レビュー
» 2013年11月13日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:開発工数約60%削減 ブックオフのビジネススピードを支える開発プロセスとは?

「BOOKOFF」を全国展開するブックオフコーポレーション。新事業を次々生み出すビジネススピードは他社の追従を許さない。その秘密は同社における属人化を防ぐ開発プロセスにあった。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 古書の買い取り、販売で有名な「BOOKOFF」を全国展開するブックオフコーポレーション。古書、音楽ソフトのリユースから始まり、現在は総合リユースブランドにまで成長した同社の新規ビジネス展開スピードは驚くほど速い。新事業に必要なITシステムを全てアウトソース開発するのではなく、中小規模のものは社内開発することでビジネス展開スピードを支えてきた。

 しかし、スピード重視の社内開発に潜む属人化の弊害が顕在化。開発スタッフそれぞれが持つ開発スキルが違うため、開発したシステムのメンテナンスの引き継ぎが難しいなどさまざまな課題を抱えていた。また多店舗展開する小売業の常として、システムは365日稼働させなければならないため、週末に緊急対応を求められることもある。

 これらの課題を解決すべく、同社は新規で開発ツールの導入を決断。開発スキルの共有と工数削減、ドキュメント整備のスピード化を実現した。同社が選んだ製品とは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ