ニュース
» 2013年12月03日 18時34分 UPDATE

富士通、クラウド型基幹系業務アプリ「glovia OM」の新バージョンを提供

富士通とグロービア インターナショナル インコーポレイテッドは、製造業・流通業向けに、保守業務を支援する新機能を追加したクラウド型基幹系業務アプリケーション「glovia OM」の新バージョンを提供する。

[ITmedia]
photo glovia OM V8.0の概要

 富士通とグロービア インターナショナル インコーポレイテッドは12月3日、販売/在庫/購買/生産管理などの機能をクラウド経由で提供する基幹業務アプリケーション「FUJITSU Enterprise Application glovia OM」(以下、glovia OM)の新バージョン「glovia OM V8.0」を発売した。

 glovia OMは、米salesforce.comが提供するクラウド基盤「Salesforce Platform」上で動作する基幹系業務アプリ。新バージョンでは、製品販売後に製品所在地に出向いて製品サポートを行う製造業・流通業の企業向けに、保守業務を支援する新機能「フィールドサービス」を追加。新機能は、案件受け付け、要員手配、見積もり作成、費用請求など一連の保守業務をサポートするという。

 企業は同サービスの利用で、保守案件の受け付けから保守サポートまでのやり取りを一貫して管理できる情報基盤を短期・低コストで構築できるという。また、glovia OMが従来から提供している基幹業務機能を活用すれば、納入した機器の管理、サービスに使用する消耗品やパーツに対する在庫管理や購買・生産手配も行える。

 さらに、salesforce.comが提供しているモバイルアプリ開発プラットフォーム「Salesforce1」を使えば、glovia OMの作業確認や実績登録をスマートデバイス上でできるようになる。これにより、指示や実績登録の効率化、および作業ミスや対応の遅れを防ぎ、アフターサービスの品質向上を見込めるとしている。

 glovia OMの利用料金は1ユーザー当たり月額7500円(税込み)。富士通は今後2年間で3万ライセンスの販売を目指す。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -