ニュース
» 2014年02月13日 16時41分 UPDATE

ファイア・アイが新OS、集中管理や仮想化対応を強化

2月中にリリースする「FireEye OS 7.1」ではアプライアンスの集中管理やIPv6のサポート、メール経由による脅威の分析能力の強化を図る。

[ITmedia]

 標的型サイバー攻撃解析製品を手掛けるファイア・アイは2月12日、アプライアンス用OSの最新版「FireEye OS 7.1」を2月中にリリースすると発表した。

 最新版OSでは数百台規模のアプライアンスの集中管理に対応し、新しいWebサービスAPIを使用して攻撃手口などの調査やワークフローなど自動化するためのプログラムを活用できるようにした。また、管理者権限に応じたアクセス制御や監査ログの記録、複雑なパスワードの生成、SNMPによるアプライアンスの状態監視も可能になった。

 IPv6への対応ではFireEye NXシリーズ製品において10Mbpsから4Gbpsまでのネットワークの保護を実現する。メール経由の脅威の分析ではメールに記載された不正ファイルのダウンロードリンクを動的に解析でき、メールヘッダーの分析や輻輳(ふくそう)管理の機能も追加している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ