ニュース
» 2014年02月03日 16時20分 UPDATE

CTC、ビッグデータ活用に向けたDB解析サービスを開始

CTCは、企業のデータベース稼働状況の診断/解析を通じてビッグデータ活用を支援する「高度解析アドバイザリーサービス」を始めた。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は2月3日、企業のデータベース(DB)稼働状況の診断/解析を通じ、効率的なデータ活用を支援する新サービス「高度解析アドバイザリーサービス」の提供を始めた。

 日本エクセムのDBプロファイリングツール「MaxGauge」(マックス・ゲージ)を使って顧客のDB内部の情報をリアルタイムで網羅的に取得し、DB稼働状況を可視化する。この診断結果に基づき、各種コンサルティングサービスやサポートサービス、関連するシステム構築サービスを提供するという。

 CTCは、従来から提供しているビッグデータ活用支援サービスと今回の新サービスを並行して提供することで、企業のビッグデータ活用を一層支援するとしている。

 新サービス単体の価格は100万円から。CTCは、付随するサービスなどを合わせて3年で30億円の売り上げを目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -