか。CIOはいま、何を考え、どう行動すべきなのか。前号に引き続き、CIO経験を持つガートナー ジャパンの長谷島眞時氏に聞く。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20130422_27672_290x290_miki.jpg

 IT INSIDERでは、ガートナーのいう情報システム部門の「静かな危機」について、ガートナー ジャパン グループバイスプレジデントで、エグゼクティブプログラムを担当している長谷島眞時氏の考えを紹介している。

 「現行のITプラクティスやIT戦略はもはや将来の期待に応えられない」ということが表面化する時期が近付いている、というのがガートナーのいう企業ITの「静かな危機」だ。

 この危機は、全世界の情報システム部門がやがて直面することではあるものの、おそらく日本企業は他の国の平均よりも、早めに迎えることになるだろうという。長谷島氏は、これを危機であると同時にチャンスだと表現する。

情報システム部門は、「危機」をどう回避すべきか

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -